家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

102462 view

牛乳、加工乳、乳飲料、どう選ぶ? ミルクの種類と選び方とは?

成分無調整牛乳、乳低脂肪牛乳、乳飲料など、牛乳類の種類って色々ありますよね。どれを買おうか迷ってしまった経験がある方もいるのでは? 牛乳を選ぶ時は何をチェックしたらいいのでしょうか? 【牛乳などの違いと選び方】をご紹介します。

【牛乳などの違いと選び方1】純粋な牛乳か否か

ビン牛乳を持つ人
PIXTA
牛乳の種類(牛乳類)は大きく3つに分けられます。

1, 牛乳

生乳(牛から搾ったままの乳)のみを原料とし、加熱殺菌したもの。
成分無調整の牛乳・成分調整牛乳・低脂肪牛乳・無脂肪牛乳・特別牛乳の5種類があります。

2, 加工乳

生乳にバターや脱脂粉乳など他の乳製品を加えて、成分を調整したもの。
乳成分を濃くした「濃厚タイプ」や、脂肪分を減らした「低脂肪タイプ」などがあります。

3, 乳飲料

生乳に乳製品以外の原料を加えたもの。乳飲料には、イチゴ味やコーヒー味にした「嗜好飲料タイプ」や、ビタミンや鉄分などを加えた「栄養強化タイプ」などがあります。


純粋な牛乳を飲みたいときは、種類別「牛乳」を選びましょう。牛乳の中でも、成分無調整の「牛乳」や「特別牛乳」が生乳に近いと言えます。

5種類の牛乳の違いとは?

牛乳
PIXTA
牛乳は、生乳100%を原料とし、水や他の原料を加えたりできません。5つの種類があり、以下のような違いがあります。

1. 成分無調整の牛乳

生乳を加熱殺菌だけしたもの。成分の調整は一切しません。

【成分規格】
無脂乳固形分(※):8.0%以上
乳脂肪分:3.0%以上

※無脂乳固形分とは、脂肪分以外の成分のことで、牛乳に含まれるたんぱく質・炭水化物・ミネラル・ビタミン類などです。

2. 成分調整牛乳

水分・乳脂肪分・無脂乳固形分など、一部の成分を除去するなどして、成分を調整しています。

【成分規格】
無脂乳固形分:8.0%以上

3. 低脂肪牛乳

生乳から乳脂肪分の一部を減らしたもの。成分調整牛乳の1種です。

【成分規格】
無脂乳固形分:8.0%以上
乳脂肪分:0.5%以上~1.5%以下

4. 無脂肪牛乳

無脂肪牛乳
低脂肪牛乳よりさらに乳脂肪分を取り除き、乳脂肪分を0.5%未満にした牛乳で、成分調整牛乳の1種です。

【成分規格】
無脂乳固形分:8.0%以上
乳脂肪分:0.5%未満

5. 特別牛乳

各地域の保健所で「特別牛乳さく取処理業」の許可を受けた施設で搾った生乳を処理したもの。全国数ヶ所の施設がこの許可を受けています。
生乳を搾取してから、殺菌しないか、又は低温殺菌をして、厚生労働省令で定める品質規格になるよう作られています。

【成分規格】
無脂乳固形分:8.5%以上
乳脂肪分:3.3%以上

一口に「牛乳」と言っても、さまざまな違いがあるんですね。更に、同じメーカーでもブランドや商品によって、殺菌方法や加工方法などにも差がありますよ。

【牛乳などの違いと選び方2】成分で選ぶ

牛乳を観察する
PIXTA
牛乳、加工乳、乳飲料などは、成分から選ぶこともできます。

牛乳以外の原料が含まれているか

牛乳そのものには、人間の体に必要な栄養素が含まれています。特に、牛乳に含まれているカルシウムとたんぱく質は、体に吸収されやすい良質な乳成分です。

牛乳を飲んで、生乳が本来持っている栄養素以外の成分を取り入れたいなら、「栄養強化タイプ」の「乳飲料」を選びましょう。
「栄養強化タイプ」の中には、ビタミンや鉄分などの栄養素を加えているものがありますよ。

乳糖が含まれているか

牛乳を飲むとお腹が痛くなったり、違和感を感じる人は、乳糖(※)を分解する酵素(ラクターゼ)の働きが弱い「乳糖不耐」体質の可能性があります。

※乳糖は牛乳に含まれる炭水化物のこと。牛乳の味の甘み要素であり、カルシウムや鉄分の吸収を助け、腸内で善玉菌のエサにもなります。

そのような体質の方向けに、乳糖を分解したり、乳糖をカットした乳飲料が市販されています。

【牛乳などの違いと選び方3】好みの味わいを探す

イチゴミルク
PIXTA

乳製品独特のコクのある味わいが好きな方

牛乳
PIXTA
脂肪の含有量が多いほど、コクのある味わいになります。牛乳らしいまろやかで濃厚な味わいものがお好みの方は、低脂肪牛乳よりも、成分無調整牛乳や脂肪分を多めに配合された加工乳、乳飲料を選ぶと良いですよ。

カロリーを控えめにしたい方

脂肪の含有量が少ない低脂肪牛乳や無脂肪牛乳、低脂肪タイプの加工乳や乳飲料を選ぶと良いですよ。

フレーバー付きの乳飲料が好きな方

プレーンな牛乳の味にアクセントがほしい時は「嗜好飲料タイプ」の乳飲料がオススメです。フルーツ味やチョコレート味など、様々な味の種類があります。その日の気分や好みに応じて選んでみるのも楽しいですよ。

ちなみに一般的に口にする「コーヒー牛乳」や「イチゴ牛乳」。正式な名称をご存知ですか?
「牛乳」と表記するためには、生乳以外の原料を加えてはいけません。なので、これらは「牛乳」と呼べず、法律上は「乳飲料」として販売しています。

【牛乳などの違いと選び方4】保存期間で選ぶ

牛乳の賞味期限ラベル
PIXTA
牛乳といえば、「冷蔵保存」「賞味期限が短い」というイメージがありませんか?

LL牛乳(ロングライフミルク)と呼ばれる種類の牛乳は、常温保存が可能。一般的な牛乳よりも賞味期限が長いのが特徴です。中には賞味期限まで約3ヶ月の牛乳もありますよ。
ただし、一度開封した場合は10℃以下で保存し、賞味期限に関わらず早めに消費することが推奨されています。

おわりに

牛乳などの違いと選び方をご紹介しました。これらの項目を参考に、自分に合った牛乳、加工乳、乳飲料を選んでくださいね。

また、同じカテゴリの商品でも、ブランドごとの味に違いがあります。飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。

取材協力:雪印メグミルク株式会社
参考: 雪印メグミルク株式会社「ミルクアカデミー」

あわせて読みたい

「牛乳」と「豆乳」ってどっちがいいの? 栄養価の比較&代用時の注意点

豆乳
PIXTA

2020年07月31日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

758191view
2

魚焼きだけじゃもったいない! 魚焼きグリル活用術9選

429905view
3

【色が違うだけなの? 】ピーマンとパプリカの違いについて

389089view
4

【教育研究家に聞く】子どもを早く寝かせたい! 早寝をさせる7つのコツ

190766view
5

つけ置きでピカピカに!「プロが教えるキッチンの簡単掃除テクニック」

47635view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード