家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

594 view

【防災レシピ】「おからとコーン入りつくねのポン酢あん」

缶詰のコーンの食感が楽しいつくねに、乾燥おからパウダーを入れました。不足しがちな食物繊維がたっぷり摂れ、ほのかなお豆の風味も味わえます。フライパン1つで、さっぱりしたポン酢あんのからんだご飯の進む料理が仕上がります。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス 食情報センター】

おからとコーン入りつくねのポン酢あん

「おからとコーン入りつくねのポン酢あん」の材料(4人分)

[A]
 鶏ひき肉・・・300g
 卵・・・1コ
 水・・・大さじ3
 おからパウダー・・・30g
 酒・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/3

ホールコーン(缶)・・・60g
サラダ油・・・大さじ1

[ポン酢あん]
 ポン酢醤油・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ2
 水・・・大さじ2
 片栗粉・・・小さじ1

サラダ菜・・・8枚

【作り方1】

材料を練り混ぜる
ホールコーンを加えて混ぜる
ボウルにAを入れ、練り混ぜます。

ホールコーンも加えて混ぜ、12等分にして丸く形を整えます。

【作り方2】

つくねを焼く
フライパンにサラダ油を入れ、1を並べてふたをして焼きます(中火弱)。

表面に焼き色がついたら返し、火が通ったら取り出します。

【作り方3】

ポン酢あんをつくる
ポン酢あんを作ります。

フライパンの油を拭き取り、調味料を入れて混ぜながらとろみをつけます(中火弱)。

【作り方4】

ポン酢あんをからめる
2を戻し入れて全体にからめます。

器にサラダ菜と共に盛ります。

「おからとコーン入りつくねのポン酢あん」のコツ・ポイント

・つくねの大きさは約5cmです。焼き時間の目安は6分です。

・温度調節機能付きコンロの場合は160℃に設定すると、火加減の調節不要で上手に焼けて便利です。
ガスコンロ・ガスオーブン使用時のお願い
東京ガスのレシピTOP

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。

温度調節機能
「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく!

また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。

調理サポート機能
その他にも、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。
お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!

グリル活用例
また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。

ガスコンロ&グリル
「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

2020年09月13日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

971378view
2

「どっちが表? 裏?」アルミホイルの知らないと損する【役立つ&意外な活用術】10選

734189view
3

【教育研究家に聞く】イヤイヤ期の男の子、どう対応する? パターン別対処法

607348view
4

【プロが教える】レンジフードの分解掃除、自分でどこまでできる?

106925view
5

洗剤のつけおきでトイレの臭いも汚れもごっそり落ちる! プロが教える「正しい掃除方法」

330758view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード