家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

75683 view

シャワーだけだと不十分? 疲れやすい夏だからこそオススメの入浴法

夏は暑いからと、湯船につからずシャワーだけで済ませていませんか?夏は屋内外の気温差が大きく、外部環境によるストレスを受けやすい季節です。食欲不振や倦怠感など「夏バテ」にもなりやすいこの時期は、しっかり湯舟に浸かり心身ともにリラックスすることが大切です。今回は<夏だからこそオススメしたい入浴法>についてご紹介します。

<夏のオススメ入浴法>夏の疲れやストレスを感じた時

入浴する女性
PIXTA
ぬるめのお湯は副交感神経を刺激し、ストレス解消やリラックス効果がありますので、ぬるめ(38-40℃前後)のお湯に長く浸かる入浴法がオススメです。長くお湯に浸かる時は心臓に負担をかけないように、みぞおちから下の部分を湯に浸かるようにしましょう。

時間がないときは、熱め(42℃前後)のお湯に手だけ、脚だけの部分浴をするのもおすすめ。血行が良くなり疲労を取り除いてくれます。


参考:東京ガス都市生活研究所「効果的な半身浴のためには浴室もあたたかく」
参考:【お風呂のはなし4話】手浴足浴で血行促進」

<夏のオススメ入浴法>冷房などによる冷えを取り除きたい時

冷えを感じて温度設定を調整する女性
PIXTA
冷房の効きすぎで屋内外の気温の差が大きくなると、体温調節機能がうまく機能しなくなることも。この状態が、冷房などによる「冷え」の原因であると言われています。

「冷え」を感じた時は、ぬるめのお湯に長めに入ることで冷えた体を温めましょう。溜まった冷えはその日のうちに追い出すことをおススメします。

夏冷えには、38℃程度のぬるめのお湯で、ゆったり半身浴がおすすめです。暑い夏でも気持ち良く浸かれます。

<夏の入浴におすすめ>簡単手作り入浴剤で極上バスタイム!

バスカクテル
TOKYO GAS
ソルトやハーブ、香料を使って、手作りの入浴剤を作ってみるのも楽しいですよ。

ハーブの種類を替えれば、「だるい足のむくみを解消する」レシピや「二日酔いに効く」レシピも。詳しくは下記をご覧ください。

夏の疲れや冷えには「ミストサウナ」もオススメです

暑い夏に湯船に浸かるのは、億劫に感じることもありますよね。
そんな時は、ミストサウナの「ながら入浴」がおススメです。
ミストサウナを浴びる女性
最近の新築住宅の浴室に多く設置されている「ミストサウナ」。高温&低湿度なドライサウナと違い、ミストサウナは低温で高湿度。霧状にしたお湯が全身を包み込むやさしいサウナです。息苦しさもなくリラックスできるサウナとして注目されています。
入浴後の体の温かさのグラフ
入浴条件:ミストサウナ浴(スプラッシュ)40℃10分、シャワー浴40℃10分/N=9(20代男性) 2012年東京ガス調べ
上のグラフは、入浴後の体の温かさを比較したものです。
ミストサウナ浴はシャワー浴よりも体の中まで入浴後の温まりが続きます。冷房などによる夏の冷え対策にもピッタリです。

ミストサウナなら、湯船に浸からなくても、温かなミストを全身に浴びることで体の汚れが落ちやすくなり、短時間でカラダの芯まで温まります。

洗い場で体や髪を洗いながら、同時にミストサウナで体も温められるので、湯船にゆっくり浸かる時間がない時や、忙しい方にもおすすめですよ。

おわりに

夏は暑いからとシャワーだけで済ませていませんか?室内外の温度差や冷房などにより体にかかる負荷が大きい時期だからこそ、しっかりと体を温めることが大切のようです。皆さんも、ぜひ試してみてください。


参考:東京ガス都市生活研究所「しあわせバスタイムレシピ」

○各効果は個人により異なります。○浴室の大きさにより、浴室のミスティの立ち上がり時間や浴室内の乾燥時間等が異なります。○ミスティの注意事項等は取扱説明書をご参照ください。○画像はイメージです。実際の商品とは異なります。

2017年07月10日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

プロは網戸を外さず掃除!? 網戸を10分でピカピカにする方法とは!?

847946view
2

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

586785view
3

【コンロのプロが教える掃除術】キッチンコンロの五徳(ゴトク)の簡単なお手入れ方法

376879view
4

【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ

416466view
5

ピカピカに大変身!【キッチンシンク】の効果的な掃除方法とは?

93128view

おすすめ記事

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード