家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

3143 view

「エアコンの臭いが気になる! 」フィルター掃除で十分!? 効果的なお手入れとは?

夏や冬に大活躍の「エアコン」。「久々に運転したら何だか嫌な臭いがする・・・」とお悩みの方も多いのでは。エアコンは、実は臭いが発生しやすいんです。嫌な臭いの原因は何? 臭いを取り除く掃除方法は? 予防するには? 【エアコンの臭い】の原因と対策についてご紹介します。

エアコンから嫌な臭い! 原因はなに?

エアコンの臭いの原因は、大きく2つ。1つ目は食べ物やタバコ、ペットなどの室内の臭い、2つ目がエアコン内部のカビです。
PIXTA
なぜ食べ物やタバコ、ペットなど室内の臭いがエアコンから出てくるのでしょうか?

エアコンは、室内の空気を吸い込んで、冷やしたり、温めて送風口から出す仕組みです。そのため、嫌な臭いの原因物質も一緒に吸い込んでしまっているんです。

大抵の臭いは換気してエアコンを回しておけば、徐々に消えていきますが、エアコン内部に臭いの原因物質が付着してしまっている場合には、臭いが出続けてしまうことも。
PIXTA
また、原因がエアコン内部のカビの場合、熱交換器(アルミフィン)やフィルターに付着したカビの胞子が送風口から吹き出されます。その際、カビ特有の臭いが部屋に広がってしまうのです。

エアコン、なぜカビが発生しやすい?

エアコンがカビやすいのは、エアコンが部屋を冷やす過程で湿気が生じやすいため。

エアコンの冷房や除湿は、室内の高温で湿った空気を吸い込み、エアコン内部の熱交換器で熱を奪い、冷えた空気を室内に送り出す仕組みです。熱交換器は空気中の熱を奪う際に結露します。

またカビは20~35度の温度で繁殖しやすく、ホコリなどを栄養源にします。温かい室温、結露による水分とホコリなどの栄養源など、エアコンはカビの生えやすい環境が整ってしまうんです。

そのため、カビが発生するタイミングは、冬の暖房より夏の冷房の使用時が圧倒的に多いそうですよ。

【エアコンの臭い対策1】洗浄スプレーを使う

PIXTA
お手入れに便利な印象の「エアコン洗浄スプレー」。エアコンのカバーを開け、熱交換器にかけるだけなので、手軽にお手入れできます。

洗浄スプレーは、自分でお手入れするには便利ですが、注意点もあります。

・ビニールカバーなどで電子部品部分をしっかりと養生すること。エアコン内部の電子部品に薬剤がかかると、故障の原因となります。

・洗浄スプレーで汚れを落とせる範囲は限られています。
kajitaku
多くの場合、スプレーで洗浄できる範囲は「熱交換器」の表面。さらに奥にある「送風ファン」などは、スプレーの洗浄液が届きません。つまりスプレーをかけるだけでは、エアコンの汚れ全体を取ることは難しいんですね。

洗浄スプレーで臭いが取れない場合、表面から見えない内部にカビがびっしりと生えている可能性も・・・。

【エアコンの臭い対策2】ハウスクリーニングで内部洗浄する

kajitaku
プロのハウスクリーニングでは、エアコンを分解して、フィルターや部品を丸洗いします。分解し、洗浄液を使って洗うことで、それぞれのパーツの表面を拭くだけでは落ちない汚れもすっきりと落とすことができます。

また、エアコン内部は高圧洗浄機を使って水を噴射し、水の圧力で奥の汚れまでかき出します。洗浄スプレーを噴射するだけでは落とすことができない「熱交換器の奥にある送風ファン」などの汚れまでピカピカになりますよ。

なお、ご自身でエアコンを分解して洗浄したいと思うかもしれませんが、エアコンの構造は複雑なため、専門の知識が必要となります。誤って触ってしまい故障してしまうことも。また、細かいパーツも多いので、分解はできても戻すのは大変です。プロにお任せするのがおすすめですよ。

エアコンの「自動お掃除機能」は有効?

最新のエアコンの「自動お掃除機能」を使えば、内部クリーニングは不要だとお考えの方もいるかもしれません。

しかし、この機能でお手入れできるのは、前面の「フィルター」と呼ばれる部分だけなんです。

もちろんフィルターをお手入れすることは、カビやホコリの蓄積の防止につながります。ただエアコン内部をキレイにしてくれる訳ではないんです。定期的にエアコン内部を掃除することはやはり必要なんですね。

【カビの予防法1】エアコンの「フィルター」を掃除する

PIXTA
臭いを防ぐには、エアコン内部のカビを極力除去する必要があります。ただ防止策として、フィルターを掃除するのも有効。汚れを放っておくと目詰まりして通気性が悪くなり、湿気がエアコン内部にたまりやすくなります。週に1度くらいの頻度でお手入れしましょう。

掃除には、以下のものを準備してください。

・雑巾
・掃除機
・家庭用洗剤
・古い歯ブラシ

1. エアコン外部を拭き、フィルターのホコリを吸い取る

まず固く絞った雑巾で、エアコンの外部を拭きます。次にコンセントを抜いた上でフィルターを外し、床に敷いた新聞紙の上に置きましょう。掃除機でカビの原因となるホコリや汚れを吸い取ってください。

掃除のコツは、フィルターの表側を上にして置くこと。ホコリは主に表側に付いているので、掃除機で吸い取りやすいんです。

2. フィルターの目の細かい汚れを落とす

古い歯ブラシを使い、お風呂場などでフィルターの細かい汚れを落とします。家庭用洗剤を付けて、傷を付けないようにやさしく擦りましょう。裏側からシャワーを当てるのも、汚れ落としに効果的です。その後はキレイに水洗いしましょう。

3. 干してしっかりと乾燥させる

洗ったフィルターは、陰干ししてしっかり乾燥させましょう。濡れたまま装着すると、カビが発生しやすくなるだけでなく、故障の原因になります。

【カビの予防法2】エアコンの「送風運転」モードを使う

PIXTA
カビを防ぐには、エアコン内部をできるだけ乾燥させるのがカギ。

エアコン内部を乾燥させ、カビや臭いの発生を抑える「内部クリーン機能」がある機種は設定をONにしておきましょう。

「内部クリーン機能」のない機種の場合、冷房や除湿機能を使ったら、3時間ほど送風運転(または暖房運転を1時間ほど)をしてください。

エアコンを使わない時期でも、月に1回ほど送風運転をするとカビ防止になりますよ。

またホコリはカビの栄養源。溜まらないよう、エアコンの吹き出し口なども柔らかい雑巾で拭くようにしてください。その後はキチンと乾拭きしてくださいね。

プロは内部を「徹底洗浄」! コストカットや冷却効果UPまで!?

普段からフィルター掃除や送風運転をしていても、湿気が生じる以上カビを完全に防ぐのは困難です。臭いをキチンと除去するには、やはりエアコン内部のお手入れが必須になります。
PIXTA
特にフィルター奥の「熱交換器」は、結露による湿気とフィルターをすり抜けてきたホコリにより、カビが繁殖しやすい環境。油汚れや花粉もたくさん蓄積していた・・・ということもあるのだとか。

カビの繁殖や汚れの蓄積を防ぐには、定期的に専門業者にクリーニングをお願いするのがオススメです。

専門のトレーニングを受けたスタッフが、フィルターやカバーはもちろんフィルターの奥にある熱交換器やファンについたカビ等の汚れも、専用の洗剤と高圧洗浄機を使って徹底的に洗浄してくれますよ!


定期的にエアコンクリーニングを行うと、カビや汚れが落ちるだけではなく、消費電力を削減できて電気代が安くなるという嬉しいメリットも。フィルターや内部に汚れが溜まっていると送風の効率が下がりますが、掃除することで効率が改善し、結果的にエアコンの効きが良くなるそうです!
東京ガスハウスクリーニング

東京ガスグループ※1からのお申し込みで、プロのハウスクリーニング、イオングループの「カジタク」をおトクに利用できます!

ご自宅向けにはもちろん、ご両親へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。

Webからのご利用方法は「いつでも使えるパッケージを購入する」「サービスを申込む」の2通り。ぜひ<おトク>にお試しください!

※1 東京ガスグループとは、東京ガス/東京ガスライフバル/エネスタのことを指します。
ご利用条件等は:こちらをご確認ください
※2 有効期限はご購入から半年間(6ヶ月)です。

おわりに

快適に過ごすのに大活躍の「エアコン」。臭いを気にせず、清潔に使いたいもの。ぜひ参考にしてみてください。

2019年06月17日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

自宅に欲しい!【ミストサウナ】の効果5つとおすすめの入り方

131347view
2

【七夕の由来】「たなばた」と呼ぶ理由は? なぜ短冊や笹で願いごとをする?

48707view
3

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

478767view
4

片づけは楽しみながらがコジマジック流! -「収育」のすすめ-

27262view
5

賢く使い分け!【鶏ムネ肉vs鶏モモ肉】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

351972view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード