家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

217545 view

濃さの違いでない!?【レギュラーコーヒーとインスタントの違い】【ブレンドとアメリカンの違い】は?

普段コーヒーショップなどで何気なく飲んでいるコーヒー。「ブレンド」や「アメリカン」などの種類がありますが、それぞれの違いをご存知ですか?【レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違い】や【ブレンドとアメリカンの違い】について『Okaffe kyoto』のオーナーでカリスマバリスタの岡田 章宏さんに解説していただきました。

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違い

ローストしたコーヒー豆とカップ
PIXTA
コーヒーは挽いた豆で抽出する「レギュラーコーヒー」と粉を溶かして飲む「インスタントコーヒー」がありますね。それぞれどんなコーヒーのことを指すのでしょうか。「レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーの表示に関する公正競争規約」によると、レギュラーコーヒーは以下のように定義されています。

・レギュラーコーヒーの定義:「コーヒーノキの種実を精製したコーヒー生豆(以下「コーヒー生豆」という。)を焙煎したもの(以下「煎り豆」という。)及び煎り豆にコーヒー生豆を加えたもの並びにこれらを挽いたものをいう」

・インスタントコーヒーの定義:「煎り豆又は煎り豆にコーヒー生豆を加えたものから得られる抽出液を乾燥した水溶性の粉状、顆粒状その他の固形状のものをいう」

つまりコーヒー豆でできたものだけを「レギュラーコーヒー」と呼び、それ以外はレギュラーコーヒーとは言わないということです。
インスタントコーヒー
PIXTA
また、レギュラーコーヒーの抽出液を乾燥させて、粉状などにしたものを「インスタントコーヒー」と呼びます。

「レギュラーコーヒー」も「インスタントコーヒー」も和製英語なのだそうですよ。

ブレンドコーヒーはなぜ安い? レギュラーコーヒーの種類とは?

コーヒー
PIXTA
レギュラーコーヒーには、大きく分けてブレンドコーヒーとストレートコーヒーという2種類があります。

ブレンドコーヒー

2種類以上の異なる生産国のコーヒー豆をブレンドしたもの。ブレンド方法は店舗やメーカーにより異なる。

ストレートコーヒー

1種類の生産国のコーヒー豆のみを使っているもの。ストレートコーヒーは豆の個性が出やすく、味の特徴がはっきりと出やすい。
コーヒー豆の主な産地
PIXTA

なぜコーヒー豆をブレンドするの?

コーヒー
PIXTA
コーヒー豆には、産地や品種などたくさんの種類があります。原料の豆によって味は異なり、焙煎具合によって香りや深みなども変わります。複数の豆をブレンドすることで、味わいや風味を良くしたり、味を安定される効果があるそうです。

ちなみに、「ブルーマウンテンブレンド」や「モカブレンド」のように特定の銘柄の名前がついたブレンドコーヒーは、その銘柄の豆を30%以上含んでいるブレンドという意味だそうです。

ブレンド方法は店舗やメーカーにより異なり、ブレンドした人の好みが出るため、その店の個性がわかると言えそうですね。

ブレンドコーヒーが安い理由とは?

喫茶店などではブレンドコーヒーが一番安いことも多いですよね。これは、看板商品のブレンドコーヒー用の豆を多めに仕入れる店が多く、そのために安く提供できるのだとか。安いコーヒーの名称が、ブレンドコーヒーというわけではないのです。

アメリカンコーヒーとは? ブレンドコーヒーとの違いは?

コーヒーをローストする様子
PIXTA
アメリカンコーヒーは、一般的には「普通のコーヒーより、薄いコーヒー」と認識されている事が多く、コーヒーショップでは「比較的浅めに焙煎したコーヒー」を指す事が多いようです。比較的苦味が少なく、さっぱりとした味わいを楽しむ事ができます。

また、お店によっては「通常のコーヒーにお湯を入れて薄めたコーヒー」を提供するところもあるとか。
名前の由来は、アメリカ人の習慣からきているようです。

・たっぷりのお湯を使って淹れる、もしくは後からお湯で割る
・昔コーヒーは高価であったので、量を増やすため
・アメリカではコーヒーを沢山飲むため、薄いコーヒーが好まれた
・当時、アメリカで使用されていた「パーコレーター」というコーヒー器具が粗挽きであったために、浅く焙煎されたものが好まれた

など諸説ありますが、正確にどういった由来で名前がつけられたのかは明らかではないそうです。

ちなみに「アメリカンコーヒー」も和製英語のため、日本以外では通じません。アメリカでは「weak coffee」や「light coffee」を注文すると、近い味が出てくるそうです。

アメリカンコーヒー、ロースト方法や豆は決まっているの?

2種類のコーヒー豆
PIXTA
コーヒー豆は、焙煎の度合や製法によって酸味や苦みが変わってきます。

ロースト方法には様々な種類があり、焙煎度合が浅いものから、ライトロースト・シナモンロースト・ミディアムロースト・ハイロースト・シティロースト・フルシティロースト・フレンチロースト・イタリアンローストと8段階に分かれています。

アメリカンコーヒーは焙煎度が低いライトロースト・シナモンローストやミディアムローストあたりの豆を使うのが一般的なようです。コーヒー豆種の指定はありません。

一般的に火を深く入れている深煎りほど色が黒っぽく苦味が強くなり、火を浅く入れている浅煎りほど色味が薄く酸味が強くなります。

おわりに

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違い、ブレンドコーヒーやアメリカンコーヒーの違いをご紹介しました。違いを知ると、自分で淹れる際も、お店で注文する際も、選ぶのが楽しくなりそうですね。ぜひ参考にしてみてください。

プロフィール紹介

岡田 章宏氏
Okaffe kyoto
岡田 章宏/『Okaffe kyoto』オーナーバリスタ
「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2008-2009」優勝など数々の実績の持ち主。カウンターでのホスピタリティあふれる接客に人気が高く、“バリスタ界のエンターテイナー”として、国内外から注目を集める。2016年11月に京都四条烏丸に珈琲専門店「Okaffe kyoto」、2019年7月に焙煎所カフェ「Okaffe kyoto 嵐山」をオープン。カウンターでの接客の傍、テレビ出演や学校での公演、イベント、セミナーなどで珈琲文化を発信し続ける。

おうちコーヒーで豊かな時間

東京ガスのWebショップ
TOKYOGAS
東京ガスのWebショップでも、おうちコーヒーを少し豊かにするグッズを取り扱っています。一度のぞいてみてはいかがでしょうか?

2021年01月07日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

183650view
2

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

194934view
3

【メーカーに聞く】パン粉は常温保存でいいの? 生パン粉・乾燥パン粉の違いとは?

198064view
4

キッチン下に置くのはNG!? 賞味期限は? 季節で変わる【お米の保存期間】と【保存方法】

123544view
5

散らかった玄関をすっきりキレイに! 収納王子に学ぶ玄関収納のコツ

12691view

おすすめ記事

子どものスマホ利用のトラブル、どう防ぐ? プロに聞く制限方法と対策とは?

品種ごとの特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう

リフォーム検討中の方必見! 我が家にピッタリの床暖房を見つけよう

冷蔵庫保存はNG! 美味しい『さつまいも』の見分け方と正しい保存方法

テレワークの運動不足解消に! 自宅でできるリフレッシュ方法

おすすめキーワード