更新日: 2018年05月30日
1509 view

【南風食堂さん】の新しい乾物のある暮らし(3)「乾物でごちそうを! 」

最近はホストがゲストを迎えるパーティーではなく、みんなが料理やドリンクを持ち寄る気軽な集まりが増えています。おいしいものを囲んで、おしゃべりするのはとても楽しいですよね。実は乾物でもパーティメニューにもぴったりのごちそうが作れるんです。第三回は、南風食堂さんに乾物を使ったごちそうメニューについてご紹介いただきました。

乾物を使って持ち寄りパーティのごちそうを作りましょう!

第三回は「持ち寄りパーティーにお呼ばれした際、乾物を使ったメニューを持って行ってみては? 」というご提案です。最近はホストがゲストを迎えるパーティーではなく、みんなが料理やドリンクを持ち寄る気軽な集まりが増えています。おいしいものを囲んで、おしゃべりするのはとても楽しいですよね。
Retina nanpushokudo a3 01
とはいえ、急に誘われても、準備をする余裕がない時もあるのではないでしょうか。
そんな時に役にたつのが乾物です。わたしたちが『乾物の本』を出したときも、お母さん友達や、忙しく働いているOL友達から「乾物メニューが持ち寄りパーティーにとても役にたったの! 」と嬉しい声が集まりました。

意外な乾物がパーティー料理のごちそうに大変身

Retina nanpushokudo a3 04
本を出した後も乾物でもおもてなしにも使えるメニューをいくつか作っているので、ご紹介します。
Retina nanpushokudo a3 02
お子さんのいる“お母さんパーティー”で好評だったのが、お麩を使ったグラタン。

お麩というと和食でしか使ったことがないという方も多いかもしれませんが、グラタンに合わせると、ホワイトソースのクリーミーさとお麩のとろとろとした食感が意外にもぴったりなのです!
Retina nanpushokudo a3 03
また豆を使ったサラダは、持ち寄りパーティーの人気者。

前の日から水に漬けておいて、ローレルを入れて煮込んだホクホクの豆に、細かく切った玉ねぎとキュウリを合わせ、ハーブを少々。ドレッシングで和えたらとてもおいしい豆サラダのできあがりです。こちらも持ち寄りパーティーでとても好評だったメニューです。

コツは豆を煮るときから薄く塩をつけておくこと。そうすればドレッシングを薄味にできて、より豆自体の味を楽しめます。
他にも、細かく割いたジャーキーを加えたサラダや、ドライフルーツをヨーグルトと和えたデザートなども人気のメニュー。
最近は、とてもおしゃれな海外のドライフルーツも手に入るようになってきたので、どうしても時間がないときは、ドライフルーツを持っていくだけでも、パーティーの場に花を添える1品になります。

持ち寄り用の入れ物も可愛らしく

乾物から脱線してしまいますが、きちんと密閉できるお弁当箱や、お魚を入れる茶色の油紙の袋は、ちょっとした持ち寄りに大活躍です。
Retina nanpushokudo a3 05
Retina nanpushokudo a3 06
見慣れた台所用品も、すこし目線を変えて活用してみてくださいね。

おわりに

乾物の魅力についていろいろお伝えしてきましたが、みなさま、乾物を好きになっていただけましたでしょうか?

素材の味がぎゅっと濃厚に楽しめて、手軽で保存が効く乾物を、ぜひ台所にいろいろ常備してみてください。使えば使うほど乾物の良さがわかって、どんどん乾物料理が楽しくなるはずです。そうやって新しいレシピができたら、わたしたちにも教えてくださいね。

それでは、楽しい乾物ライフをお過ごしください!

プロフィール紹介

Retina nanpushokudo
南風食堂(なんぷうしょくどう)

・小岩里佳と三原寛子による料理ユニット。
・味はもちろんのこと、食感、色、音、空間を含めたよりよい「食」の場のプロデュースを目指す。食に関する企画提案や編集物の制作、雑誌やWEBでの料理紹介などもおこなう。
・著作に「WHOLE COOKING」(MARBLE BOOKS)、「乾物の本」(space shower books)。

「南風食堂」ホームページ

あわせて読みたい

【南風食堂さん】の新しい乾物のある暮らし(1)「もっと気軽に! 乾物の使い方」

Retina nanpushokudo a1 01

【南風食堂さん】の新しい乾物のある暮らし(2)「乾物の魅力とは? 子供が喜ぶ食卓へ」

Retina nanpushokudo a2 01

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

そんな使い方があるの? 万能な掃除アイテム「重曹」の使い方17選

25171view
2

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・床・壁・家具など】

296282view
3

ゴシゴシこすらなくていい!? 上履きの正しい洗い方を知って驚きの白さに!

121269view
4

意外と知らない!? 地震の時に安全な【家の中の場所】はどこ?

38806view
5

賢く使い分け!【鶏ムネvs鶏モモ】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

151517view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード