更新日: 2017年10月03日
14434 view

まとめ買いしても大丈夫! 解凍後でもおいしい「お肉」の正しい冷凍保存方法

毎晩の夕飯に便利なお肉。上手に冷凍する方法を覚えておけば、まとめ買いして冷凍保存したものでも、解凍後おいしく食べることができますよ。今回は、お肉の上手な冷凍保存の方法をご紹介します。

【肉の正しい保存方法1】水分を拭き取る

Retina retina pixta 19569288 s
パックに水分がたまっているの見たことありませんか。ドリップと言われる水分が出てきます。

これを、冷凍する前にキッチンペーパーなどでふき取りましょう。そうすることで、お肉の臭みも取れるので、おいしい状態で冷凍することができます。

【肉の正しい保存方法2】小分けにする

Retina pixta 19502716 s
冷凍する際、小分けして冷凍するほうが、調理して使いたい時にも便利です。

ミンチ肉などの時には袋に入れた状態で、形をつけたり、分量を量ってからそれぞれ袋にいれるなどの方法がオススメです。

また、バラ肉や薄切り肉・塊の時には、一枚一枚くっつかないようにしてラップにくるんで冷凍するとよいでしょう。

【肉の正しい保存方法3】密封する

Retina retina pixta 18041579 s
油脂を多く含むお肉は、空気に触れることで酸化してしまうので、密封して保存しましょう。

【肉の正しい保存方法4】下ごしらえする

Retina retina pixta 17470145 s
塩麹や塩コショウで味付けや、軽くゆでるなどの、下ごしらえをしてから保存するのもオススメです。保存性も高まりますし、時間のない時に料理時間の短縮もできます。

【肉の正しい保存方法5】保存した日ごとに分けて置く

Retina retina pixta 13849574 s
冷凍といっても、ずっと使えるわけではないので、保存した日にちがわかるように袋に記載をしておくようにしてください。冷蔵よりは日持ちしますが、なるべく早く使い切るようにしましょう。

【肉の正しい保存方法6】なるべく早く冷凍する

Retina pixta 20284253 s
すぐに食べないお肉は、なるべく早く冷凍しましょう。鮮度の落ちた肉は、冷凍してもおいしくありません。

また、冷凍自体に時間がかかると細胞が壊れて、解凍する時にドリップが出やすく、おいしくありません。
急速冷凍モードなどがある場合は使用、無い場合は、冷凍の温度設定を下げ、金属製のトレイなどにのせて冷凍しましょう。金属製のトレイにのせることで、温度の伝わり方を早くすることができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
購入してからの小分けは、結構面倒なのですが、買ってきたパックのまま冷凍してしまうと使いたいときに不便だったり、場所をとってしまうのであまり数を入れられなかったりしますよね。

小分けにしておくことで、スペースもとらず、使いたい量だけ解凍できるので便利です。
冷凍保存の目安は部位によりますが、1ヶ月で使い切ったほうが旨味や風味が保たれます。ぜひ、参考にしてください!

冷凍したお肉の解凍方法についての記事もありますので、興味あればぜひ見てみてくださいね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【鏡の掃除をしよう!】鏡をピカピカする3つの掃除方法とは?

111168view
2

【床暖房のメリット7つ・デメリット3つ】と床暖房の【お得な使い方】

28695view
3

【毛布の洗濯どうしてる?】自宅洗いからクリーニングまで毛布の洗濯方法4つ

51005view
4

【忙しい方必見!】洗濯が時短になるちょっとしたコツ

953view
5

「毛布は掛けるのではなく敷くもの?!」冬の寒さを乗り切る【毛布の使い方】

18681view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った【ご飯の炊き方と美味しい理由】

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード