家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2017年12月11日
114626 view

【もしかして間違ってない?】常温? 冷蔵? 冷凍? 「小麦粉の保存」はどれがベスト?

一度開封すると使い切るのに思ったより時間のかかる小麦粉。使いきるまでの保存方法はどのようにするのがベストでしょうか?

小麦粉の特徴、保存期間の目安を理解しましょう

Retina pixta 21804565 s
PIXTA
小麦粉は湿気が苦手です。シンクの下や床下など湿気のこもりやすい場所での保存はおすすめできません。

保存期間の目安は、未開封の状態で薄力粉、中力粉は約1年間。強力粉の場合は約6ヶ月です。
開封したものは1〜2ヶ月を目安に使いきりましょう。

「この小麦粉、いつ開封したっけ?」となることも多いので開封したら袋に開封日を記入しておくとわかりやすいですね。

【小麦粉の保存のコツ】常温保存はしていいの?

Retina pixta 12605469 s
PIXTA
小麦粉の使用頻度が高く比較的早めに使いきれるようであれば、常温保存も可能です。開封した小麦粉は湿気防止の為に密閉できるタッパーなどに袋のまま入れ、直射日光の当たらない涼しい場所で保存しましょう。

小麦粉にはダニがつきやすいと言われていますがタッパーなどに入れておけば問題はなさそうです。もし更にしっかり対策をするのであれば、タッパーの中に乾燥剤を入れて、その中に少し小さめのタッパーを入れます。そこに袋ごと小麦粉を入れてしっかりフタをすると良いでしょう。

小さめのタッパーがなければジップ付き密閉袋に小麦粉を入れて空気をぬき、乾燥剤の入ったタッパーに入れましょう。

【小麦粉の保存のコツ】冷蔵保存はどうするべき?

Retina pixta 16472598 s
PIXTA
小麦粉の冷蔵保存は夏の暑い時期や湿気の多い時期に向いています。低温だと、ダニの侵入、繁殖のリスクを減らせます。
冷蔵庫での保存で注意すべき点は、小麦粉が匂いを吸着しやすい点です。タッパーに入れたり密閉袋に入れるなどして匂い移りを防ぎましょう。

また冷蔵庫で保存する場合、使用の際に小麦粉を取り出した際に、常温の部屋に長く置いておくと温度差で結露が発生する場合もあります。結露をそのままにして再び冷蔵保存をするとカビが発生することも。使用後はすみやかに冷蔵庫に戻しましょう。

【小麦粉の保存のコツ】冷凍保存もできる!?

Retina pixta 17839722 s
PIXTA
小麦粉の冷凍保存の魅力はなんといっても保存期間を伸ばせることですね。常温では1〜2ヶ月以内に使いきらなければならないところ、約6ヶ月まで保存期間が伸ばせるそうです。使う時もサラサラとした状態ですので不便ではありません。

ただし、冷凍で保存した場合、取り出して常温で放置するとやはり結露が発生し湿気ってしまいます。結露のリスクは冷蔵庫よりも高いので使うときは、冷凍庫からすばやく取り出し、すばやくしまいましょう。

50グラム、100グラム単位などで小麦粉を小分けにして冷凍しておくのもすばやく使うコツですね。その都度、量る手間も省けて一石二鳥ですね。

おわりに

いかがでしたか? 小麦粉は常温、冷蔵、冷凍、いずれの方法でも保存ができそうですね。それぞれの保存法のメリット・デメリットをしっかり理解し、各ご家庭の小麦粉の使用頻度に合わせて保存しましょう。

あわせて読みたい

【食のプロ】東京ガスの「レシピの人気ランキング」はこちら


※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

256070view
2

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

207047view
3

【焼き魚のコツ】を掴んであなたも今日から「焼き魚マスター」に!

79148view
4

給湯器の故障?「お風呂のお湯がでない!?」時の対処法

215322view
5

手軽に蒸し料理! せいろに代わるモダンな「蒸し器・鍋」をご紹介!

1319view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード