更新日: 2017年05月12日
1442 view

【お風呂のはなし9話】ヒートショックにご用心

ヒートショックという言葉、聞いたことありますか? 寒い季節はこのヒートショックが起こりやすいので注意が必要です。知れば防げる「ヒートショック」についてご紹介します。【監修:東京ガス都市生活研究所】

【9話】 ヒートショックにご用心

Retina retina in ill 09
ココロもカラダもほぐしてくれるお風呂ですが、予め知っておいた方がいい“あぶない”ことがあります。

特に気をつけたいのは冬のお風呂。ヒートショックという言葉、聞いたことありますか? 温度の刺激による血圧の急激な変動のことを言います。寒い季節はこのヒートショックが起こりやすいので注意が必要です。

9話では、浴室温度からお風呂の温度まで、知れば防げる「ヒートショック」についてお話します。

「ひとつめのポイント:室温」

寒い冬は血圧の変動が大きいので注意が必要です。「浴室温の違いによる入浴後の血圧変化」のグラフをご覧ください。
Retina retina in graf 09
「浴室に入るタイミング」「お湯につかるタイミング」で血圧が急上昇し、「出浴のタイミング」で血圧が急降下しているのがわかります。特に、「寒い浴室(10℃)」の血圧変動はかなりのもの。逆に「暖かい浴室(25℃)」では変動こそあるものの、その差異は「寒い浴室」に比べて小さくなっています。

グラフからわかるように、ヒートショックをやわらげるには、浴室や脱衣所の「室温」が大きなポイントとなります。

浴室や脱衣所はあらかじめ暖めるようにしましょう。そのために、浴室暖房機があると安心安全です。浴室暖房機がないお宅では、熱めのシャワーを高い位置からバスタブに向けて給湯すると、浴室内が蒸気に包まれて暖まります。

「ふたつめのポイント:湯温」

Retina %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 03 07 10.54.43
「室温」に続いて注意したいのが「湯温」です。湯温が高い(42℃)お湯につかると、血圧変動がさらに大きくなるという報告もあります。お湯の温度はぬるめの38~40℃に設定するよう心がけましょう。

おわりに

ヒートショックをやわらげるためのポイントは以下の3つ。充分に注意したいですね。

★浴室や脱衣所はあたたかくしましょう
★お湯の温度はぬるめ(38~40℃)に設定を
★深夜の入浴はひかえましょう

監修:東京ガス都市生活研究所

あわせて読みたい

Retina retina idx bg

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

使わない人が増えている? 三角コーナーを使わないメリット5つ

51276view
2

「衣類の黄ばみ」の原因と対処法&意外とやりがちな<NG保管法>

1210view
3

コンセントのほこりは危険! 火災が起きやすい場所と掃除方法

1132view
4

きちんと知ってる? 布団をダメにしない「布団圧縮」のコツ

1047view
5

料理によって食用油を使い分けよう! 食用油の種類と使い方

1036view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード