更新日: 2017年05月18日
9823 view

家庭でも簡単にパラパラに! チャーハン作りのコツについて

チャーハンはパラパラ感が命。でも、家庭で作るといまいちうまくいかないものですよね。実はこのパラパラ感、コツを押さえれば家庭でも実現できるんです。しかも、フライパンを振るなどの難しいワザは一切不要。今回は、<チャーハンを簡単にパラパラに仕上げるコツ>についてご紹介します。

<チャーハン作りのコツ>温かいご飯を使う

Retina pixta 10145357 s
コツは、温かいご飯を使うこと。冷えたご飯を使用する場合は一度温めてから使いましょう。

冷えたご飯はほぐれにくく、家庭の火力ではご飯の中心部にまで火が通るのに時間がかかり、ダマになりやすくなります。

温かいご飯は炊きたてである必要はありません。ダマは事前にほぐしておきましょう。また1回に作る量は2人分(2膳分)くらいにしておくこともポイントになります。

<チャーハン作りのコツ>炒める前に卵か油を混ぜる

Retina pixta 24580265 s
炒める前に、ご飯を溶いた卵と混ぜてしまう、または油をひと回しして、全体に混ぜ込んでおくのもおすすめです。ご飯粒に油分がコーティングされパラパラになりやすくなります。

フライパンに油をひいてからご飯を炒めると、ご飯の米粒がくっついてダマになりやすく、それがべちゃとした食感の原因に。これは、米粒に含まれる水分とデンプン質によって糊のような粘りが生じ、米粒がくっつきやすくなるためです。


先に卵を炒める方法も

Retina pixta 18715883 s
Retina s %e7%82%92%e9%a3%af%e5%b7%a5%e7%a8%8b
ご飯の米粒同士がくっついてダマになるのを防ぐコツとしては、先に卵から炒めるという方法も。卵を先に炒め半熟のうちにご飯を加えます。

卵には乳化作用といって、油と水を結びつける働きがあります。卵でご飯一粒一粒を包み込みコーティングすることで、本来油と馴染みづらい水分をもったご飯の表面に油がうまく溶けて、その状態で炒めることによってお米一粒一粒をパラパラに炒めやすくなります。

加熱しすぎると、卵の乳化の働きがなくなるので、卵を入れたら、半熟のうちに素早くご飯をいれましょう。また、ご飯をいれたら、すぐに鍋ふりではなくご飯を卵の上でほぐしましょう。

<チャーハン作りのコツ>ご飯粒をつぶさないように炒める

Retina pixta 24733814 s
炒めるときは、ご飯粒をつぶさないように炒めましょう。
竹ベラなどを上下に動かして、ご飯を切るように混ぜるのがコツです。フライパンの底からご飯を返すようにし、水分がなくなるまで炒めます。

おわりに・レシピのご紹介

いかかでしたか?簡単にできるコツなので、ぜひ試してみてくださいね。

チャーハンのレシピもご紹介します。中華鍋を使ってパラパラに仕上げる本格派の炒飯!
上記のコツを取りいれながら、強火で手早く炒めれば、まるでプロのような仕上がりになりますよ♪

王道からあんかけまで<チャーハン>レシピまとめ5選

Retina mainimage de1001748

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

そんな使い方があるの? 万能な掃除アイテム「重曹」の使い方17選

17352view
2

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

293192view
3

意外と知らない!? 地震の時に安全な【家の中の場所】はどこ?

36920view
4

【教育研究家に聞く】「入浴」と「沐浴」はどう違うの? 新生児の沐浴の【ポイント】と【注意点】

125016view
5

掃除の強力な味方! エタノールの使い方と注意点、無水エタノールと消毒用エタノールの違いとは?

36207view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード