家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

20968 view

尿石や水垢もスッキリ! プロのハウスクリーニングから学んだトイレの掃除テクニック

どんなにキレイにしても、なんとなくスッキリ感がないトイレ。それは「見えない汚れ」が潜んでいるから・・・!? イオングループのハウスクリーニングサービス「カジタク」を利用してみたら、トイレ掃除のコツと技が見えてきました。プロから学んだお掃除テクニックを紹介します!

掃除しているのに落としきれない⁉ なぜトイレには「見えない汚れ」がたまる?

便器の縁の汚れ
uchicoto
成人1日当たりのトイレの回数は4~8回といわれています。子どもはもっと頻繁に使うことも考えると、4人家族であれば、1日に20回以上は使われる場所ということになります。

トイレは狭く、便器の形も独特なので、手の届きにくいところがたくさんあります。また、水はね・尿はねも多いため、尿石(尿が固まった状態のもの)や水垢など、生活から出る汚れが少しずつたまってしまいます。

見た目はキレイだし定期的に掃除しているのにニオイが気になる、裏側にこびり付いた汚れが落としきれない、なんとなく黄ばんでいる気がする・・・。こうした悩みを抱えている方も多いのでは?

今回、教えていただいたのはイオングループのハウスクリーニングサービス「カジタク」の押江将さん。お客さまサービス部サプライヤーサポートチームに所属し、ハウスクリーニングだけでなく、家事代行も担当しているそう。

お手入れしにくい場所の、お手入れしづらい汚れを落とすコツについて詳しく教えていただきました。

【プロに学ぶトイレの掃除のコツ1】まずは酸性洗剤で尿石や水垢を溶かす!

便器内に酸性洗剤をスプレーする
uchicoto
水垢や尿石などはアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤が効果的だそう。便器内に酸性洗剤をスプレーし、しばらく置くことで汚れが中和され、浮き出てきます。

汚れの度合いにもよりますが、市販の酸性洗剤でも効果は期待できるとのことです。ただし、便座などプラスチック製の箇所に酸性洗剤が付くと傷めてしまうため、注意が必要だそうですよ。

外せるタイプの便座は外す

便座を外して掃除
KAJITAKU
外せるタイプの便座は外して掃除するとさらに効果がアップ! 外してみると尿石などがたまっていて、ニオイの原因になっていることも多いそうです。

【プロに学ぶトイレの掃除のコツ2】便器のふち裏には手指を使って洗剤を広げる

押江さんはまず、プロ用の酸性洗剤を便器内部の全体にスプレー。酸性洗剤がザッと全体に回ったら、ゴム手袋をはめた手指を使って、便器の裏側の細部まで洗剤を塗り広げていきます。

「便器のふち裏など道具が入りづらい場所は、自分の手指が使いやすいですよ。汚れが残るとまた一からやり直しになります。大変なようでも“手”を使うのが、結局は一番早くてキレイに仕上がります」

酸性洗剤は強力なものもありますので、ご自身で掃除する際には使用上の注意をよく読み、ゴム手袋をお忘れなく!

【プロに学ぶトイレの掃除のコツ3】便器のふち裏はブラシでこすり、鏡でチェック⁉

便器のふち裏はブラシで掃除
uchicoto
酸性洗剤を塗り広げて4~5分。汚れがやわらかくなって溶け出したら、毛足の長い隙間ブラシでしっかりと汚れをかき出します。小さめで小回りの利くブラシが使いやすいそうですよ。

ブラシで汚れをこすり落としたら、汚れが落ちたかどうかを鏡を使ってしっかりチェック。きちんと汚れが落ちたことを確認してから、洗い流します。

酸性洗剤は一度流してしまうと、またつけ置きからやり直しになります。せっかくの大掃除、最小の手間で最大の効果を得るには、このひと手間が大事なんですね!
Before
Before
After
After
裏側の汚れまでピカピカに。これは気持ちがいいですね。

【プロに学ぶトイレの掃除のコツ4】ノズルはスポンジで!

ノズル掃除
uchicoto
ノズルはカルキや尿石がこびりつきやすい箇所。中性洗剤をつけたスポンジで優しくこすります。

【プロに学ぶトイレの掃除のコツ5】床や壁などは中性洗剤を薄めて使い吸水クロスで乾拭き

トイレ掃除をこまめに行っているご家庭でも、ついつい見落としてしまうのが壁や床。尿の飛び散りなどがそのままになっていると、黄ばみやニオイの原因になってしまうのだそうです。こうした場所は中性洗剤を含ませた雑巾で拭き取っていきます。
吸水クロス
uchicoto
プロの作業を見ていると、洗剤を原液で使う場面が驚くほど少ないことに気づきます。トイレ掃除でも、酸性洗剤を2倍量ほどに薄めて使い、洗剤液を含ませた雑巾で力を入れて汚れを拭き取ったあと、キレイな吸水クロスを使って手早く洗剤を拭き取っていました。
拭き掃除
uchicoto
ポケットに吸水クロスをしのばせ、雑巾で拭き取った部分をすばやく乾拭きしていきます。

洗剤や水分が残ると、その箇所がまた新たな汚れを生むので、吸水クロスを複数枚用意して、雑巾がけのあとを手早く拭き取っていくのがポイントとのことです。

【プロに学ぶトイレの掃除のコツ6】細部のホコリを拭き取る

ペーパーホルダーの掃除
uchicoto
タンク蓋を拭く
uchicoto
細部のホコリを拭き掃除。床や壁と同様に、中性洗剤を含ませた雑巾で拭き、吸水クロスで乾拭きしていきます。同じ洗剤を使う箇所はこのようにまとめて一気に仕上げていくと効率的だそうですよ。
継ぎ目の掃除
uchicoto
ドアの掃除
uchicoto
ドアや継ぎ目、掃除を忘れホコリがたまりがちな場所です。
換気扇まわりの掃除
uchicoto
換気扇まわりも拭き取っていきます。

薬剤を使うのが不安なときや、便器の取り外し清掃などはプロを頼ろう!

トイレ上部の掃除
uchicoto
手洗い器や吐水口にこびりついた水垢が気になる場合は、酸性洗剤を使うのがおすすめ。でも、タンク内部を酸性洗剤でいためてしまわないよう、しっかりと養生をする必要があります。でも、養生したりするのは、結構面倒ですよね・・・。
そんなときはプロに頼るのが大正解!!

ハウスクリーニングを頼むのはなんとなく敷居が高いイメージがありますが、時間をフルに効率よく使う無駄のない動きと仕上がりの美しさを見ると、やっぱりプロの清掃は格段の差があります。

東京ガス経由で「カジタク」のハウスクリーニングを申し込むと、10%オフの特典も!
カジタク
年末の忙しい時期、プロを上手に頼って、家族の時間を充実させたいですね。

おわりに

家族みんなで使うトイレ。大掃除の時期にはみんなで分担しあい、協力して掃除をするのも良いですね。家も心もすっきりと満たされた気持ちになれそうです。

今回教えてくださったプロは・・・

押江将さん
KAJITAKU
押江将さん
カジタクお客さまサービス部サプライヤーサポートチームに所属。
2016年1月に入社し、ハウスクリーニングだけでなく、家事代行も担当。
お客さまからの評価も高く、現場での経験を生かし、現在はスタッフの管理や育成を行う。

2020年01月14日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

寝ても疲れが取れない・・・睡眠の質を高めるコツはお風呂の入り方にあり!

22160view
2

【レシピ】「春野菜いっぱいクリームコーンパスタ」

22503view
3

もう失敗したくない! サンドイッチを「おいしく作るコツ5つ」&「お弁当用レシピまとめ」

363885view
4

ホワイトデーにぴったり!「小さな焼菓子」レシピまとめ

23535view
5

【花粉症の方必見! 】洗濯物の花粉対策・洗濯時や干す時のコツとは?

89907view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード