家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

70559 view

なぜ仮装する? 意外と知らない! 10月31日【ハロウィンの意味と由来】

10月31日はハロウィンです。最近では日本でも身近になり、街で仮装やコスプレをしている人を見かける機会もありますね。今回は、そんな日本の行事として定着しつつある「ハロウィンの意味と由来」についてご紹介します。

そもそも「ハロウィン」って何するの?

仮装してインターホンを押す子ども
PIXTA
日本では、ハロウィンの日はハロウィングッズで部屋の飾り付けをしたり、仮装やコスプレをしてホームパーティーを楽しむことが増えてきましたね。また、各地でハロウィン限定のイベントなども開催されます。

一方でアメリカのハロウィンは、子どもたちが魔女やモンスターなどに仮装して、「トリックオアトリート」と言いながら、近所の家をまわってお菓子を貰いに行くというのが定番です。

日本とアメリカのハロウィンを比べると、日本では大人も子どもも一緒に楽しみますが、アメリカでは子どもがメインのイベントです。

「ハロウィン」の意味と由来について

ハロウィンのイメージイラスト
PIXTA
元々ハロウィンは、10月31日に行われる、アイルランドに伝わる「サーウィン」という古代ケルト人のお祭りでした。

ケルト人にとって10月31日は一年の終わりにあたります。この日は先祖の霊がこの世に戻ってくるとされ、この世に戻ってくる先祖の霊を供養し、現世の悪霊を追い出すための行事だったと言われています。日本のお盆に近いイメージかもしれません。

「ハロウィン」と呼ばれるようになったのは、アイルランドにキリスト教が伝わってから。
サーウィン翌日の11月1日は、キリスト教にとって大切なお祝いの日で、「All Hallows Day(オール・ハロウズ・デイ)」=「有名や無名を問わず、全ての聖人を祝う日」とされていました。(Hallow…神聖なものとする)

この前日の10月31日は、「All Hallows Day」の前日、つまり「All Hallows Eve(オール・ハロウズ・イブ)」と呼ばれるようになり、「Halloween(ハロウィン)」に変化したと考えられているそうです。

ハロウィンで仮装をする理由

仮装した子どもたち
PIXTA
ハロウィンの日は、死者の霊の他にも悪魔や魔女たちも現世にやってくると考えられていました。

悪霊たちから身を守ろうと悪魔や魔女の仲間のふりをするために仮装したのが始まりと言われています。

日本で「ハロウィン」が広まった理由

ハロウィンのカボチャとお屋敷
PIXTA
日本でハロウィンのイベントを行うようになったのは比較的最近のことですね。

ハロウィンが広まったのは、テーマパークなどでハロウィンを取り入れた限定イベントを開催したのがきっかけの一つとして挙げられます。それに伴い各地でもハロウィンパレードが開催されたり、ハロウィン限定のお菓子やグッズが販売されるなど、徐々に広まっていきました。

現在では定番のイベントとなり、この時期になると各地でハロウィンイベントが開催され、ハロウィングッズで街がオレンジ色に染まることも珍しくありません。

ハロウィンカラーの意味とは?

ハロウィンの仮装とオバケ
PIXTA
ハロウィンといえばオレンジや黒、紫などの色が思い浮かぶと思います。実はハロウィンで多く使われる色にも意味があります。

●オレンジ

オレンジはかぼちゃの色と思われがちですが、実は「収穫」を表します。また、太陽の光をイメージした色ともいわれています。

●黒

黒はハロウィンが終わると訪れる冬の夜、暗闇、死などをイメージした色といわれています。

●紫、緑、白

魔女やモンスター、お化けをイメージした色と言われています。

ハロウィンで定番のかぼちゃ、元々は◯◯だった?!

ジャック・オー・ランタン
PIXTA
ハロウィンと言えば思い浮かぶのは、「かぼちゃ」をちょっと怖い顔のようにくり抜いたランタン(ちょうちん)ですね。

これは、「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれ、アイルランドに伝わる「ちょうちんジャック」というジャックと悪魔の民話が元になっています。

大酒飲みで嘘つき、何度も悪魔を騙し、天国にも地獄にもいけないジャックに、悪魔が最後に火をくれます。ジャックは蕪(かぶ)を切り抜いてその火でちょうちんを作り、暗闇で彷徨っているところからきています。

いつしか、このジャックのランタンは、死者の魂のシンボル・魔よけの役割となり、怖い顔に切り抜いたランタンがハロウィンで飾られるように。

元々はかぼちゃではなく、実は「かぶ」でつくられていた「ジャック・オー・ランタン」。アイルランド人がアメリカへ移住した際、生産量が多く加工しやすかった「かぼちゃ」でちょうちんを作り始めたため、今では「かぼちゃ」でつくられているそうです。

現在でも、スコットランドではかぶでランタンを作る地域もあるそうですよ。

おわりに

カボチャの被り物
PIXTA
ハロウィンの由来や意味、豆知識をご紹介しました。今までなんとなく「かぼちゃのイベント? 」のイメージだったハロウィンですが、さまざまな意味があるんですね。ハロウィンに興味のなかった方も、この機会にハロウィンを楽しんでみてくださいね。

参考:日本ハッピーハロウィン協会「ハロウィンQ&A」

監修:三浦康子/和文化研究家。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)ほか多数

あわせて読みたい

ハロウィンにも! 子ども喜ぶ「かぼちゃのパーティーレシピ」7選

かぼちゃのパーティーレシピ

【ハロウィンにも】お手軽&大人のオシャレ「かぼちゃ」レシピ6つ

オシャレ「かぼちゃ」レシピ

2017年10月03日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

太陽光発電の売電価格が大きく下がる!? 売電をおトクに続けるには?

31282view
2

「何が違うの? 」雑炊とおじやの違いとは?

299332view
3

【レシピ】旨みたっぷり「さつま芋と塩昆布の土鍋ご飯」

29379view
4

【レシピ】フライパンで簡単!「蒸し焼き肉まん」

28631view
5

【ダッチオーブンレシピ】「中華蒸し焼きまんじゅう」

28318view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード