家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

106719 view

毛布は敷く? 掛ける? 正しい毛布の使い方を快眠のプロに聞く

冬の寒さから体を守ってくれる毛布。快眠には欠かせない寝具ですが、正しい使い方をご存じでしょうか? 体の下に敷くのか、掛布団の内側に入れるのか、掛布団の外側から掛けるのか、どれが正解なのでしょうか。「毛布の掛け方や素材の使い分け方」を上級睡眠健康指導士の加賀照虎さんに聞きました。

毛布の正しい使い方を知りたい! まず毛布の役割とは?

毛布に触れる
PIXTA

掛布団だけでは何となく寒い、あたたかさが物足りない・・・。そんなときに登場するのが毛布です。

「毛布の基本機能は保温です。リビングやオフィスなどで使われるひざかけなどと同じ役割ですね」と教えてくださったのは、上級睡眠健康指導士※の加賀照虎さん(以下、加賀さん)。

毛布があたたかさを保てる秘密は、ふんわりと起毛した長い「毛」。毛の部分に空気を抱え込むことができるため、毛布と体の間にあたたかい空気の層ができて、体温を逃さずあたたかく感じるのだそうです。

※上級睡眠健康指導士とは?
一般社団法人日本睡眠教育機構が養成し認定する資格。睡眠に関する正しい睡眠知識を一般の社会人に伝え、日本国民の健康増進に貢献することを目的に、医師や研究者など睡眠の専門家によって設立されています。

布団セット
PIXTA

加賀さんによると、毛布は寝具の中で最も小回りの利くアイテム。その日の気温や体感に合わせて、ポイント使いができるフレキシブルさが最大の利点だそうです。

「昔は冬になると、布団と毛布はセットのような間柄でした。でも、住まいの気密性が増し、寝具の進化や多様化が著しい現代では、毛布は必ずしも必要な寝具ではなくなっています」(加賀さん)

その日の気温や体感によって、使う日もあれば使わない日もある。コレ!と決まった形を持たずに自由に使うのが、毛布の基本なのだそうです。

毛布を使って、布団の中を 33℃・50%に近づけよう

寝床内気象の理想
PIXTA

布団の中の温度・湿度のことを「寝床内気象(しんしょうないきしょう)」といいます。

「寝床内が33℃・50%になるのが、快眠のベストな環境といわれています。冬場は風邪をひかないように、とにかくあたたかくしようとしてしまう人も多いのですが、あたたかくするというよりは33℃・50%に近づけるために、毛布を足したり布団の種類を変えたりして寝具を調節していくことが大切ですね」(加賀さん)

人は寒すぎても、あたたかすぎても眠りにくくなるそう。毛布を上手に使って、快眠環境に近づけたいですね。

【毛布の正しい使い方1】掛布団が羽毛布団なら、毛布は敷く

毛布を敷いて寝る
画像提供:快眠タイムズ

掛布団が羽毛布団の場合は、毛布は敷くのが正解、と加賀さん。

「羽毛は毛布よりも保温性が高いため、羽毛布団と体の間に毛布を挟んでも、その分だけ暖かくなる(=保温性が上がる)というわけではないのです」(加賀さん)

ところで、眠るときに感じる寒さはどこからくるのでしょう。掛布団の上からくるもの? 敷布団の下からくるもの?

「羽毛の掛布団を使っているなら、掛布団の上からの寒さはあまりないと考えていいでしょう。マットレスが10㎝以下の薄いものだったり、床の上に敷布団を敷いただけで寝ている場合、底冷え、下からくる冷気の方が断然強いです。ですからこの場合は、敷布団の上に毛布を敷いた方があたたかく眠れます」(加賀さん)

【毛布の正しい使い方2】掛布団が吸湿発熱素材の場合も毛布は敷く

眠る人
PIXTA

近年よく見かける「吸湿発熱素材」の掛布団。汗などの水蒸気を感じて、布団そのものが発熱する新素材です。

「吸湿発熱タイプの掛布団と体の間に毛布を挟んでしまうと、熱を発生させるための水蒸気が毛布に阻まれてしまいます。吸湿発熱素材の良さを生かすなら、毛布は敷いて使いましょう」(加賀さん)

実は加賀さん、吸湿発熱製品には注意喚起もしています。

「人の体温は睡眠前から徐々に下がっていき、睡眠が深まるにつれて最大1.5℃も体温が下がります。これは、脳と体を休息させるため。一晩に200mlの寝汗をかくといわれますが、これは体温を下げるための生理作用です」(加賀さん)

ところが、吸湿発熱素材は水分を感じて発熱します。体は汗をかいて体温を下げようとしているのに、布団が発熱したら、体温を下げようにも下げられなくなってしまいます。その結果、睡眠が浅くなってしまうことも・・・。

「吸湿発熱製品とは上手に付き合わないと、熟睡できなくなることもありますのでご注意を」(加賀さん)

【毛布の正しい使い方3】掛布団が綿布団なら、掛け布団と身体の間に

掛布団と毛布を掛けて寝る
画像提供:快眠タイムズ

掛布団が綿布団の場合は、掛布団と体の間に毛布を入れるのが正解。

「綿の掛布団は吸湿性がありますが、毛布より保温性に欠けることもあります。毛布を体に直接掛けたほうが全体的な保温効果は高まるでしょう」(加賀さん)

それでも寒い場合は、体の下にも毛布を敷くのがおすすめ。

毛布を掛け・敷きのダブルで使ってもまだ寒いときは・・・。布団と毛布の組み合わせを変えるほかありません。

「例えば、薄い綿毛布に化繊布団といった組み合わせでは、そもそもの保温性が十分とはいえません。よりあたたかい毛布や掛布団、分厚いマットレスなどに変えることをおすすめします」(加賀さん)

【毛布の選び方1】素材によって得意分野はさまざま。迷ったら綿毛布を

素材別の毛布の機能

素材別の毛布の機能
※化繊毛布はほとんど吸湿しないため、吸湿性・保湿性ともに「―」としています

uchicoto
コットン
PIXTA

毛布の素材はさまざまありますが、加賀さんのおすすめは綿毛布。

あたたかくなりすぎないため温度調節がしやすく、化繊や羊毛・カシミアの毛布に比べてオールマイティに使えるのがポイントだそうです。

アクリルやポリエステルなどの化繊は、安くてあたたかいのが強みです。

「化繊は熱をたくわえますが、羊毛やカシミアなどの動物性素材のように湿気を吸いません。その結果、あたたかさの初速は速く、触った瞬間のあたたかさは強いのですが、長時間使うと蒸れてしまうのが難点です」(加賀さん)

羊毛やカシミアなどの動物性の素材は、あたたかく吸湿・放湿性にも優れるのが強みです。

「動物性の素材は、保温寝具としての機能はすばらしいのですが、高価で洗濯がしづらいなど、日常使いの点で気になります。綿毛布はオールマイティに使えて、バランスの取れた毛布なんですよ」(加賀さん)

【毛布の選び方2】体の上に掛けるなら薄手、敷くなら厚手を選ぶ

布団セット
PIXTA

「毛布の厚みは用途によって選びましょう」と、加賀さん。

「毛布を敷く場合は、よれたりずれたりするのを防ぐため、厚手のものを選ぶとよいですね。四隅にずれ防止のゴムが入っているものもいいと思います」(加賀さん)

体の上に毛布を掛けるなら、薄手のものがいいそうです。

「毛布を敷かずに掛ける利点は、温度調節がしやすいこと。あたたかくなりすぎたとき、敷いた毛布だと外すのが大変ですが、掛けた毛布ならサッと布団の外に出すだけで調節できます。その際は、取り扱いやすい薄手のものがいいですね」(加賀さん)

加賀さんのおすすめは、布団に入った瞬間の冷たさを防ぐため最初に毛布を使い、布団の中があたたまったら毛布を外して眠ること。快眠のためのワンポイントテクニックだそうです。

【毛布の選び方3】側生地や布団カバーの素材をチェックする

ベッドメイキングをする人
PIXTA

毛布を選ぶ際は、掛布団の中材だけでなく、中材を包む側生地(がわきじ)や布団カバーの素材とのバランスも大事なのだそうです。

例えば、以下のような組み合わせは要注意。

毛布:化学繊維(アクリル、ポリエステル)の毛布
布団の側生地:70%以上がポリエステル
布団カバー:70%以上がポリエステル

「絶対に守ってほしいのが、吸水性・吸湿性のない素材の寝具に挟まれて眠らないことです。吸水性・吸湿性のない素材に挟まれると、蒸れてあたたかさが過剰になりすぎることもあります。もし羽毛布団の側生地にポリエステルが70%以上使われているのなら、敷き毛布には綿や動物性素材など吸湿性・吸水性のある素材を使うようにしましょう」(加賀さん)

【毛布のお手入れ法】綿・化繊はネットに入れて洗濯機で。

洗濯ネットに入れた寝具類
PIXTA

毛布は気軽に洗えるのがいいところ。綿や化繊のものは家庭の洗濯機で洗えるため、シーツ感覚でこまめに洗濯ができます。

「毛布のダニを気にされる方もいますが、そもそも毛布は冬場に使うことが多いため、湿度も気温も低いことから大繁殖のリスクは低めです。また、ダニが住み着いてしまっても、洗濯で50%ほど減らすことができるというデータもあります」(加賀さん)

洗濯をする際は、まず洗濯表示をチェック。洗濯槽の中でからまったりこすれあったりしないよう、畳んで洗濯ネットに入れるのがおすすめです。

生地が衣類よりも分厚いため、洗濯液を生地の内部までしっかりと浸透させることも大事です。洗濯機の「大物洗い」モードなどを利用して、衣類とは分けて洗うとよいようです。

「羊毛やカシミアなどは家庭用の洗濯機で洗うと縮む恐れがあります。クリーニング店でプロに洗ってもらいましょう」(加賀さん)

浴室暖房乾燥機も活用して、大物の毛布を効率よく乾かそう

浴室暖房乾燥機
TOKYOGAS

毛布を洗いたいけど、夜までに乾くかどうか心配・・・という人は、浴室に干すのもオススメです。

日中に人の出入りがない浴室は、大物を干しても邪魔にならず、換気扇もあるため、毛布から蒸散した水分を効率よく室外へ追い出してくれます。さらに浴室暖房乾燥機があれば温風が出て短時間で乾きます。

浴室暖房乾燥機の「乾燥」モードを活用すれば、短時間で効率よく毛布を乾かすことができますね。

おわりに

最近はさまざまな素材の掛布団がありますが、その素材によって毛布は使い分ける必要があります。上でご紹介したように、毛布の正しい使い方をマスターし、快眠環境を整えてくださいね。

お話をうかがったのは

加賀 照虎さん
画像提供:快眠タイムズ

「睡眠の良し悪しは人の行動にも社会にも深い影響を与えている」をモットーに、より良い生活のため、より良い睡眠についての情報発信をマスメディアでも行っている。

加賀さんが運営するメディアはこちら
快眠タイムズ

今人気の『保管付き・宅配「布団」クリーニング』とは?

布団はコインランドリーで洗濯するにも、持ち運びが大変だし、洗うのも乾かすのも時間がかかる・・・とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんね。

東京ガス宅配クリーニング

そんな時は「宅配の布団クリーニング」がおススメです。自宅まで引き取りにきてくれるので、クリーニング店やコインランドリーまで持っていく必要もありません。

東京ガス宅配クリーニング
※画像はイメージです。

掛け布団も敷布団も「まるごと水洗い」+業務用の大型乾燥機で「高温乾燥」で、ダニや汗、皮脂汚れやアレルゲン物質を除菌・消臭してくれます。

特に「カジタク」の「布団クリーニング」は、布団の種類や汚れにあわせて洗浄や乾燥方法を使い分けており、独自の工夫により【ダニ除去率99%、アレルゲン除去率98%】という圧倒的な数字を誇っています。

※公的衛生研究所の調査結果より

東京ガス宅配クリーニング
※画像はイメージです。

また「保管サービス」を利用すれば、クリーニング後、布団に最適な専用保管庫で預かってもらうことができます。

せっかくクリーニングした布団にカビやダニがつく心配もありませんね。自宅の押し入れや収納もスッキリして一石二鳥です。

「冬物の布団の収納場所に困っている!」「布団にカダニやカビが発生するのが心配!」とお悩みの方は「保管付の宅配布団クリーニング」を利用してみるのをおススメします。

東京ガス宅配クリーニング

東京ガスグループからのお申し込みで、イオングループ「カジタク」の「保管付・宅配クリーニング」を衣類から布団までおトクに利用できることご存知ですか?

希望日に集荷に伺いクリーニングをして、ご指定いただいた期間(最長9ヵ月)、温度・湿度管理された保管専用ルームで大切に保管し、ご自宅へお届けします。

Webで簡単にお申し込みもできます。ぜひ<おトク>にお試しください!

※東京ガスグループとは、東京ガス/東京ガスライフバル/エネスタのことを指します。
ご利用条件ほか詳細はこちらをご確認ください

2020年12月17日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

198122view
2

【小麦粉大さじ1って何グラム? 】覚えておきたいグラム変換

933486view
3

ポリエステル生地のメリット・デメリットとは? 素材の洗濯のコツは?

514679view
4

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

578845view
5

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

198292view

おすすめ記事

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

お風呂のカビ掃除はラップでパック! 放置してる間にピカピカに!

【専門家に聞く】介護離職をせず、介護と仕事を上手く両立させるコツとは

何をどのくらい備蓄しておくべき? 防災のプロが教える食料備蓄とは?

高齢者だけじゃない! ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」とは?

おすすめキーワード