家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

87138 view

季節のお風呂:11月『蜜柑湯』身体を温め風邪知らず&美肌をつくるお風呂

古くから蜜柑湯(みかん湯)の風呂に入ると「身体がよく温まり、風邪を引かない」といわれていますが、その秘密は果皮にあります。季節のお風呂12ヶ月。11月は『蜜柑湯』についてご紹介します。

11月『蜜柑湯(みかん湯)』
TOKYOGAS

ミカンは古くから、食用はもちろん、丸い形と黄金色から、太陽の象徴である神聖な植物とされ、儀式や神棚へのお供えなどに用いられています。

果実はビタミンCが豊富であり、寒い時期には風邪を予防し、高血圧、老化防止、美肌効果が期待できます。薬効を期待して使う場合は果皮を利用します。橙色の部分は精油成分リモネンが含まれ、爽やかな芳香があります。皮の白い部分も繊維に富み、薬用にすることができます。皮を乾燥させたものを陳皮といい、風邪の予防に、咳や痰を鎮めたり、芳香性胃腸剤として、煎じたものや粉末にしたものを服用します。

【作り方】蜜柑エキスたっぷりで、ツヤツヤお肌に

蜜柑は実もさることながら、果皮にもビタミンCやクエン酸が豊富に含まれているので、おいしく蜜柑を食べたあとは、果皮を利用して蜜柑湯を楽しみましょう。果皮をそのまま浮かべるとお湯が汚れるので、ガーゼに入れて使用します。

1. 旬の蜜柑を食べたあと、果皮を陰干ししておきます。

干した皮をガーゼか木綿の袋に入れる
TOKYOGAS

2. 蜜柑20個分の皮を、ガーゼか木綿の袋に入れ、風呂に浸して入浴します。

※乾燥したミカンの皮は「陳皮(チンピ)」という名称で、漢方薬店などでも入手できます。

おわりに

いかがでしたか?

蜜柑風呂は身体を芯から温めつつ、美肌にもなれる女性におすすめのお風呂です。
日ごとに寒くなってくるこの季節、蜜柑風呂で身体ぽかぽかお肌ツヤツヤになりましょう!

2016年11月05日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

153660view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

149466view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118695view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203356view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77208view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード