家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

25034 view

【レシピ】イワシ缶でお手軽に!「冷や汁カッペリーニ」

夏においしい冷や汁をパスタと組み合わせます。イワシの缶詰を使い、たっぷりのバジルがポイントの新しいおいしさです。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

「冷や汁カッペリーニ」

「冷や汁カッペリーニ」の材料(4人分)

キュウリ・・・1本
トマト・・・1コ
バジル・・・10g

[A]
 味噌・・・大さじ2
 カツオ節・・・3g

練りゴマ(白)・・・大さじ2
水・・・2カップ
イワシの水煮(缶)・・・1缶(200g)
カッペリーニ・・・240g
塩、黒コショウ・・・各適量
オリーブ油・・・適量

【作り方1】

キュウリは小口切り、トマトは小角に切ります。

バジルはせん切りにして水にさらし、水気をきります。

【作り方2】

グリルで焼く
グリルで焼く

Aを練り合わせてアルミホイルに塗り広げ、グリルで焼き色をつけます。

   両面焼き水なしグリル 上・下強火 3分

冷めたらボウルに移して練りゴマを加え、水で溶きのばします。

キュウリ、イワシの水煮を缶汁ごと加えて塩で味を調え、冷やします。

【作り方3】

鍋でカッペリーニを茹でる

鍋に湯を沸かし、塩を加えてコンロ調理タイマーを設定し、カッペリーニを茹でます(強火→中火弱)。

氷水にとり、水気をしっかりときってオリーブ油大さじ1をからめます。

【作り方4】

3を器に盛って2をかけ、トマト、バジルをのせます。

オリーブ油をたらし、黒コショウをふります。

「冷や汁カッペリーニ」のコツ・ポイント

・カッペリーニは茹で上がった後氷水で締めるので、袋に書いてある表示時間より1分長く茹でるとよいでしょう。

・冷や汁に使用するイワシの水煮は缶詰によって塩分が異なるため、塩で味を調えます。味をみて少し濃い位が目安です。

ガスコンロ・ガスオーブン使用時のお願い
東京ガスのレシピTOP

おわりに

“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実はさまざまな調理に活用できることご存知でしたか?

グリル活用例
短時間で庫内温度を超高温に上げることができるため、一気に表面を焼き、肉や野菜の旨みをギュッと閉じ込めることができます。

高温でおいしく焼けるピザやトーストにもおすすめです!揚げもののあたため直しもカリッとジューシーに。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。

グリルタイマー
設定した時間になると自動で消火してくれる「グリルタイマー」機能もついているので、焼き過ぎの心配もなく安心。

「両面焼き水なしグリル」は、面倒な水入れ不要で、ガスの直火で両面同時に焼き上げるから、裏返す手間もありません。

ガスコンロ&グリル
その他にも「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)には、自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能など、自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!

「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
意外なグリルの活用法
東京ガスのレシピTOP

2019年07月23日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

153650view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

149458view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118692view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203352view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77207view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード