更新日: 2016年07月01日
101167 view

捨てないで!お米のとぎ汁<驚きの活用術>6選

お米をといだときに出るとぎ汁。捨ててしまっていませんか?野菜の下ゆでに使うということは有名ですが、実はそれ以外にもさまざまな活用方法があるんです。スキンケアや食器洗い、フローリングのワックス代わりにも。驚きの活用術をご紹介します。

【活用術1】 フェイスパック

Retina pixta 1911630 s
とぎ汁に含まれる米ぬかにはビタミンやミネラル、セラミドなどの多くの美容成分が含まれています。

米のとぎ汁を深さのある小皿に入れて冷蔵庫に入れ、一晩置きます。翌朝に上澄みを捨てると底にクリームが残っています。そのまま塗ってもいいですし、小麦粉やはちみつを混ぜてもいいそうです。パックとして顔に塗り、しばらく置いて洗い流してください。

【活用術2】 化粧水

Retina pixta 4842097 s
とぎ汁を手に取り、そのまま顔に付けてパッティングします。ビタミン、ミネラル、セラミドなど多くの美容成分が含まれているだけでなく、油分も含まれているため保湿の効果も期待できます。

【活用術3】 顔や身体の洗浄剤

Retina pixta 15597274 s
江戸時代は米ぬかを入れた布袋で身体を洗ったと聞きますが、米ぬかが含まれたとぎ汁には洗浄作用があります。とぎ汁が白いのはγグロブリンという天然の界面活性剤が含まれているからです。そのまま洗顔すれば天然の洗浄剤として顔の汚れを優しく落としてくれます。

【活用術4】 フローリングのワックス代わりに

Retina pixta 17470340 s
とぎ汁をスプレーボトルに入れて床に吹き付け、そのあと雑巾で拭き取ります。とぎ汁に含まれる油分がフローリングにツヤを出し、コーティングして傷つきにくくしてくれます。

【活用術5】 野菜の下ゆでに

B45c3dc1abf419eabc3f77a1f7b01e75 出典:http://cookpad.com/recipe/3158294
これは有名ですが、大根やたけのこなどはとぎ汁で下ゆでしておくとえぐみや苦味を取り除くことができます。米ぬかに含まれるカルシウムが苦味成分を中和してくれるのだそうです。

【活用術6】 食器の油汚れに

Retina pixta 322665 s
油汚れがひどい食器はとぎ汁に浸してしばらく浸け置いてから、スポンジで洗い水で流します。とぎ汁に含まれる界面活性剤が油を分解してくれます。

おわりに

米のとぎ汁がこれだけ活用できるとご存知でしたか?捨ててしまってはもったいないですね。無洗米をお使いのお宅では米ぬかを水に溶かして使うというやり方もあるそうです。
東京ガスの電気料金シミュレーション

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

使いやすく疲れにくい! 正しい「泡立て器の選び方」

1213view
2

【BBQに! キャンプに! 】クーラーボックスの使い方を正しく知って保冷上手に!

2574view
3

マフラーを洗濯・保管する際に知っておきたい3つのポイント

4559view
4

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

190740view
5

【開栓後は常温保存NG! 】知っておきたい<めんつゆ>の保存について

1344view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

意外と知らない人が多い!?お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

リビング?お風呂場?「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

おすすめキーワード