家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

5268 view

いますぐ始められる! お財布にも優しい「キッチンからはじめるエコ」活動とは

エコバック、エコカーなど、身近なところで環境を思いやる行動・活動が増えてきましたね。エコ活動は難しいと思っているあなたも、日々の生活の中で、簡単にできる省エネ、省資源、そしてお財布にも優しい、キッチンから始められるエコな取組を実践してみませんか?

エコ・クッキングとは?

エコ・クッキング
TOKYOGAS
食は、だれにとっても毎日欠かせないものですね。「エコ・クッキング」はちょっとした工夫をするだけで誰でも実践できる、キッチンからはじめるエコ活動です。
地球環境を思いやりながら、「買い物」「調理」「片づけ」をする。一人ひとりの小さな積み重ねが大きな成果につながる、今すぐ始められるエコ活動の一つです。

環境を優先するあまり、おいしさが損なわれてしまっては台無しです。おいしく作りながら、エコ活動も両方できるのがエコ・クッキングの特徴です。「買い物」「調理」「片付け」の各工程でのポイントをご紹介していきます。

【買い物】買い物は旬の食材を賢く選ぼう!

 スーパーで買い物する人
PIXTA
旬の食材を賢く選んで、効率的に栄養をとりましょう!
旬の野菜や魚をメニューに取り入れることで、効率的に栄養素を取り入れましょう。
ビタミンC含有量は季節によって変わります。季節野菜のほうが栄養価が高くなっています。

例えば、ほうれん草は旬の冬採りのほうが、夏採りよりもビタミンCが約3倍多く含まれます。

さらに地産地消野菜は、新鮮でおいしいだけでなく、運ぶエネルギーが少なく省エネにつながります。

【調理】上手に食材を使い切ろう!

エコ・クッキング的野菜の切り方
TOKYOGAS
いつもは捨てている皮や茎の中には、食べられるものがあります。ヘタを取るときもできるだけ小さく取り除きましょう。野菜のなかには皮の近くに栄養成分が多いもの、香りや味の濃いものがあります。

切り方を工夫するだけで、食べられる部分が増え、ゴミの量が減るだけでなく、食材が本来もっているおいしさに気づくはずです。

【調理】エネルギーを上手に使おう!

■鍋底の水滴を拭き取ってから火にかける

鍋底を拭き取る
TOKYOGAS
やかんや鍋の底に水滴が付いた状態で火にかけると、水分を蒸発させるために余分なエネルギーがかかります。水滴を拭き取るだけで、ガスを節約できます。


■鍋底から炎がはみ出さないようにする

鍋の火の強さを気をつける
TOKYOGAS
鍋底からはみ出した炎は鍋に伝わらずムダになってしまいます。強火にしたときは特に気をつけましょう。弱すぎても、時間がかかって放熱量が多くなってしまうだけなので、ご注意を。


■鍋を火にかけるときはふたをする

鍋に蓋をする
TOKYOGAS
お湯を沸かしたり、食材をゆでるときにふたをすると、ガスが節約できるだけでなく、時間短縮にもなります。


■便利なガスコンロ機能を活用する!

便利なガスコンロ機能
TOKYOGAS
<コンロ調理タイマー>
セットした時間に知らせた上で、消火するので加熱しすぎを防いで省エネ。ゆですぎや焦つきの失敗もありません。

<温度調節機能>
設定温度一定にキープしてくれるので、無駄に温度が上がらないので省エネ。
温度調整が難しくないので、揚げ物もプロ並みの仕上げになります。

【片付け】水を節約し、水を汚さない工夫をしよう!

節水のコツ
TOKYOGAS
汚れた食器は重ねない、洗う前に汚れを拭き取る、水は流しっぱなしにしない、などがポイントです。

汚れ食器は水をためた桶でつけ置き洗いすることで、洗剤と水の節約ができます。

フライパンやお鍋の汚れは、古布(古くなったタオルなどを小さく切った布)で汚れを拭いてから洗いましょう。このひと手間で排水溝や川の汚れが少なくなるので、エコにつながりますよ!

その他にもエコ活動につながるアイデアが、東京ガス「エコ・クッキング」にありますので、ぜひチェックしてみてください。

「エコ・クッキング指導者養成講座」で本格的に学ぼう

エコ・クッキング指導者養成講座
TOKYOGAS
家庭でできる「エコ・クッキング」活動をご紹介しましたが、もう少し本格的に学びたい、活動を広げたいという方には、『エコ・クッキング指導者養成講座』がおすすめです!
栄養士や料理教室主宰、食関係の企業担当者、地域の環境活動に携わる方からも好評です。

※受講には所定の資格を所持していることが必要です。詳細は下記リンクからご覧ください。

おわりに

「エコ・クッキング」普段の生活のなかで、ちょっとした工夫をするだけで誰でも実践できそうですね。この機会にぜひ取り入れてみてくださいね!

※エコ・クッキングは東京ガス株式会社の登録商標です。

2016年05月30日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

658487view
2

メロンの食べ頃はいつ? 正しい保存方法とは? 種類や栄養なども合わせて紹介!

78594view
3

「痛い口内炎をどうにかしたい! 」口内炎の原因と自宅でできる対策とは?

2719187view
4

「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

961943view
5

【教育研究家に聞く】子どもが幼稚園・保育園を嫌がる・・・登園拒否への対応は?

197203view

おすすめ記事

お風呂のカビ掃除はラップでパック! 放置してる間にピカピカに!

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード