家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

114499 view

【整理収納コンサルタントが教える】子どもが自分で片づけたくなる! おもちゃ収納アイディア・2「収納方法」

子どものおもちゃのお片づけ、毎日のことだから、ママがいちいち手を貸すのでなく、子どもが自分でできるようになってもらいたいですよね。 どんなふうにおもちゃを収納したら、子どもが自分で片づけてくれるかしら・・・。子どもが自分で片づけたくなるかもしれない!? おもちゃ収納のアイディアについてご紹介します。

子どもには「ポイポイ放り込み」収納がオススメ!

おもちゃボックス
uchicoto

わが家にはリビングに一人ひと箱のおもちゃボックスがあります。このボックス、ふたも何もない、ただのボックス。ここにおもちゃをポイポイと放り込めば、お片づけは完了です。

ふた付きのボックスや、引き出しにすると、中身が見えないので、収納した時の見た目はキレイになります。だけど、しまうときの「ふたを開ける」動作や、「引き出しを引く」動作が、子どもにとっては大きなハードル。たった一つのその動きが面倒くさくて、ついついふたの上におもちゃを置きっぱなしにしたりすることも・・・。

子どもはとても面倒くさがり屋さん。いかにラクに、いかに簡単にしまえるか、というふうに考えると、放り投げるだけのただのボックスがおススメです。写真でお分かりのように、中身はゴチャゴチャ。でもいいんです。箱に入ってさえいれば、部屋の中に散らかることはないのですから。

ママ的には、見た目もこだわりたいところですが、ここはひとつ、「子どもにやってもらう」ことを優先してみましょう!

100均の透明ビニールポーチは、かなり使える!

透明ビニールポーチ
uchicoto

おもちゃって、本当にたくさんの種類がありますよね。パーツのあるおもちゃは、大きなものもあれば、細かいものもあり。
いざ遊ぶときに、「ママ~、あのパーツがないよ~!」と言われて、必死で探す羽目になったりしたこと、ありませんか?

そんなおもちゃには、100均で売っている「透明ビニールポーチ」を活用した収納がおススメです。ポーチの中に、種類ごとに、小さなパーツも含めて全部しまいます。ファスナーを閉めれば、振り回してもこぼれ落ちてなくなることがありません。

ビニールポーチの収納例
uchicoto

うちの娘の場合、リカちゃんのお人形から、ドレスから、小さなハイヒールから、全部まとめてしまっています。リカちゃんで遊びたい! となったらこのポーチだけ持ちだせばOK。
片づけるときも、ただポイポイ入れて、ファスナーを閉めるだけの簡単さです。

変身セットは、ドレスも小さな髪飾りも、全部ひとまとめ。お人形遊びセットは、お人形も、パーツも、家具もひとまとめです。

このポーチ、口が大きくパカッと開いて、子どもでも扱いやすいのも大きなポイントです。中身が見えるし、お手軽なのもよいですよね。

おもちゃは、立てて、並べて、ひと目でわかるように収納!

ビニールポーチにおもちゃをしまうと、どんなおもちゃも結構スリムに、薄くなります。おもちゃにはもともと薄い、折り紙やシール、お手紙セットなんかもありますので、スリムなモノは、全部立てて、並べて収納しましょう。

立てて収納する
uchicoto

こうすると、おもちゃを探すときも一目瞭然。目当てのおもちゃがすぐに見つかります。いつもいろんなおもちゃを目にすることで、子ども自身が、何を持っているのか把握できるようになって、「実はこんなおもちゃ持ってたんだ! 忘れてて遊べなかった!」なんていうもったいないことを防ぐこともできます。

遊び終わって片づけるときには、ポーチとポーチの間に、滑り込ませればいいので、子どもが自分で戻しやすく、ママも助かりますよね!

おわりに

おもちゃ収納を考えるとき、ママ目線で考えると、見た目は整ってキレイだけれど、子どもにはちょっと難しい…ということもあります。おもちゃは子ども自身で片づけられるよう、子ども目線を意識して、収納グッズを選んだり、しまい方を考えてみてくださいね!

あわせて読みたい

【整理収納コンサルタントが教える】子どもが自分で片づけたくなる! おもちゃ収納アイディア・1「片付け場所」

子ども部屋
uchicoto

プロフィール紹介

森山 尚美さん
Naomi Moriyama

森山尚美
・整理収納コンサルタント
・親・子の片づけマスターインストラクター

世田谷区在住の整理収納コンサルタント。大学卒業後、看護師として病院の手術室に勤務した後12年間の専業主婦生活を経て整理収納コンサルタントとして独立。12歳息子、7歳娘の二児の母。

ホームページ:https://moriyamanaomi.com/

2016年08月22日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

153609view
2

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

149428view
3

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

118682view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203332view
5

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

77193view

おすすめ記事

【関東と関西の違い】卵焼き器「東型と西型」の違いとその理由とは?

子どもの服に墨汁が・・・! 洗濯物についた墨汁のシミを落とす方法

子どもに留守番をさせて良いのは何歳から? プロに聞く防犯上の注意点とは?

専門家に聞く! 実家の片付け・掃除は「事前に親と〇〇する」のがトラブル回避の秘訣

専門店に聞く! ドライフラワーの作り方や楽しみ方

おすすめキーワード