更新日: 2018年02月07日
14928 view

どんな材質や形状がおすすめ? 初めて買うやかんの選び方

ステンレスにホーロー、アルミ。やかんはさまざまな種類がありますね。お湯が早く湧き、お手入れが簡単で機能的なやかんが欲しい! そんなときに役立つよう、やかんの材質別の特徴と選び方をご紹介します。

【やかんの選び方】ケトルとやかんの違いとは?

一般に昔からの丸形のものをやかん、底の平らなものをケトルと呼んでいますが、明確には分けられません。

熱効率や使い勝手をよくするために、湯の注ぎ口と水を入れる部分が一緒になっているもの、沸騰すると音の出るものなど、形態も変化してきています。色彩、デザインも様々です。

やかんの種類と選び方

やかんの形態別の特徴

Retina e01addd64e7d51b0480220de626b6c61
やかんはハンドルが固定式のものよりも、片側に倒れるもののほうが内面を洗いやすく、水の注入もラクです。しかしハンドルが上でしっかり止まらないと、火に当たって溶けたり火災の原因になることもあるので注意が必要です。

また、ふたが大きいほうが、洗いやすく水が入れやすいです。注ぎ口がやや高めになっていると吹きこぼれにくく、口が細くなっているほうが湯を注ぎやすいです。底面積の広いものほど熱源の無駄がありません。

笛吹きケトルは沸騰すると音が出て便利です。ただ、洗いにくいため中が洗えるようにフタつきのものがよいでしょう。

やかんの材質別の特徴

アルミニウム、アルマイトが多く使われていますが、ステンレス、ホーロー、鉄、銅などもあります。熱伝導率が高く湯が早く沸くのは、銅製とアルミ製です。打ち出しならば、さらに早く沸きます。耐久性と手入れのしやすさで選ぶならステンレス製がよいでしょう。底と胴に継ぎ目のあるものは、その部分から傷んできます。
容量は家庭用で0.6~2Lくらいまで、業務用としては10L以上のものもあります。
Retina 90762e104523147d9d4dccc490f07a80

やかんの使い方の注意点とは?

Retina 78bb57d473bfd4171c60c417d3a30877
どの材質でも繰り返し使用していると、飲料水中に含まれている残留物(硅酸、酸化カルシウム、酸化マグネシウムなど)が濃縮されて層になり、やかんの内面に付着します。この層がはがれるとお湯が濁ります。このためストーブなどの上に長時間のせて使用するのは好ましくありません。

やかんの使用後のお手入れ

お湯を沸かすときは一回で使い切る分を沸かし、沸かし終ったらやかんは空にします。そして熱いうちに外側をぬれぶきんで拭き、台所用中性洗剤とスポンジで洗います。注ぎ口や取っ手など細かい部分は歯ブラシを使って磨きます。

やかんは湯を沸かすことだけに使うので、つい手入れを怠りがちですね。毎日こまめに洗うことでいつまでもきれいにしておくことができますよ。

おわりに

やかんは漢字で書くと「薬缶」。もともとは薬を煎じる道具だったんですね。現在では湯沸かし専用の道具として使われています。使いこむとますます愛着がわきますよ。

あわせて読みたい

クエン酸、重曹を使った「やかん」の内側・外側の洗い方&頑固な汚れの落とし方

Retina retina pixta 13869606 m
PIXTA

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

カビ・水垢を撃退! お風呂の場所別の掃除方法を一挙公開!

42800view
2

「困った! 瓶の蓋が開かない! 」女性でもできる「かたーい瓶の蓋」開け方のコツ3つ

487109view
3

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

136359view
4

【実はカロリーが低い!? 】じゃがいもの女性に嬉しい3つの「栄養素など」

41641view
5

風呂干しのメリットが多すぎて、もう部屋干しなんてできない・・・

700706view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード