家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

7896 view

2021年の立春はいつ? 立春や雨水とは? 春一番や立春大吉、余寒見舞いについてもご紹介

春の気配が訪れる「立春(りっしゅん)」。旧暦では1年の始まりの日でもあります。そのため、新しい年を祝う食文化(立春朝搾りや立春の朝生菓子)が生まれました。2021年の立春はいつ? 旧正月と関係はあるの? 和文化研究家の三浦康子さんに詳しく伺いました。立春、雨水(うすい)などの春の二十四節気に加え、春一番や立春大吉、余寒見舞いなど立春にまつわる文化についてもご紹介します。

2021年の立春はいつ?

つくし
PIXTA
2021年の「立春 (りっしゅん)」は2月3日(水)です。

立春は二十四節気(にじゅうしせっき)の1つで、冬が終わり春の訪れを示します。二十四節気は立春から始まり、旧暦では立春の頃に元日がめぐってきたので、立春は新しい年の始まりを意味していました。立春の前日は季節の境目である「節分」。豆まきなどをして邪気を祓い、新年を迎えていたのです。

なお、「立春」は、立春に入る日のみを指す場合と、立春から雨水(うすい)までの約15日間を指す場合があります。後者の場合、2021年の立春は2月3日(水)~2月17日(水)です。

春の二十四節気(立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨)とは?

二十四節気
uchicoto
古来より使われてきた季節の指標「二十四節気」では、立春に春を迎えます。寒さはまだ厳しい時期ですが、立春を境に寒暖の差が大きくなっていきます。

立春から春分にかけ「春一番」と言われる強い風が吹くのは、日本海を北に進む低気圧に向かって南側の高気圧から風が吹き込むからです。

春の二十四節気には以下のものがあります。

春の節気と2021年の日程

・立春 (りっしゅん)2月3日:寒さのピークが過ぎ、春の気配が感じられる頃。
・雨水 (うすい)2月18日:雪や氷は溶けて水に、雪は雨に変わっていき、陽気がよくなり始める頃。
・啓蟄 (けいちつ)3月5日:冬眠していた生き物が活動し始める頃。
・春分 (しゅんぶん)3月20日:春分の日は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜の時間数がほぼ等しい。この日から夜よりも昼の時間が徐々に長くなる。
・清明 (せいめい)4月4日:寒さが和らぎ春らしくなり、すべてのものが生き生きとして、清らかに見える頃。
・穀雨 (こくう) 4月20日:農作物の成長を促すかのように春雨が降る頃。

2月中旬の雨水 (うすい)には雪や氷が溶け、春の光を感じることが増えてきます。春霞(はるがすみ)がたなびくのもこの頃。3月初旬の啓蟄 (けいちつ)は、土中に隠れていた生き物が出てくるということを表します。

3月の下旬、春分 (しゅんぶん)初日は「春分の日」で、太陽が真東から昇って真西に沈みます。昼夜の時間の長さが等しくなり、この日を境に夜よりも昼の時間が長くなっていきます。

4月初旬の清明 (せいめい)は、すべてのものが生き生きとして清らかな様子を示す言葉。この時期、桜前線が北上し、新緑が一斉に芽吹きます。春真っ盛りですね。

4月下旬の穀雨 (こくう)は雨が増えてくる時期。春の雨「春雨(はるさめ)」が穀物を雨で潤すことから生まれた言葉です。種まきを始めるのに適した時期として、農作業の目安にされてきたとか。穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。

二十四節気の日程は毎年変わる!?

二十四節気は古来より使われてきた季節の指標です。

1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを約15日間ごとに6つに分けて24に季節を区分しています。1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので、毎年一定の日にちではなく、1日程度前後することがあります。

二十四節気それぞれの日付は、国立天文台が天文観測をして決めています。おおよその日付は推測できますが、前年2月1日に「暦要項(れきようこう)」で公告されるまで確定しません。

この時期に吹く「春一番」には要注意!?

強風に耐える木
PIXTA
立春から春分の間に初めて吹く南寄りの強風を「春一番」と呼びます。元々は、漁師が使っていた風を表す言葉の1つ。春一番が吹くと、竜巻などの突風を伴うため警戒していたそうです。

気象庁による春一番の定義は観測する場所によって少し異なりますが、共通するのは以下の点です。
・立春から春分までの期間に吹いた最初の強風。
・日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から風力5(風速8m/s)以上の風が吹くこと。
・気温が前日より上昇すること。

気象庁によると、関東地方の春一番で1番早かったのは1988年2月5日、遅かったのは1972年3月20日です。春一番は毎年吹くわけではなく、平成の間では5回ほど発生しない年がありました。

非常に強い風である春一番。発生する予報が出たら、安全に注意してくださいね。

立春を3つに分けた七十二侯は?

春のイメージ
PIXTA
二十四節気それぞれをさらに3つに分け、72の候に区分した「七十二侯」もあります。立春の3つの候をご紹介します。

初侯・東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風(はるかぜ、ひがしかぜ、こち)が吹き、氷が解け寒さが緩む頃。東風とは春から夏にかけて吹く東寄りの風のことです。

東風は俳句で春の季語として使われています。菅原道真の「東風(こち)吹かば匂いおこせよ梅の花 主なしとて春な忘るな」という歌で有名ですね。

次侯・黄鶯睍睆(うぐいすなく)

鶯(うぐいす)が鳴き始める頃。鶯は「春告鳥」とも呼ばれ、春を代表する鳥のひとつです。「梅に鶯」といえば取り合わせが良いものの代名詞ですね。

末侯・魚上氷(うおこおりをいづる)

割れた氷の間から、魚が飛び跳ねる頃。冬の間、水の底でじっとしていた魚たちは春になって水温が上がってくると、浅瀬に移動してくるそう。

立春の時期に出す季節の手紙と言えば?

手紙を書く
PIXTA
立春を過ぎたら、挨拶状は小寒や大寒の「寒中見舞い」から「余寒見舞い」へ変わります。余寒見舞いは、寒さの残る時期に相手を気遣って出す季節の便りです。暦の上では春とはいえ立春の頃はまだまだ寒いので、寒さをいたわる気持ちをしたためます。

一般的に、余寒見舞いは2月末頃までが出状の目安ですが、宛先が厳寒地であれば3月上旬まで余寒見舞いを送ることができますよ。

手紙の冒頭に「余寒お見舞い申し上げます」などと書いたあと、「春とは名ばかりに厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか」「暦のうえでは春ですが、そちらでは今なお雪が降っていることと存じます。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか」など、寒さの様子とともに安否を尋ねる挨拶を書くとよいでしょう。

話題の春節。立春と旧正月は何か関係があるの?

旧正月の飾り
PIXTA
立春を迎える2月上旬は、中国や韓国などで旧正月を盛大にお祝いする「春節」が話題になりますね。立春と関係があるのでは? と思った方もいるのではないでしょうか。立春と旧正月の違いをご紹介します。

・立春:二十四節気の1番目の節気。暦の上では、春の始まりを表す。太陽の動きに基づいて決まる。
・旧正月:新暦からみて、旧暦の正月や1月1日にあたる日。中国や台湾では、春節とも言う。太陽と月の動きに基づいて決まる。

立春も旧正月も新しい年の始まりを指し、日程も近いので混乱しがちですが、立春が太陽の動きに基づいて決まるもので、旧正月が太陽と月の動きに基づいて決まるものだという違いがあるのですね。

いくつ知ってる? 立春の行事といえば?

「立春大吉(りっしゅんだいきち)」のお札
PIXTA
立春には新年を迎えるための様々な行事があります。また、立春以降の行事(ひな祭りや梅まつり)の準備も始まります。ここでは、立春の頃の代表的な行事をいくつかご紹介します。

【立春の行事 1】「立春大吉(りっしゅんだいきち)」のお札を貼る

「立春大吉」とは、立春に禅寺の門前に貼られるお札のこと。
「立春大吉」の4文字は左右対称で表から見ても裏から見ても変わりません。そこから、節分の鬼が勘違いをして家に入ってこないと考え、家庭でも邪気払いのために貼るようになったそう。

【立春の行事 2】初午(はつうま)

初午とは、2月最初の「午(うま)の日」をさし、稲荷神(いなりしん)のお祭りが行われる日です。五穀豊穣や商売繁盛、家内安全を祈願して各地の稲荷神社で開催されます。
2021年は2月3日(水)が初午です。今年は立春と同じ日ですね。
詳しくはコチラの記事もご覧ください。

【立春の行事 3】針供養(はりくよう)

針供養とは、2月8日または12月8日に、折れた針や古くなった針を豆腐やこんにゃくに刺し、川に流したり神社に納めたりして供養し、裁縫の上達を願う行事です。

柔らかい食べものに刺すのは、硬い生地などを刺してきた針への感謝と労いの気持ちを表し、供物としての意味もあるといわれています。

【立春の行事 4】ひな人形を飾る

ひな祭りには、春の訪れを祝う意味もあります。そのため、暦の上で春になる立春を迎えたら、ひな人形を飾り、準備を進めて良いとされています。

立春を過ぎたらいつでも大丈夫なので、次の節気である「雨水」に飾り始めるのも良いでしょう。ひな人形の由来は、厄を移した人形を水に流していたことが始まりです。水が豊かに流れる雨水は、厄払いに効果的な節気とされ、この時期にひな人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。

ひな祭りの意味と由来、お祝いの仕方などについてはコチラの記事もご覧ください。

立春には日本酒を!? 食べる縁起物とは?

朝生菓子のイメージ
PIXTA
立春は新しい年の始まりであり、おめでたい日です。そのお祝いにふさわしい様々な行事食がありますよ。

【立春の行事食 1】立春朝搾り(りっしゅんあさしぼり)

立春朝搾りとは、立春の朝に搾った日本酒のこと。
立春の前日である節分の夜から一晩中もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあげます。火入れをしない生原酒は、フルーティな味わいなのだとか。

【立春の行事食 2】朝生菓子(あさなまがし)

朝生菓子とは、朝作ってその日に食べる生菓子のこと。とりわけ、立春の朝に作った生菓子をその日のうちに食べると縁起が良いとされています。

この時期の生菓子として、「立春大福」という春らしい食材や色味を使った各店オリジナルの大福が販売されます。また、花びら餅や草餅・うぐいす餅・桜餅など春限定の和菓子をいただくのもいいですね。

【立春の行事食 3】立春大吉豆腐

立春大吉豆腐とは、体を清め幸せを呼び込むために食べる豆腐です。
「白い豆腐には邪気を追い祓うほどの霊力が宿る」と考えられていました。新年に沢山幸せが訪れるよう願い、立春に豆腐を食べる風習ができたそう。また、立春前日の節分に豆腐を食べると、罪穢れ(つみけがれ)が祓われるとも言われています。

立春を自宅でお祝い! オススメの手作りレシピとは?

立春朝搾りのおつまみに!

「雷こんにゃく」
東京ガス 食情報センター

朝生菓子を手作りするならコチラ!

「ひな祭り【スイーツ】レシピ」
東京ガス 食情報センター

豆腐を食べて邪気を追い祓う!

「豆腐の旨味だれ」
東京ガス 食情報センター

おわりに

二十四節気とともに季節の移り変わりの目安である雑節には、立春前日の「節分」、立春から数えて88日目の「八十八夜」、210日目の「二百十日」など、立春を基準にしたものがあります。それほど立春は、新しい年の始まりとして重要視されていました。今でも立春には“始まり”を祝う習わしがたくさんあるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

記事監修

監修:三浦康子/和文化研究家。古を紐解きながら、季節の行事や生活の知恵など、今の暮らしを楽しむ方法をメディアにて提案。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)、『粋なおとなの花鳥風月』(中経出版)、監修書『季節でいただく まいにち薬味』(主婦の友社)、『おうち歳時記』(朝日新聞出版)ほか多数

参考:三浦 康子「2021年の立春はいつ?意味や節分との関係を解説」<All About「暮らしの歳時記」>
参考:三浦 康子「針供養とは?2021年針供養の日はいつ? 針を豆腐に刺す意味・由来」<All About「暮らしの歳時記」>

参考:国立天文台「令和3年(2021) 暦要項」
参考:国立天文台「時憲暦」
参考:国立天文台「二十四節気とは?」
参考:国立天文台「こよみ用語解説 二十四節気」

2020年12月16日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

家族を守るために!【ポリ袋】で簡単にできる9つの防災ワザ

487096view
2

アルカリとマンガンどっち? ガスコンロに使う乾電池の種類や交換目安、交換方法

22856view
3

桃の節句・ひな祭りの「白酒(しろざけ)」とは? 甘酒や中国の白酒とどう違う?

6112view
4

【キッチンシンク】をピカピカに!効果的な掃除方法と洗剤の使い分けのコツ

126891view
5

お彼岸にお墓参りをする意味とは? なぜぼた餅を供えるの? 2021年はいつ?

15985view

おすすめ記事

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード