家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2018年08月01日
4116 view

【夏こそ節電! 】テレビ・冷蔵庫・エアコンの『節電方法』3選

暑い夏、長期休みの夏、室内で過ごす時間が増える夏だからこそ節電を気にしたいですよね。今回は、夏だからこそ節電したい3つの電化製品の節電方法をご紹介します。

1. テレビのだらだら見を控える

Retina pixta 16215290 s
PIXTA
暑くてついつい室内でテレビをぼーっと見がちであったり、見てないのにつけっぱなしであったりしませんか?

1日1時間のだらだら見をなくして、ちょっとした運動や読書などに当ててみてはいかがでしょうか。

節約額としては年間約450円※ほどですが、それ以上に得られるものは大きいかもしれませんね。
1日1時間テレビ(32V 型)を見る時間を減らした場合

2. 冷蔵庫にものを詰め込みすぎない

Retina pixta 18815391 s
PIXTA
冷蔵庫のまわり(上、横、裏)が壁に囲まれていると、冷蔵庫自体が放熱しにくくなり余分な電気を使ってしまうので、壁などと適度なすき間をあけましょう。 設置に対する放熱スペースは、冷蔵庫によって異なります。各メーカーのカタログ等をご確認ください。

また、ついついものを詰め込みすぎてしまう冷蔵庫。庫内を整理し、冷えた空気の通り道をつくると、使用する電力を減らすことができます。

冷蔵庫の上と両側が壁に接している場合に比べ、片側が壁に接している場合は、年間1,220円の節約に。また、詰め込んだ場合に比べ、半分にした場合は、年間1,180円の節約になります。※

3. エアコンの設定温度を28℃程度にする

Retina pixta 2952524 s
PIXTA
夏に電力を使うといえばエアコンですよね。熱中症対策にもなるので、無理して使用しないというのは危険です。たくさん使うからこそ、少しでも節電できれば嬉しいですよね。

エアコンの設定温度を27℃から28℃に設定(外気温31℃、エアコン(2.2KW)、使用時間9時間/日))するだけで、年間約820円の節約になります※。扇風機の併用はもちろん、うちわや氷等も活用して、冷房だけに頼らない涼の取り方も実践してみましょう。

身体を冷やしすぎると夏バテの原因や朝の身体のだるさにつながることもあるので、冷やしすぎには気を付けて、元気に夏を乗り切りましょう。


※出典:経済産業省 資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド」2017年8月発行
次の記事もぜひ参考にしてください。

電気会社を変えるとさらにお安くなるかも!?

denki
2016年4月から、電力小売全面自由化が始まっているのをご存知ですか?
電力会社を見直すだけで、簡単に節約になるかも!
東京ガスの電気

まだ電気を切り替えていない方は、ぜひ多くの人に選ばれている「東京ガスの電気」に!

毎月のガスや電気料金のお支払いに応じてたまる「パッチョポイント」や「充実のサービス」もついてきます。適用条件や詳細はこちら

パッチョポイント

東京ガスの「電気」を選んだ場合には電気料金がどれだけ安くなるのか、まずは「電気料金シミュレーション」でチェックしてみてください。

お申し込みも簡単♪Webで24時間受け付けています。

東京ガスの料金シミュレーション

おわりに

ちょっとした工夫で、目に見える数字として結果が出てくると嬉しいですよね。ご紹介した手軽にできる節電方法をぜひ実践してみてくださいね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

256730view
2

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

207422view
3

みんなの洗濯頻度とは? 毎日派と2日に1回派のそれぞれのメリットは?

4446view
4

【焼き魚のコツ】を掴んであなたも今日から「焼き魚マスター」に!

79430view
5

【教育研究家に聞く】マタニティマークの配布はどこで? もらえる場所と種類

19107view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード