更新日: 2018年02月20日
24832 view

洗剤使用はNG!?「スキレット」の正しいお手入れ方法

スキレットとは鉄製の厚手のフライパンです。これを使うだけでいつもの料理が格段においしくなる「魔法のフライパン」なんて呼ばれています。でもサビや焦げを防ぐための使い方には注意が必要だとか。今回はスキレットの特徴とお手入れの方法をご紹介します。

【スキレットの手入れの前に】スキレットの良さとは?

Retina pixta 17388892 s
PIXTA
料理で難しいのは火加減ですね。中まで火が通っていなかったり、火が通り過ぎて固くなってしまったりということも起こります。でもスキレットは一度熱すると冷めにくく、料理に最適な温度を保ちやすいようです。

またふたをすれば食材から出た水分やうまみを逃さず、中までジューシーでうまみを凝縮された味わいに。圧力鍋や無水鍋の代わりに使用することもできます。

そのため、焼き物、揚げ物、蒸し料理にオーブン料理と広く活躍してくれます。見た目もシンプルで洗練されたデザインなので、調理後にそのまま食卓に出せるのも魅力ですね。

スキレットは使用前のお手入れ「シーズニング」が大事!

Retina pixta 21212446 s
PIXTA
使い込んで油がなじむとぐっとお手入れが簡単になるスキレット鍋ですが、使い始める前のお手入れは少し手間がかかります。

スキレットは鉄製なので、こびりつきやサビを防ぐためにも油を馴染ませて油の膜を作りさびにくくする「シーズニング」という作業が必要なんです。

【スキレットのお手入れ】「シーズニング」の方法は?

Lodge 06 出典:https://rakuten.co.jp/
(1)サビ止めのワックスを落とす

サビ止めのワックスが塗られているので、洗剤をつけたスポンジでよく洗います。洗ったら水で流し水気を拭き取ります。

(2)鍋を熱し油をなじませる

水分を拭き取ったらすぐ火にかけて空焚きをします。煙が出るまでしっかりと熱します。煙が上がったら火を止めてオリーブオイルなどの酸化しにくい油を塗ります。箸やトングなどを使って油に浸したキッチンペーパーでまんべんなく塗っていきます。鍋の内側だけでなく縁や取っ手にもしっかりと塗ってください。

(3)(2)を繰り返す

油を塗り終わったらスキレット鍋を火にかけ、同じように熱して油を塗ります。この作業を4〜5回繰り返します。

【スキレットのお手入れ】普段のお手入れの方法

Retina imasia 17812587 s
PIXTA
スキレット鍋が熱いうちにすぐに熱めのお湯とスポンジで、洗剤を使わず洗い流します。洗ったら軽く拭いて空焚きし、油を塗って保管してください。

スキレットに洗剤はご法度。せっかく作った油の膜が剥がれてしまいます。また熱いうちに水で洗うと温度差でひび割れしてしまうため、水ではなくお湯を使います。

スキレット鍋をそのまま食卓に出した場合も同様です。鍋が完全に冷めてしまうと汚れがこびりついてしまうので、温かさが残っているうちにお湯とスポンジで洗うとよいでしょう。

おわりに

普段のハンバーグや餃子も格段においしくなると評判のスキレット鍋。フッ素加工のフライパンに慣れていると、お手入れに手間はかかる印象ですね。でも慣れてくると、調理後のお手入れは数分で済むそうです。油がなじんで使いやすくなるほど愛着もわきそうですね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【常温でOK?】にんにくはどう保存する? 賢く使い切るにんにくの保存方法

123058view
2

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

17829view
3

楽しみながら「節約」できる! お風呂グッズ5選

4338view
4

【レシピ】ごま油と生姜で「たたき胡瓜のピリ辛漬け」

4268view
5

他人任せじゃダメ! 家庭での食育教育が必要なワケ

7663view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード