家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

3261 view

トイレや居場所をどう作る? ペットが幸せになるインテリアを実例でご紹介!

最近は、犬や猫などのペットが家族同様の存在になっています。一方で、室内での飼育について、色々とお悩みのご家庭も多いのでは? キズや汚れに強い建材なども目にするようになりましたが、ペット用のインテリアアイテムは多くはありません。ペットがいるからと、安くて、汚れたらすぐ交換できることを優先して、素敵なインテリアをあきらめていませんか? ペットと人、双方が幸せになるインテリアを作るコツを実例とともにご紹介します。

【ペットと暮らすインテリア実例】トイレはどこに置く?

犬のトイレ
リビングなど家族が集まるお部屋を、美しく整えるのに最初に考えるべきことは、ペット用のトイレの設置場所です。

多くみられるのが、置き場所に困ってリビングの片隅にトイレを置いてるケース。見た目だけではなく、臭いや排泄物処理の問題があります。

新築やリフォームの計画時などに、人が使うトイレを少し広めにしておくと、ペット用のトイレを便器と並べて設置できます。人感センサーを上手く使えば、照明・換気扇もペットに反応して作動するので、人も快適にトイレを使えます。

出入口は、体に触れるペットドアが苦手なペットもいますので、ストレスなく通れるように工夫をしてあげる必要があります。他にも、出入口にタイルカーペットを1枚敷いてあげるだけで、足元が滑らなくなり、汚れ防止にもなります。

楽しくコミュニケーションを取りながら、トイレに慣れさせてあげましょう。
上手に使えるようになったら、沢山褒めてあげてください。
ペット用ドア
そして、トイレの位置が定まったら、壁のデザインをひと工夫してみましょう。
モザイクタイルや柄の壁紙、あるいはウォールステッカーなどでアクセントをつけると、来客にも好印象となります。

【ペットと暮らすインテリア実例】ペットの居場所作りのコツ

穴の中に入る犬
家族が集まる部屋に「ペットの居場所」があると理想的です。
そこが寝る場所だったり、避難する場所になります。犬や猫それぞれの習性によって、部屋の隅だったり、高い場所だったりします。
犬用スペース
限られた空間に収めるには、デスクコーナーやリビング収納スペースと合体させる方法もあります。

使い勝手と掃除しやすさを考えて、お部屋に馴染むデザインがお勧めです。
家族の近くに落ち着く場所が確保されていると、ペットも安心して寛ぐことができます。

また、ペットグッズを使いやすい場所にまとめて収納できるようにすると、ペットの世話も楽になります。

トイレ・居場所の確保後は、好みのインテリアに仕上げる!

猫のしっぽのレバーハンドル
トイレと居場所の確保ができたら、家の中もスッキリしてくると思います。
室内の壁にアクセントをつけたり、家具やカーテン、ラグなど、素材とカラーを組み合わせて、自分好みのインテリアを、あきらめずにチャレンジしてみましょう。

猫をモチーフにしたレバーハンドルなど、猫好きな人にはたまらないアイテムもあります。
汚れが目立たない色味や素材を使ったクッションなどで、お部屋にアクセントカラーを入れることもお勧めです。汚れやすい場所を、思い切ってカラフルな内装にしてしまう方法もあります。

お気に入りのインテリアで、居心地のよい空間を手に入れると、毎日の暮らしも変わります。
ペットと一緒の生活が、もっと快適に、もっとハッピーになるように、インテリアから変えてみませんか?

『ペットと幸せになるインテリア』展、開催!

犬
リビングデザインセンターOZONEでは、2/1から4/3まで『ペットと幸せになるインテリア』展を開催しています(2018年)。

OZONEインテリアデザイナーが、ペットと暮らしながらインテリアも楽しむためにはどのような配慮が必要か、どんなことが可能かを提案し、コーディネートした空間がご覧いただけます。

2/17(土)、3/3(土)には、ミニセミナー「ペットと幸せになるおすすめインテリア」を開催。ペットのいる空間に小さな工夫をすることで、ペットが心地よく健康に暮らし、飼い主も自分好みのインテリア空間で快適に過ごせるという接点を模索していきます。

ペットとの暮らしを豊かにする参考にしてみてくださいね。

(このイベントは終了しています)

OZONE家づくりサポートメニューとは?

OZONE家design
家づくりのサポートメニュー「OZONE家design」では、『ペットと幸せになるインテリア』でもコーディネートを手掛けるインテリアデザイナーが、ご自宅のコーディネートをお手伝いするインテリアコンサルティングを行っています。

デザイン性はもちろん、使い勝手・機能性・メンテナンス性まで配慮した提案や、採寸や発注、納品などメーカーとのやりとりや手間のかかる作業を一括して引き受けています。

素敵なインテリア空間で暮らしたいけど、全てを自分で行うことはとても労力がかかります。ぜひ一度インテリアデザイナーの話を聞いてみてください。

OZONEとは

リビングデザインセンターOZONE
リビングデザインセンターOZONEは、新宿パークタワーの3~7Fの5フロアに展開する「住まいとインテリアの情報センター」。

家具や生活用品、住宅設備、建材まで、個性豊かなショールームとショップ、住宅デザインの書籍や製品カタログを集めたライブラリーなどの情報フロアで構成されています。

毎日を快適に、暮らしが楽しくなるような住まいの実現に向けて、セミナーやワークショップ等のほか、コンサルティングを重視した専門家による家づくり支援やインテリアデザインのプログラムを実施しています。是非、お越しください!


リビングデザインセンターOZONE
〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内

2018年02月15日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【裏ワザ】お風呂の厄介な汚れ「水垢」をしっかり落とす掃除方法

568068view
2

「どっちが表? 裏?」アルミホイルの知らないと損する【役立つ&意外な活用術】10選

609642view
3

子どもが安心してお留守番できる!? コミュニケーションロボット“BOCCO”利用者の感想は?

52339view
4

自宅で手作り! お手軽「ようかん」レシピまとめ

32924view
5

家飲みにぴったり!「居酒屋風おつまみ」レシピまとめ

31677view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード