家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

3165 view

【体験談】カジタクで換気扇(レンジフード)掃除! 業者の技に大満足

汚れに気が付いていても後回しにしがちな換気扇の掃除。油とホコリが混ざった汚れは、長年蓄積されることでなかなか落とせない頑固な汚れになっていることも。自分で掃除するにしても、キレイに汚れを落とせるのか、分解してキチンと元に戻せるのか、不安な要素はたくさんありますね。そんな時は専門知識を持ったプロの業者に任せてみませんか? 業者に換気扇の掃除を依頼した際の体験談をお伝えします。

換気扇(レンジフード)掃除を業者に依頼

汚れた換気扇
uchicoto
引っ越しをしてから約1年、換気扇には1度も触れたことはありません。

料理を作る場所の上にある換気扇がこの状態では、大切な家族の口に入る料理にホコリが入っていないか心配になります。

換気扇をキレイにしたくても、自分で掃除するのは不安だったので、業者に頼むことにしました。頼んだのはイオングループが提供するハウスクリーニングサービス「カジタク(KAJITAKU)」です。

料金が一律なので初めて頼む際に安心感がありました。また「仕上がり満足保証」があるというのも大きなポイントでした。
カジタク 吉田さん
uchicoto
今回担当してくださったのは、カジタクの吉田さん。ハウスクリーニング歴10年という大ベテランです。

【プロの業者による換気扇掃除1】壁やガスコンロを養生

壁やガスコンロを養生
uchicoto
まずは、換気扇の真下にある壁やガスコンロ、シンクをビニールで養生していきます。

当日は、換気扇の下に何もない状態で作業を行う必要があります。換気扇の下に置いてある調味料や壁に吊るしてある調理器具は、事前に別の場所に移動させておきましょう。

【プロの業者による換気扇掃除2】部品の取り外し

換気扇のファンを取り外す
uchicoto
換気扇の下の養生が終わったら、換気扇が正常に動いているか動作確認をします。

その後、テキパキと換気扇の部品を取り外していきます。養生から取り外しまでの作業時間は、わずか15分ほど。手際の良さに驚きました。
取り外した換気扇の部品
uchicoto
実際に取り外した部品がこちらです。想像以上の汚れにショックを受けました。
取り外したファンの裏面
uchicoto
一番驚いたのは、プロペラファンの裏面の汚れです。表面の汚れに比べるとかなりの汚れ具合です。

実際に触ってみるとホコリが固くベタっとなっており、家庭用の中性洗剤では、汚れを落とすのがとても難しそうです。

【プロの業者による換気扇掃除3】アルカリ洗剤でつけ置き洗い

換気扇をつけ置きする
uchicoto
シンクに熱めのお湯を溜めて、取り外した部品を中に入れます。
換気扇にアルカリ洗剤をかける
uchicoto
ここに業務用のアルカリ洗剤を投入します。この業務用洗剤が、油でギトギトに固まった汚れをキレイに落としてくれるそうです。

掃除する部品の汚れ具合や素材に合わせて、業務用洗剤の種類や量を調整してくれます。なるべく部品を傷めることなく汚れを落とすのがプロの技です。

つけ置き時間は3分ほど。家庭用洗剤では数十分以上もつけ置きしないと汚れが落ちないこともあるそう。プロが扱う洗剤は違いますね。

【プロの業者による換気扇掃除4】すすぎ洗い

換気扇のファンを洗う
uchicoto
つけ置きした後に、雑巾で拭くとピカピカになります。雑巾で落ちない汚れはヘラを使うこともあるそうです。

仕上げに、流水ですすぎ洗いをします。養生からすすぎ洗いまでの時間は、30分ほど。

プロの業者による換気扇掃除、仕上がりはこちら!

換気扇掃除のビフォーアフター
uchicoto (左)クリーニング前/(右)クリーニング後
新品と見間違えるほどピカピカになりました。驚きのスピードと仕上がりです!

【プロの業者による換気扇掃除5】換気扇を拭く

換気扇内を拭く
uchicoto
アルカリ性洗剤を水で薄めたスプレーを雑巾に吹きかけて、換気扇を丁寧に拭きあげていきます。換気扇内の隅から隅まで、丁寧に拭いてくれました。

【プロの業者による換気扇掃除6】最後の仕上げ! 部品の取り付け

きれいになった換気扇
uchicoto
最後に、取り外した部品を元の状態に組み立てます。仕上げに、利用したシンクをキレイにしてくれます。最初から最後までかかった時間は約45分でした。

ずっと気になっていた汚れがキレイになくなり、とても気持ちがいいです!

専門家に聞く! 換気扇クリーニングのQ&A

Q. 換気扇のハウスクリーニングにかかる時間はどれ位ですか?

ファンの形やフィルターの有無、汚れ具合など換気設備の状態にもよりますが、今回のようなプロペラファンタイプだと約1時間ほどで終了することが多いです。シロッコファンタイプだと、だいたい1〜2時間ほどになります。

家庭でのお手入れ方法を教えてください

レンジフードや換気扇の主な汚れは「油汚れ」なので、「アルカリ性洗剤」を使うと汚れを落としやすいです。日頃のお手入れであれば、アルカリ性洗剤を薄めた水を浸した雑巾で、換気扇を拭きましょう。プロが使っているような業務用洗剤は、ホームセンターでも手に入れることができます。

換気扇はどれくらいの頻度で掃除した方がいいですか?

油を使った料理をする頻度にもよりますが、目安は1年に1回程度が一般的です。フィルターが付いているタイプのものは、1年に1回フィルターの掃除をしておけば、中のファン部分は3年に1回くらいのお手入れでも大丈夫な場合もあります。

東京ガスグループからのお申し込みでカジタクの販売価格から10%OFF

東京ガスハウスクリーニング

東京ガスグループ※1からのお申し込みで、イオングループ「カジタク(KAJITAKU)」のプロのハウスクリーニングをおトクに利用できます。

仕上がりに満足いただけなかった場合には、 もう一度やり直す「仕上がり満足保証」付き。

ご自宅向けにはもちろん、ご両親へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。

Webで簡単にお申し込みもできます。ぜひ<おトク>にお試しください!

※1※東京ガスグループとは、東京ガス/東京ガスライフバル/エネスタのことを指します。

ご利用条件ほか詳細はこちらをご確認ください

換気扇の掃除は速くて安心の業者がおススメ

自分で換気扇の掃除をするのもいいですが、掃除の質と速さだけでなく部品の解体や組み立てなどを考えると、専門知識のあるプロの業者にお任せする方が安心ですね。お得に試してみてはいかがでしょうか。

参考:東京ガス株式会社「東京ガス✕KAJITAKUの家事支援サービス」

2019年07月30日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】今話題の「モンテッソーリ教育」その効果とは? 家庭でできるポイント

28555view
2

「何が違うの? 」雑炊とおじやの違いとは?

308960view
3

【原料は一緒!?】意外に知らない! チョコレートとココアの違いとは?

120580view
4

冬が旬の牡蠣をまるごと楽しむ!「牡蠣」レシピまとめ

14306view
5

【レシピ】覚えたい基本の和食「鯖のみそ煮」

22797view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード