家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

27761 view

カビに注意! ご飯がくっつかない「しゃもじの使い方と正しいお手入れ方法」

ご飯をよそう時に使うしゃもじ。木製やプラスチック、シリコンなどさまざまな種類がありますね。しゃもじにご飯がこびりついてしまい、とれなくて困ったことはありませんか? 正しくお手入れしないと、しゃもじが傷ついたり、カビや雑菌が繁殖することもあるそう。毎日使う道具なので、ちゃんとお手入れしたいですよね。【しゃもじのお手入れ&くっつかない使い方】についてご紹介します。

しゃもじのお手入れとくっつかない使い方を種類別に知ろう!

キッチンで考える女性
PIXTA
しゃもじのお手入れ&くっつかない使い方を素材別に確認しておきましょう。
しゃもじにはさまざまな素材がありますが、今回は以下の3つの素材についてご紹介します。

1. 木製、竹製
2. プラスチック
3. シリコン

それぞれの素材の特徴をふまえたお手入れ方法と、ご飯がくっつかない使い方をご紹介します。では、早速見てみましょう。

しゃもじのお手入れ&使い方【木製・竹製】

木製のしゃもじ
PIXTA
握った感触が柔らかい「木製」や「竹製」のしゃもじ。食卓にそのまま置いても温かみがありますね。お手入れの際、どんなことに気をつけるべきなんでしょうか?

お手入れ

木製・竹製のしゃもじで一番気をつけたいのが「カビ」。カビさせないためには、きれいに洗って乾かすことが大切です。

使用後は速やかに洗い、水気を拭き取って風通しの良い場所で完全に乾かしましょう。強くこすると傷が付く場合があるので、優しく洗います。
食洗機などでの急激な乾燥は、変形や割れの原因になるので避けましょう。

また、ご飯をよそった後、米粒がしゃもじにこびりついて乾燥してしまうと、なかなか取れず水に浸してふやかしてから洗いますよね。でも、長時間浸しすぎるとカビの原因になることがあります。できれば、米粒が乾燥してこびりつく前に、すみやかに洗っておきましょう。

ご飯がくっつかない使い方

木製・竹製のしゃもじはまず水に浸し、木に水分を吸収させることでご飯がくっつきにくくなります。また、ご飯以外の用途で使う際も、このひと手間で色移りや臭い移りしにくくなるので、使う前に一度水に浸す習慣にしておくと良いですね。

しゃもじのお手入れ&使い方【プラスチック製】

プラスチック製のしゃもじ
PIXTA
プラスチック製のしゃもじには、エンボス加工や抗菌加工が施されているものなど、さまざまな種類があります。お手入れと使い方には、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

お手入れ

プラスチック製で一番気をつけたいのは、傷がつくことです。
傷がつくと、そこに雑菌が繁殖する恐れがあります。木製のしゃもじはヤスリをかけて傷を修復することが可能ですが、プラスチック製は一旦傷がつくと修復することが難しいのです。やわらかいスポンジで優しく洗うことを心がけ、たわしなどの使用は避けましょう。

ご飯がくっつかない使い方

プラスチック製のしゃもじも、まず水をつけて使用することがポイントです。
付着物があったり、表面の傷が増えるとごはんがくっつきやすくなるので、優しく洗いましょう。汚れが酷い時はキッチン用の漂白剤に1時間ほど浸け置きし、その後洗い流すと良いようです。

しゃもじのお手入れ&使い方【シリコン製】

シリコン製のしゃもじ
デザインが豊富で、カラフルな色が多いシリコン製のしゃもじ。炒め物用のヘラと兼用して使えるようなしゃもじもありますね。鍋やフライパンを傷つけにくいのも魅力のひとつです。
お手入れはどんなことに気をつけるのが良いのでしょうか?

お手入れ

やわらかいスポンジで優しく洗いましょう。その後水気を拭き取り、乾燥させて保管します。シリコン素材も傷がつきやすいので、鋭利なものがひっかかったりしないように気をつけましょう。

比較的熱に強い製品が多いようですが、変形の原因になることもあるので、製品の耐熱温度以上になる場所(例えばオーブンのそばなど)での保管や放置に気をつけましょう。

ご飯がくっつかない使い方

木製やプラスチック製同様、使用前に水につけることがポイントです。こびりつきが生じたら、しばらく水につけ置きしてから洗いましょう。

しゃもじを使う時に気をつけたいこと

ごはんとしゃもじ
PIXTA
炊飯器や鍋にしゃもじを入れたままにしてしまうことはありませんか? ちょっとだけのつもりが、うっかり入れたままにしてしまったり。

炊飯器や鍋などに入れたままにすると、しゃもじの素材の匂いがお米に移ってしまうことがあります。しゃもじを入れっぱなしにすることは避け、使用後はその都度洗うようにしましょう。

おわりに

いかがでしたが?
しゃもじのお手入れとご飯がくっつかいな使い方は、素材ごとにポイントがありました。
共通して言えるのは、「使用前は水に浸ける」「炊飯器や鍋に入れっぱなしにしない」、「使用後は速やかに優しく洗う」。
これを意識して、しゃもじを清潔に使ってくださいね。

記事監修

監修:三浦康子/和文化研究家。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)ほか多数

あわせて読みたい

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方」と「美味しい理由」

鍋炊きのごはん

「残りご飯の冷蔵保存はNG!? 」残りご飯の【NG保存方法】と【上手な保存方法】

ごはんをラップに包む
PIXTA

2017年04月17日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

高齢者だけじゃない! ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」とは?

133876view
2

【湯桶のサイズ違いも!】関東vs関西のお風呂の入り方・風呂文化 徹底比較

151482view
3

定番からアレンジまで!「茶碗蒸し」レシピまとめ

26311view
4

【レシピ】お手軽「かぼちゃとシメジのチーズリゾット」

25729view
5

【レシピ】ポリ袋で「えのき入り鶏団子と小松菜の味噌汁」

23763view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード