家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

6016 view

【レシピ・動画】ふっくら衣のコツ「サクッとカキフライ」

カキの旨みたっぷりの、人気の定番メニューです。衣を二重にしてふっくらサクサクに仕上げます。レシピ動画付きでご紹介します。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス 食情報センター】

「サクッとカキフライ」の作り方動画

「サクッとカキフライ」の材料(4人分)

カキ(むき身)・・・大12粒(約250g)
塩・・・ひとつまみ
コショウ・・・少々

小麦粉・・・適量
溶き卵・・・適量
パン粉(生)・・・適量

揚げ油・・・適量

キャベツ(せん切り)・・・適量
レモン(くし形切り)・・・4切れ
中濃ソース、マヨネーズ、練り辛子など・・・適宜

【作り方1】

カキは塩水で洗って水ですすぎ、水気を拭き取ります。

塩、コショウで下味をつけます。

【作り方2】

1に小麦粉、卵、パン粉、卵、パン粉の順に衣をつけます。

揚げ油を温度調節機能で180℃に設定し、揚げます。

【作り方3】

皿にキャベツ、2、レモンを盛りつけます。

好みで中濃ソース、マヨネーズ、練り辛子を添えます。

「サクッとカキフライ」のコツ・ポイント

・カキが小さい場合、2コまとめて衣をつけて揚げるとジューシーに仕上がります。

・卵とパン粉を2度づけすることで、油はねが少なくボリュームのある仕上がりになります。

・衣は小麦粉…約40g、溶き卵…約2コ分、パン粉(生)…約100g使用しました。


東京ガスのレシピTOP

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。


「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく!

また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。


その他にも、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。
お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!


また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

2018年09月24日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

154018view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

152593view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118886view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203550view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77434view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード