家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2017年10月31日
50489 view

「毛布は掛けるのではなく敷くもの?!」冬の寒さを乗り切る【毛布の使い方】

冷え込むようになると、寝つきが悪くなるという方も多いようです。実は毛布の使い方ひとつで、寝るときの暖かさが大きく変わるそうですよ。今回は、寒い冬を乗り切る毛布の使い方をご紹介します。

【実はNGの毛布の使い方】羽毛布団と体の間にはさむ

Retina pixta 1298895 s
PIXTA
羽毛布団と体の間に毛布をはさんでいる方が多いですよね。
上から見ていくと、「羽毛布団→毛布→体→敷布団」の順。

実はこの毛布の使い方は、毛布の効果を最大限生かす使い方ではないそうです。

羽毛布団は、「体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質」があるそうです。つまり、羽毛布団の保温効果を活用するためには、羽毛布団と体が直接接していることが求められるのです。羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまうことになります。

でも、この効果が期待できるのは羽毛布団の場合のみ。綿やポリエステルの掛布団の場合は、布団と身体の間に毛布を挟む順でも良いそうですよ。

【毛布の使い方1】掛け布団の上からかける

Retina pixta 2367218 s
PIXTA
羽毛布団と毛布を二枚かけて使う場合、どちらを上にかけるとよいのでしょうか?

上から見て「羽毛布団→毛布→体→敷布団」という方が多いようですが、
「毛布→羽毛布団→体→敷布団」の順のほうが、より暖かく寝られるそうです。

この使い方は、羽毛布団によって保温された熱を、外に逃さないようにフタをする役目を毛布が果たします。羽毛布団より毛布の方が外側にあることに違和感を覚えるかもしれませんが、こちらの方が暖かいそうなので、暖かさを求める方はぜひ試してみてくださいね。

【毛布の使い方2】敷布団の上に敷く

最も暖かさを期待できる毛布の使い方は、敷布団の上に敷く方法だそうです。

上から見ると、「掛け布団→体→毛布→敷布団」です。

毛布を下に敷くことで、体から放出される熱を下から受け止めてくれ、下からの保温効果も期待できるそうです。上からは掛け布団が保温してくれるので、体を包み込むように保温してくれそうですね。

【毛布の使い方3】使い方1と2を組み合わせる

Retina pixta 6684574 s
PIXTA
最後にご紹介する方法は、使い方1と2を組み合わせた方法です。

上から見ると、「毛布→掛け布団→体→毛布→敷布団」です。
体の上下で保温し、さらに上から熱が逃げないように毛布でフタをする。

寒さの厳しい時期に活躍する使い方かもしれませんね。

【毛布の使い方の基本】寒さに合わせて毛布を使い分けよう

Retina pixta 24589832 s
PIXTA
毛布の使い方によって暖かさが変わるということが分かりました。これを活用して、寒さに合わせて毛布の使い方を変えて、自分の寝やすい温度にしてみてください。

少し寒くなってきたなと感じてきたら、「使い方1」の方法を使う。気温が下がってきて、使い方1では物足りないという方は、「使い方2」を。寒さが厳しくなってきて、使い方2でも寒さを感じる方は、「使い方3」を、という具合に試してみるのも良いですね。

暖かすぎても寝づらいという方もいらっしゃると思いますので、自分に合った使い方を見つけてくださいね。

おわりに

今回は、冬の寒さを乗り切る毛布の使い方をご紹介しました。どんどん寒さが厳しくなるこれからの季節。夜は暖かく眠りたいですよね。今回ご紹介した毛布の使い方を参考に、心地よく眠れる環境を整えて、元気に冬を乗り切ってくださいね。

参考:オムロン「ねむりラボ」

今人気の『保管付き・宅配「布団」クリーニング』とは?

布団はコインランドリーで洗濯するにも、持ち運びが大変だし、洗うのも乾かすのも時間がかかる・・・とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんね。

東京ガス宅配クリーニング

そんな時は「宅配の布団クリーニング」がおススメです。自宅まで引き取りにきてくれるので、クリーニング店やコインランドリーまで持っていく必要もありません。

東京ガス宅配クリーニング
※画像はイメージです。

掛け布団も敷布団も「まるごと水洗い」+業務用の大型乾燥機で「高温乾燥」で、ダニや汗、皮脂汚れやアレルゲン物質を除菌・消臭してくれます。

特に「カジタク」の「布団クリーニング」は、布団の種類や汚れにあわせて洗浄や乾燥方法を使い分けており、独自の工夫により【ダニ除去率99%、アレルゲン除去率98%】という圧倒的な数字を誇っています。

※公的衛生研究所の調査結果より

東京ガス宅配クリーニング
※画像はイメージです。

また「保管サービス」を利用すれば、クリーニング後、布団に最適な専用保管庫で預かってもらうことができます。

せっかくクリーニングした布団にカビやダニがつく心配もありませんね。自宅の押し入れや収納もスッキリして一石二鳥です。

「冬物の布団の収納場所に困っている!」「布団にカダニやカビが発生するのが心配!」とお悩みの方は「保管付の宅配布団クリーニング」を利用してみるのをおススメします。

東京ガス宅配クリーニング

東京ガスグループからのお申し込みで、イオングループ「カジタク」の「保管付・宅配クリーニング」を衣類から布団までおトクに利用できることご存知ですか?

希望日に集荷に伺いクリーニングをして、ご指定いただいた期間(最長9ヵ月)、温度・湿度管理された保管専用ルームで大切に保管し、ご自宅へお届けします。

Webで簡単にお申し込みもできます。ぜひ<おトク>にお試しください!

※東京ガスグループとは、東京ガス/東京ガスライフバル/エネスタのことを指します。
ご利用条件ほか詳細はこちらをご確認ください

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【たった20分で!? 】実証! あさりの砂抜きを早く行う方法

628684view
2

【お風呂のはなし7話】知っておきたい! 入浴手順のキホン

71905view
3

ちょっとしたおつまみからメインまで!「ワインに合うレシピ」まとめ

5639view
4

【レシピ】なめらかミルクティーの「チャイ風プリン」

348view
5

【おうちで本格イタリアン】料理研究家ベリッシモさんの「伊達男が振る舞うイタリアン」レシピ

4094view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード