更新日: 2018年04月04日
5780 view

【教育研究家に聞く】赤ちゃんの手づかみ食べ、いつからいつまで?

赤ちゃんの手づかみ食べはいつから始まって、いつ頃まで続くのでしょうか? また、手づかみ食べは赤ちゃんの発育にとってどんな影響があるのでしょうか? 教育研究家の征矢里沙さんにご紹介いただきました。

赤ちゃんの「手づかみ食べ」、どんな意味があるの?

Retina retina pixta 22834851 s
PIXTA
手づかみ食べとは、その名の通り、赤ちゃんが食べ物を自分の手で掴んで食べることです。
赤ちゃんの食事は、母乳やミルクを飲ませてもらうことから始まって、ママにスプーンで離乳食を食べさせてもらうようになり、それから自分の手で掴んで食べるようになります。

「手づかみ食べ」の大切な意味

Retina retina pixta 20500839 s
PIXTA
手づかみ食べは、「自分の力で食べられるようになる」という、成長の大切なプロセスです。

近年、「はいはい」が赤ちゃんにとってとても大切だということが、よく知られるようになっています。まだ歩けないから仕方なく、ということではなく、全身を使って「はいはい」することが、身体のバランスの発達につながると言われています。
Retina retina pixta 28460706 s
PIXTA
手づかみ食べも「はいはい」と同じで、「スプーンやフォークが上手く使えないから仕方なく・・・」ということではなく、「自分の手で食べ物を握って口に運ぶ」というプロセスをしっかり体験することが大切だと言われています。例えば以下のようなことです。

●五感の発達
 ・・・食べ物の温度、固さ・柔らかさ、触感、臭いなどを感じてから食べることが、五感の発達に繋がります。

●手先の発達
 ・・・目と手と口をすべて協調させて動かすことは、手先の発達に繋がります。おもちゃと違って、強く握りすぎると潰れるなど、力加減を学ぶこともできます。

●一口の量を学ぶ
 ・・・親がスプーンであげるときは量が調整されていますが、自分で手づかみ食べすることで、自分の口に適した大きさや量を学びます。

●食べる意欲
 ・・・自分のペースで食べることで、食べることの楽しさや意欲が育ちます。

手づかみ食べを十分にすることで、その後のスプーンやフォーク、お箸などへの移行もスムーズになると言われています。道具を使う練習を急がずに、まずは手づかみ食べをしばらくさせてあげましょう。

赤ちゃんの「手づかみ食べ」はいつから?

Retina retina pixta 21343108 s
PIXTA
赤ちゃんの手づかみ食べには個人差がありますが、生後9ヶ月ぐらいから、離乳食が2回食になった頃ぐらいからと言われています。

固さも幼児食に近づいて、手で「持てる」固さ(歯ぐきで潰せるくらいの固さ)のものが食べられるようになる頃です。

赤ちゃんが自分から食べ物に手を伸ばしたり、自分で食べたがるタイミングでもあります。

手づかみ食べの始め方

Retina retina pixta 19943244 s
PIXTA
そうはいっても、赤ちゃんが手づかみで上手に食べられるメニューは限られますし、何でも手づかみで食べさせるのは難しいこともありますね。

親がスプーン等で食べさせることと、並行して進めていくとよいでしょう。

手づかみで食べさせるものは、
●持ちやすい大きさ・形のもの
●持ちやすい固さ(水分が少ない)もの
がおすすめです。
Retina retina pixta 19943245 s
PIXTA
例えば、
・大根、にんじん、ブロッコリーなどのゆで野菜
・スティック状にしたパン、小さいホットケーキ、蒸しパン
・おやき
・小さなボール状のおにぎり
などなど。

また、なかなか手づかみ食べをしないからといって、焦る必要はありません。
気分や体調によって、食べ方や食べる量にばらつきがある頃でもあります。
赤ちゃんの食べる意欲を見ながら、少しずつ試してみることがおすすめです。

赤ちゃんの「手づかみ食べ」、いつまでやらせる?

Retina retina retina pixta 17720933 s
PIXTA
「手づかみ食べを十分にすることが大切」とお伝えしましたが、いつまで手づかみ食べをさせていいものか、迷うこともありますよね。

赤ちゃんがスプーンやフォークを使えるようになるのは、1歳~1歳半頃からと言われています。また、上手に使えるようになるのは、2歳前後と言われています。

ママやパパがスプーンやお箸を使っていると、自分も真似をして使いたがることもあります。
でも、上手く使えないと、早く食べたい気持ちが勝って、手づかみ食べに戻ることも。

メニューによって、手づかみ食べとスプーン・フォークを使い分けることもあります。

子どもは「行ったり来たり」しながら発達していくものだと思って、その子のペースを見守ってあげることが大切です。

「マナー」のしつけは3歳頃からでOK!

Retina retina pixta 21195970 s
PIXTA
2歳頃からスプーンやフォークを上手に使えるとお伝えしましたが、2~3頃までは、子ども自身のペースや興味に従って、手づかみ食べとスプーン・フォークの並行でも。

食事のマナーとして、スプーンやフォークを使うように教えたいと思ったら、イヤイヤ期を抜けた3歳頃からを目安にしてみるのもよいでしょう。それまでは、言って聞かせてもなかなか聞いてくれないし、「理性」を司る子どもの脳もまだ育っていないと言われています。

「手づかみ食べ大好き!」な子でも、幼稚園や保育園で、周りの子がスプーンやフォークを使っているのを見ると使いたくなることもありますし、「フォークを使った方が手が汚れない」、と自分で気づくこともあります。
Retina retina retina pixta 15910064 s
PIXTA
2歳を過ぎると、手づかみ食べはお行儀が悪く見えてくるかもしれませんが、子どもの手先の発達や、食べ方への興味・関心には個人差があります。

手づかみ食べどころか、ママ・パパに食べさせてもらいたがることもよくあります。
そんなときは、まだまだ手をかけてもらいたい、甘えさせて欲しい、という子どもなりの気持ちがあるのかもしれません。

繰り返しになりますが、「マナー」や「しつけ」ができ始めるのは3歳くらいからだと言われています。

また、子どもの成長・発達は「行ったり来たり」するものです。
最低限、「栄養が足りる程度に食べられていればOK」くらいに思って、子どものペースでできるようになっていくプロセスを見守ってあげましょう。

「遊び食べ」をしてしまうときの対処法

Retina retina pixta 23445688 s
PIXTA
手づかみ食べの時期は、「遊び食べ」をしやすい時期でもあります。

「遊び食べ」とは、その名の通り、赤ちゃんがご飯やおやつを食べながら遊び始めてしまうこと。

赤ちゃんは、おもちゃとそうでないものの区別が付かないので、食べ物の触感が気になったり、テーブルの上から物が落ちるのが楽しかったり、はたまたママ・パパの反応が面白かったりして、食べている途中で遊んでしまうようになります。
Retina retina pixta 13616498 s
PIXTA
下手っぴでも、一生懸命手づかみで食べようとしている場合は、見守ってあげましょう。

でも、食べ物をわざとぐちゃぐちゃにしたり、机の上や床や投げたり、あるいは席を立ったりして、明らかに「遊んでるな」と思うときがあります。

そんなときは、「遊んだらごちそうさまね。」と静かに声をかけて片づけることがおすすめです。

遊び食べも、2~3歳頃まで続くと言われています。

これも発達の過程なので、特に怒ったり叱ったりする必要はありませんが、あえて食べ物で遊ばせておく必要もありません。

「これは食べるもので、遊ぶものじゃないからね。」と根気強く言い続ければ、少しずつ分かっていくようになるはずです。

赤ちゃんの手づかみ食べのストレスを減らすには?

Retina retina pixta 33863093 s
PIXTA
赤ちゃんの発達にとって、大切な手づかみ食べ。

でも大人にとっては、机や床や服が汚れたりして、ストレスが溜まりますよね。食べさせる方がよっぽど楽だと思うことも・・・。

幸い、現代は便利なアイテムがたくさんあるので、物理的な環境を整えることでストレスを減らすことがおすすめです。

1. 汚れをなるべく防ぐ対策をする

Retina retina pixta 22677502 s
PIXTA
まず、汚れをなるべく防ぐようにしましょう。

●ひっくり返りにくいお皿やコップを使う
●エプロンやスモッグを着せる
●手拭き・口拭きを常備する
●椅子にクッションや座布団を敷かないようにする
・・・などなど。

2. 片付けが楽ちんな対策をする

Retina retina pixta 20882846 s
PIXTA
とはいえ、全く汚れさせないのは難しいので、汚れたときの片付けも楽ちんにしましょう。

●食事の後は着替えをする
●テーブルの上に大きなマットを敷く
●床にシートや新聞を敷く
●食事の後にお風呂に入る
●乾湿両用のハンディ掃除機を使う
●床の水拭きロボットを導入する
・・・などなど。

物理的な対策をすることで手づかみ食べや多少の遊び食べも、心のゆとりを持って見守ることができるとよいですね。

おわりに

Retina retina pixta 22284434 s
PIXTA
赤ちゃんの手づかみ食べはいつから始まって、いつ頃まで続くのか、手づかみ食べは赤ちゃんの発育にとってどんな影響があるのかについてご紹介しました。

手づかみ食べは発達にとって大切なプロセスではありますが、親が無理をし過ぎる必要はありません。
親も子どももストレスを溜めることなく、楽しく食事の時間を過ごせたらいいですね。

プロフィール紹介

Retina retina %e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f
征矢里沙
・『生きる力』をはぐくむ教育研究家
・NPO法人いきはぐ代表

子ども達の『生きる力』をはぐくむという観点から、様々な教育を研究。大学卒業後、社会人経験を経て、NPO法人いきはぐを設立。全国100ヶ所以上の学校・幼稚園・保育園等を実際に訪問して取材をするなど、『生きる力』をはぐくむ教育を広めるために活動。現在、1歳と4歳の男児二人の母としても奮闘中。

ホームページ:NPO法人いきはぐ

あわせて読みたい

大人の食事から取り分けで簡単に作れる!【取り分け離乳食のレシピ】

Retina retina retina %e9%9b%a2%e4%b9%b3%e9%a3%9f2
大人の食事から取り分けて簡単につくれる、「取り分け離乳食」レシピをご紹介しています。

【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター/[監修] 服部栄養専門学校 教授 管理栄養士 藤井 身江子】

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【冷房】or【除湿】寝るときのエアコン設定はどうするのがベスト?

126913view
2

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

404802view
3

お風呂の浴槽や床にサビが!? お風呂場のサビの原因と解決法まとめ

52569view
4

知らないと損! 洗濯コースの上手な使いこなし術

420240view
5

ちゃんと知りたい【ステンレスの水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

358760view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード