更新日: 2016年12月18日
603 view

【簡単レシピ】グリルで簡単!チョコのクリスマスツリー「クリスマス・ブラウニー」

グリルでしっとり焼き上げる簡単ブラウニーは、チョコレートの深みある甘さと香ばしいクルミがベストマッチ。生クリーム、イチゴ、ミントのクリスマスカラーで楽しく飾りつけて召し上がれ。【レシピ出典:東京ガス 「食」情報センター】

Retina mainimage de1002905

「クリスマス・ブラウニー」の材料(1個分 13㎝×16㎝)

バター…50g
砂糖…60g
卵(L)…1コ

[A]
 薄力粉…40g
 ココア(無糖)…15g
 ベーキングパウダー…小さじ1/6
 スイートチョコレート…40g
 クルミ(ロースト)…40g

[飾り]
 生クリーム…50ml
 砂糖…小さじ1
 粉砂糖…適量
 フルーツソース…適量
 イチゴ…適量
 ミント…適量

準備

・アルミホイルを2重にして(13㎝×16㎝×高さ3cm)の型を作ります。

・バターは室温に戻し、スイートチョコレートとクルミは粗く刻みます。

【工程1】

ボウルにバターを入れてクリーム状にし、砂糖を少しずつ加えながら混ぜます。卵を割りほぐして、少しずつ加えよく混ぜます。
Retina makeimage01 01 de1002905

【工程2】

Aを合わせてふるい入れて混ぜ、スイートチョコレートとクルミを混ぜます。型に入れて表面を平らにして焼きます。

両面焼き水なしグリル(調理プレート使用) 上・下弱火 約5分 余熱 5分
Retina makeimage02 01 de1002905

【工程3】

冷めたら型をはずして切り分けます。
好みで粉砂糖をふるい、砂糖と合わせて8分立てにした生クリーム、フルーツソース、イチゴ、ミントを飾ります。
Retina makeimage03 01 de1002905

「クリスマス・ブラウニー」のコツ・ポイント

・余熱とは、消火後グリルの中におくことです。

・小さく切って、アイスクリームやコーンフレーク、フルーツと合わせると豪華なブラウニーパフェに!

おわりに

Retina retina 01
今回ご紹介したレシピは「ピピッとコンロ」を活用した、簡単レシピとなっています。

「ピピッとコンロ」には、自動でおまかせの便利な機能がいっぱいだから、「おいしい!」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えます!
Retina retina 02
“魚を焼く”イメージの強いグリルですが、実は“家庭の調理器具のなかで”もっとも短時間で高温になるのはご存知ですか?

ガスコンロのグリルは“直火”であること& オーブン等と比べ“庫内もコンパクト”なので、点火から2分と待たずに庫内温度を300℃以上の超高温に上げることができます。
そのため、一気に表面を焼き、食材の旨みをギュッと閉じ込めることができます。

高温でおいしく焼けるピザやトーストもおすすめです。
Retina retina revor img 07
また、設定した時間になると自動で消火してくれる「調理時間設定(タイマー)」機能がついていますので、焼き過ぎの心配もなく安心です。 両面焼きグリルは、水入れ不要で&ガスの直火で両面同時に焼き上げるから、裏返す手間もなく、調理時間は片面焼きの約2/3に!
Retina retina 03
そのほかにも、自動で「温度調整」から「炊飯」まで調理をサポートする機能がいっぱい!いつもの料理がとってもラクラクに!

ガスコンロを使いこなせば、調理グッズをたくさん買い揃えるよりも、時短&上手に料理ができますよ!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

みんながハマる!?つけおきするだけでお風呂場を簡単にピッカピカにする方法

1093617view
2

「残りご飯の冷蔵保存はNG?!」残りご飯の<NG保存方法>と<上手な保存方法>

145894view
3

簡単なのに効果大!【和食の盛り付けのコツ5選】

1893view
4

【実は違う!?】うま味と旨味の違いとは?世界に広がる<umami(うま味)>とは

1082view
5

【何が違う?】カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの違い

1048view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード