東京ガス
暮らし情報メディア
ウチコト

ここから本文です。

親子で作る3時のおやつ [第3回]絵本の中のお菓子気分「れんこんとチョコチップのフライパンケーキ」

親子で一緒におやつを作るのって楽しいですよね。今回は料理研究家のGomaさんに、親子で一緒に楽しく作れる3時のおやつを3回にわたってご紹介いただきます。第3回は絵本の中のお菓子気分「れんこんとチョコチップのフライパンケーキ」のレシピをご紹介いただきました。

最終更新日:2023.2.8

目 次

【親子で作るおやつ】季節を感じさせる、変わり種パンケーキ

「れんこんとチョコチップのフライパンケーキ」

Goma

第3回目のおやつはフライパンケーキ!

鉄製のフライパンで作るこのケーキ、何だか絵本「ぐりとぐら」の中に出てきたなあって思う方も多いはず? かくいうGomaも小さい頃にこの絵本を読んで、森の中でフライパンケーキを作ってみたーい! と思ったものです。

大人になって、ふといつものスポンジ生地をフライパンで焼いてみたらびっくりの美味しさでした。作り方をちょっと変えるだけで、どうしてこんなにも食感や味が変わるんだろう? お料理をしていると時々こんなうれしい驚きに出会うことがあります。

今回はちょっと変わり種ケーキにしたくて、れんこんをスポンジ生地に入れこんでみました。

少しだけ香ばしくバターソテーしたれんこんはシャクっとすると思いきや、ホクリとした優しい食感。そこにチョコチップも加えたら、子どもから大人まで喜ぶおやつができますよ。

■れんこんとチョコチップのフライパンケーキの作り方

さて作ります。
スポンジ生地を作ったことがあるなら、今回はとっても簡単です。

材料

Goma

材料はこちら。粉、砂糖、卵、バター、と基本のスポンジ生地の材料とれんこん、チョコチップのこれだけ。

■材料 (直径14cmの鉄製フライパン2個分)

卵 2個
砂糖 50g
薄力粉 50g
溶かしバター 15g
れんこん 100g
チョコチップ 30g
バター 15g
グラニュー糖 大さじ1

■作ってみましょう!

1. れんこんは輪切りと角切りにカットする。

れんこんを切る

Goma

2. フライパンを中火に熱し、バターが溶けてきたらカットしたれんこんを全部入れて炒める。

れんこんを炒める

Goma

3. グラニュー糖が溶けて、れんこんに焦げ目がついたらOK! 粗熱をとる。

焼き上がったれんこん

Goma

4. スポンジ生地を作る。50℃の湯せんに浸したボウルに卵と砂糖を入れて、泡立て器で泡立てる。卵が人肌程度になったら湯せんからはずし、そのまま泡立て続ける。

卵を泡立てる

Goma

5. 生地が白っぽくもったりとして、リボン状になってきたらOK。

生地を混ぜる

Goma

6. ふるった薄力粉を加えて、ゴムべらで切るように混ぜ合わせる。続けて溶かしバターを加え混ぜる。

薄力粉を加える

Goma

7. 角切りにカットしたれんこんとチョコチップを加えて、さっと混ぜる。

れんこんとチョコチップを加える

Goma

8. フライパンに油(分量外)をさっと塗って、3 の輪切りれんこんを並べる。

輪切りのれんこんを並べる

Goma

9. 8 に生地を入れてフタ(もしくはアルミホイルなど)をして極弱火にかける。
底が焦げないように、濡れぶきんで時々底を冷やしながらじっくり焼く。

火にかける

Goma

10. 7~8分ぐらいたってふたをはずしてみる。表面がふんわりと膨らみ、穴があいて、側面は色づいて鍋肌から離れるようなら焼き上がり目安。
竹串を刺して何もついてこなかったら火から外す。

表面に穴が空いた生地

Goma

「れんこん+チョコ」ドキドキのお味は…

「れんこんとチョコチップのフライパンケーキ」

Goma

フライパンケーキのできあがり!
切り分けて食べてもかわいいけれど、気分的にはフライパンから直接食べたいくらいですね。一口食べるとれんこんの香ばしさもさることながら、その生地のふんわり具合に驚くはず。
ポイントは焦がさないようにすること。そのため、焼く時の濡れふきんの用意は必須です!

おわりに

さて、3回に分けてご紹介したGomaの3時のおやつシリーズ。
毎回基本のおやつを形や味をちょっとだけ変えて、思わず誰かと一緒に作りたくなるようなお菓子を提案してきましたが、いかがでしたか?

「誰かと一緒に作る・食べる」。
何気ないことだけど、やってみると笑顔になれるはず。ぜひぜひ大事な誰かと作って楽しい3時のおやつ時間をお過ごし下さい!

あわせて読みたい

親子で作る3時のおやつ [第1回]自由自在に絞りだそう「ニョロニョロチュロス」

「ニョロニョロチュロス」

Goma

親子で作る3時のおやつ [第2回]お家で昔の喫茶店ごっこ「懐かしプリン・ア・ラ・モード」

「懐かしプリン・ア・ラ・モード」

Goma

  • この記事ライター

    料理創作ユニット Goma

    料理創作ユニット Goma

    アラキミカ、中村亮子からなる料理創作ユニット

    「食」をテーマに日常の楽しい事や嬉しい事を様々な形にして日々製造中。
    ジャンルや物事にとらわれる事ない自由で新しい料理活動を目指し、フード提案から雑貨のデザイン、イラストまで全て自分たちでこなす。現在は、雑誌、単行本、TV、webなど媒体での作品発表、雑貨デザイン、全国でのもの作りワークショップ開催など多彩なフィールドで活動中。著書に『GomaのPOPスイーツ』(小学館)、絵本『へんてこパンやさん』等多数。

    ウェブサイト:料理創作ユニット Goma

    もっと見る
SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2016.3.30

最終更新日:2023.2.8

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリの記事

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。