更新日: 2018年07月24日
1081 view

【レシピ】ふっくら油揚げにゴマの酢飯の「プチいなり」

ふっくらと煮た油揚げに、ゴマたっぷりの酢飯を詰めたお寿司です。手作りの美味しさを味わいましょう。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。「子ども料理教室」で人気の高かったキッズメニューの作り方・コツをご紹介します。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

Retina foodpic7472132

「プチいなり」の材料(6人分)

油揚げ・・・6枚

[A]
 だし汁・・・300ml
 砂糖・・・70g
 醤油・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ1

米 1と1/2合
水 300ml

[合わせ酢]
 米酢・・・40ml
 砂糖・・・大さじ1と1/3
 塩・・・小さじ1/3

炒りゴマ(白)・・・大さじ1

【準備】

・油揚げは菜箸などをあてて数回ころがします。長い辺を半分に切り、切り口から少しずつ開いて袋状にします。

・合わせ酢はよく混ぜて溶かします。

【作り方1】

鍋に湯を沸かし(強火)、油揚げを入れて落としぶたをします。

コンロ調理タイマーを5分に設定して茹でて、油抜きをします(中火)。

ザルにあげて水気を絞ります。

【作り方2】

鍋にAを合わせ、1を入れて落しぶたをします。

コンロ調理タイマーを15分に設定して煮て(強火~中火)、そのまま煮汁ごと冷まします。

【作り方3】

米は洗ってザルにあげ、専用炊飯鍋に入れます。

分量の水に30分以上つけて自動炊飯機能で炊きます。

炊き上がったら合わせ酢を回しかけ、切るように混ぜます。

炒りゴマを混ぜ、12等分にして軽くにぎります。

【作り方4】

2を軽く絞り、3を詰めて形を整えます。

閉じ目を下にして器に盛りつけます。

「プチいなり」のコツ・ポイント

・煮含めた油揚げは煮汁を絞りきるのではなく、少し残した仕上がりにしてすし飯を詰めるとよいでしょう。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)で自動で簡単にご飯が炊けること、ご存知でしたか?


ガスコンロの「自動炊飯」機能は、ボタン1つで火加減の調節から消火まで全て自動で「かまど炊きのようなご飯」を炊きあげます。

1合から美味しく炊けて、しかも炊飯時間は3合で約20分程度!(蒸らし時間は除く)

「自動炊飯」機能では、ご家庭にある蓋付きで深めの金属製のお鍋(アルミ、ステンレス、ホーロー製など)で簡単にご飯を炊くことができます。

水位目盛りが付いた水加減が簡単な自動炊飯専用鍋などもあります。
土鍋など一部「自動炊飯」機能に対応していない鍋があります。詳しくはコンロの取扱説明書をご確認ください。


その他にも、自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能。

魚だけでなく肉や野菜料理、手軽にオーブン料理も楽しめる「グリル」など、調理をサポートする機能がいっぱい!


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱいあるので、「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
なぜ美味しい鍋でのご飯の炊き方
東京ガスのレシピTOP

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【レシピ】ごま油と生姜で「たたき胡瓜のピリ辛漬け」

4034view
2

【常温でOK?】にんにくはどう保存する? 賢く使い切るにんにくの保存方法

122463view
3

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

17431view
4

【コンロのプロが教える掃除術】キッチンコンロの五徳(ゴトク)の簡単なお手入れ方法

164795view
5

楽しみながら「節約」できる! お風呂グッズ5選

4036view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード