家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

7076 view

美しい布で生活用品がアート作品に!「カルトナージュ」の世界とは?

カルトナージュって聞いたことがありますか? 布をインテリアに取り入れる技法の一つ。フランスの伝統的な手工芸で、厚紙で組み立てた箱に布を巻いて仕上げるものだそう。その用途はマガジンラック、ティッシュボックス、ブックカバーなど様々。カルトナージュの世界についてご紹介します。

カルトナージュとは?

Miki Sakamoto
カーテンやクッションカバーなど素敵なファブリックを使ったインテリアは印象に残りますね。

布をインテリアに取り入れるアイデアの一つに、『カルトナージュ』という技法があります。フランスの伝統的な手工芸で、厚紙で組み立てた箱に布を巻いて仕上げるもの。

箱というと、マガジンラック、ティッシュボックス、ファイルボックスや食器ケースなどいろいろなものがありますね。厚紙でつくるものならばなんでも可能です。
Miki Sakamoto
また、箱だけでなく、日々持ち歩くブックカバーや手帳カバー、写真立てのような平面作品のほか、ハンドバックも作ることができますよ。アイディア次第でさまざまなものをおしゃれに変身させることができますね。

熟練した作家の手にかかればスツールなど、家具もカルトナージュで制作できます。美しい布で仕上げられる作品はアート作品のように部屋に豊かさをもたらしてくれます。

カルトナージュの発祥とは? ナポレオンがきっかけ!?

Miki Sakamoto
カルトナージュ(Cartonnage)のきっかけをつくったのはナポレオンでした。
愛する妻・ジョセフィーヌのために、美しい刺繍がほどこされた布を巻いた箱に宝石を入れ、贈ったことが始まりと言われ、上流階級の婦人たちに流行り、永く使われてきたそうです。

カルトナージュを作る際のポイントとは

Miki Sakamoto
Miki Sakamoto
カルトナージュを作る際には、まず、何を入れるか、誰が使うか、どこで使うかの3点を決めましょう。それによって入れ物の素材や大きさ、形が決まってきます。

そこからデザイン、布選び、制作へと工程を進めていくことになります。

布を厚紙にキレイに巻くにはコツがあります。カルトンという厚紙を製図する際に、布の厚みをきとんと考慮することがポイントです。箱に組み立てる際、内側に水張りテープを使うと角が整います。専用ののりを箱に均等に付け布をしっかり伸ばしながら、箱を転がすようにして巻いていきます。

作家紹介

Miki Sakamoto
カルトナージュ制作:国府田清香 (HacoWorks株式会社代表取締役)

旅行で訪れたパリでカルトナージュと出逢い技術を習得。

その後、独自のセンスで新たな箱Hacoの世界を考案。2008年、2012年3冊の著書を出版。ヨーロッパのテキスタイル“布”をメインにその使い方の教室、講師養成コース、雑誌や企業のイベントのスタイリングを提案し、箱Hacoとテキスタイルの世界を表現する。

http://hacoworks.com/

おわりに

インテリア計画をスタートする際に、大切なのは、どう暮らしたいか、何にこだわるのかを考えること。その切り口に決まりごとはありません。そうすることで、その人らしいインテリア空間がおのずとできあがっていくと思います。

機能性とアート性を併せ持つカルトナージュの存在感を活かすことから、インテリアをプランニングしていくのも楽しいと思います。
東京ガスグループの『リビングデザインセンターOZONE』では、お客様のイメージを大切に、インテリアデザイナーが家具や窓まわりから空間全体まで、豊かな住まいづくりをお手伝いします。お気軽にお問い合わせください。

プロフィール紹介

坂本美貴(OZONEインテリアデザイナー)

ホテルやモデルルームなどの公共空間から個人住宅まで、幅広いインテリアコーディネートやデザイン性の高いリフォームを提案するOZONEのデザイナー。住まいづくりのサポートメニュー『OZONE家design』にてリフォームやインテリアのコンサルティングを担当する。

リビングデザインセンターOZONE

2016年11月14日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

自宅に欲しい!【ミストサウナ】の効果5つとおすすめの入り方

136510view
2

【七夕の由来】「たなばた」と呼ぶ理由は? なぜ短冊や笹で願いごとをする?

51493view
3

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

480234view
4

片づけは楽しみながらがコジマジック流! -「収育」のすすめ-

30074view
5

【その電池の使い方NGかも】「アルカリ乾電池」と「マンガン乾電池」の違いと使用時の注意点

615159view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード