東京ガス
暮らし情報メディア
ウチコト

ここから本文です。

キャロットケーキ

【レシピ】イースターに食べたい!「キャロットケーキ」

ニンジンがたっぷり入ったイースターに食べたいキャロットケーキです。甘さ控えめなので、朝食にもぴったりです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ監修:東京ガスコミュニケーションズ(株)】

最終更新日:2024.2.15

「キャロットケーキ」の材料
パウンドケーキ型<18cm×6.5cm×高さ6cm>1台分

[A]
  • ニンジン120g
  • 牛乳80cc
  • サラダ油40g
  • メープルシロップ20g
[B]
  • 薄力粉150g
  • アーモンドプードル25g
  • 砂糖60g
  • シナモンパウダー5g
  • ベーキングパウダー5g
  • クルミ(ロースト)30g
  • レーズン50g
[C]
  • クリームチーズ100g
  • グラニュー糖20g
  • レモン汁5g

【作り方1】

 ニンジンはすりおろします。

クルミは粗く刻みます。

【作り方2】

  • キャロットケーキの工程

    TOKYO GAS

  • キャロットケーキの工程

    TOKYO GAS

  • キャロットケーキの工程

    TOKYO GAS

    Aをボウルに合わせ、泡立て器でよく混ぜます。

    Bをふるい入れ、ダマがなくなるまでダマがなくなるまでゴムベラでさっくりと混ぜます。

    【作り方3】

    2にクルミとレーズンを加え、さっくりと混ぜます。

    【作り方4】

    • キャロットケーキの工程

      TOKYO GAS

    • キャロットケーキの工程

      TOKYO GAS

      オーブンペーパーを敷いたパウンド型に生地を流し、170℃に予熱したオーブンで45~50分焼きます。

      粗熱を取ります。

      【作り方5】

      キャロットケーキ

      TOKYO GAS

      クリームチーズを室温に戻してやわらかく練り、Cの他の材料を加えてフィリングを作ります。

      4の上に塗ります。

      ガスコンロ(グリルを含む)・ガスオーブン使用時のお願い

      おわりに

      デリシア調理イメージ

      今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。
       
      自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
       
      また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
      専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
       
      ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
      (※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

      • このレシピ監修者

        東京ガスコミュニケーションズ株式会社

        東京ガスコミュニケーションズ株式会社

        東京ガスのグループ企業として、「エネルギー」「食」「住」に関するプロモーションを行っています。特に東京ガスの料理教室を長年にわたり運営しており、最近では、食で社会の課題を解決する「SDGs×食」をテーマにしたキュレーションサイト「weeeat!(ウィート)」を立ち上げました。

        もっと見る
      SNSでこの記事をシェア
      FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

      コピーされました

      公開日:2024.2.14

      最終更新日:2024.2.15

      ※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
      本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
      詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

      同じカテゴリのレシピ

      お気に入り追加

      追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。