家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

391676 view

【色が違うだけなの? 】ピーマンとパプリカの違いについて

ピーマンとパプリカの違いについて気になったことはありませんか? 色の違いはわかりますが、味や栄養価はどう違うの? 調理法の違いはあるの? 意外と知らない【ピーマンとパプリカの違い】についてご紹介します。

ピーマンも成熟すると色が変わる! ピーマンとパプリカの違い

ピーマンとパプリカ
PIXTA
見た目が似ている「ピーマン」と「パプリカ」。
植物としての分類に違いはあるのでしょうか?

実は「ピーマン」も「パプリカ」も、ナス科のトウガラシ属の植物で、辛みのないトウガラシの一種になります。
「ピーマン」と「パプリカ」は同じ種ですが、栽培品種が異なります。一般的な「ピーマン」は成熟前に収穫するので緑色をしていますが、その時期で収穫せず熟させると、黄色やオレンジ、赤色へと変化していきます。これを「カラーピーマン」と呼びんでいます。

「カラーピーマン」は、大きく分けると「パプリカ」、「ジャンボピーマン」、「トマトピーマン」、「小型カラーピーマン」、「くさび型ピーマン」の5種類に分類されます。大型で肉厚な品種が「パプリカ」です。

ピーマンとパプリカの生産地や日本での歴史の違いは?

パプリカとピーマン
PIXTA
ピーマンは昔から馴染みのある野菜ですが、パプリカは比較的最近になって、スーパーなどで見かけるようになりましたよね。ピーマンとパプリカの歴史や、生産地に違いはあるのでしょうか?

ピーマン

ピーマンはアメリカ原産の野菜。
日本には明治時代に入ってきたそうです。よく食べられるようになったのは、食卓が西洋化し始めた昭和30年代以降。日本国内でも数多く栽培されています。
主な生産地は茨城県、宮崎県、高知県など。

パプリカ

パプリカは、オランダからの生鮮品輸入が解禁された平成5年以降から日本でも普及し始めた野菜です。「パプリカ」という名前は、オランダ語でピーマンという意味だとか。

お手頃なお値段のパプリカは輸入品が多く、オランダ、韓国、ニュージーランドなどで生産されています。
国内での主な生産地は宮崎県、茨城県、熊本県など。

参考:農林水産省「消費者相談」

ピーマンとパプリカの色や大きさ、味の違いは?

ピーマン
PIXTA
次に、ピーマンとパプリカの大きさや、味の違いを見ていきましょう。

ピーマン

実が小さめで皮は薄く、濃い緑色が特徴です。パプリカに比べると細長い形をしています。

味は、青臭さと苦みがあります。苦味が少ないピーマンを選ぶには、「ヘタの形」に注目を。五角形よりも六角形になっているヘタのほうが、苦味が少ないそうです。


パプリカ

パプリカ
PIXTA
実は大きく、肉厚で甘みがあるのが特徴です。形はベル型とよばれピーマンと比べるとふっくらした形をしています。
赤、黄色、オレンジなど、お料理を彩るカラフルな色も魅力の一つですね。

選ぶ時は、色が濃くてツヤ・ハリ、重みがあるものを選びましょう。

パプリカとピーマン、栄養価の違いは?

ピーマンとパプリカを持つ人
PIXTA
ピーマンやパプリカは、ビタミンやカロテン、食物繊維などを豊富に含む野菜です。
さらに、パプリカは栄養面で優れており、ピーマンと比較してビタミンCもカロテンも約2倍以上です。

〇緑ピーマン生(100gあたり)ビタミンC: 76mg/βーカロテン当量: 400μg
〇赤パプリカ生(100gあたり)ビタミンC:170mg/βーカロテン当量:1100μg

(参考:レモン果汁(100gあたり)ビタミンC:50mg/βーカロテン当量:6μg)

また、ピーマンやパプリカに含まれるビタミンは、熱によって壊されにくい特徴があります。加熱しても効率よく栄養素を摂取できるのは嬉しいですね。

文部科学省 食品成分データベース(日本食品標準成分表2015年版(七訂))

ピーマンやパプリカの調理法の違い

ピーマンの肉詰め
PIXTA

ピーマン

ビタミンCが豊富で、炒めるなど加熱調理をしてもビタミンが損なわれることが少ない野菜です。火を通す炒め物などにも最適です。

皮を剥く必要がなく、洗って中の種を取り除いたら、そのまま切って使えるのでお手軽です。時短で料理したい時などに使うのも良いですね。
パプリカを使ったサラダ
PIXTA

パプリカ

パプリカは加熱時間が長いと栄養価が落ちてしまうので、調理の際は注意が必要です。
火を通す場合は、時間をかけずさっと揚げたり炒めたりしましょう。煮込む場合は、栄養素が溶け出しても飲むことのできる、スープやシチューがおススメです。
また、生でも美味しくサラダにも良く合います。

赤・黄色の彩りを♪ 簡単「パプリカレシピ」5選

「揚げ野菜のまろやかピクルス」
東京ガス「食」情報センター
キレイな赤や黄色が魅力の野菜、パプリカ。ピーマンよりも肉厚で辛味がないので、子供にも食べやすくオススメの食材です。そんなパプリカを使った簡単レシピを5つご紹介します。

シャキシャキした食感が魅力♪ 簡単「ピーマンレシピ」5選

「青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)」
東京ガス「食」情報センター
ピーマンの素材の味や食感を楽しめるレシピをご紹介しています。
監修:三浦康子/和文化研究家。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)ほか多数

2017年05月26日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

764437view
2

魚焼きだけじゃもったいない! 魚焼きグリル活用術9選

432866view
3

【色が違うだけなの? 】ピーマンとパプリカの違いについて

391676view
4

【教育研究家に聞く】子どもを早く寝かせたい! 早寝をさせる7つのコツ

191323view
5

つけ置きでピカピカに!「プロが教えるキッチンの簡単掃除テクニック」

48113view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード