家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

81583 view

【安いお肉を柔らかくする方法】ほんのひと手間でお肉がもっと美味しく!

肉を柔らかくする方法ってご存知でしょうか? 「特売のお肉を買って焼いて食べたら固くて美味しくなかった! 」なんてこと、良くありますよね。下ごしらえのひと手間で肉を柔らかくできるんです。そんなお肉を柔らかくする方法をご紹介します。

【肉を柔らかくする方法1】包丁や瓶底を使いお肉のスジや繊維を切る

PIXTA
お肉が固いと感じるのはスジや繊維があるためです。これを切ることでやわらかく感じるようになります。これを筋切りと言います。

筋切りをするには、脂肪と赤身の間にある繊維を包丁で二、三箇所切ります。繊維に対して直角に切れ目を入れると上手に切ることができます。そして包丁の背や瓶底、肉叩きなどでお肉を縦横に叩きます。叩いていて固い筋が見つかったら、包丁で切り込みを入れましょう。

こうすることで、肉を柔らかくするだけでなく、加熱による肉の縮みや反り返りを防いだり、調味料の馴染みを良くする効果もあるようです。

【肉を柔らかくする方法2】酢、酒、レモン汁、牛乳やヨーグルトに漬ける

PIXTA
肉を焼く前に酢、酒、レモン汁、牛乳やヨーグルトなどでマリネ液を作りしばらく漬けておきます。こうすると肉を焼いた時にパサパサせず、しっとりと焼き上がるそうです。

秘密は肉のPH(酸性・中性・アルカリ性)にあります。もともと肉はPH5と若干酸性で、筋繊維がキュッと締まっており肉の中に水分を保持する力が弱いそうです。

肉をマリネ液に漬けて酸性かアルカリ性のどちらかに傾けると、水分を保持する力が高くなるとか。

酢、酒、レモン汁などの「酸性のマリネ液」でも、牛乳やヨーグルトなど「アルカリ性のマリネ液」でも同じ効果が得られるなんておもしろいですね。

【肉を柔らかくする方法3】タンパク質分解酵素を持つ野菜を使う

PIXTA
玉ねぎ、しょうが、パイナップル、梨や大根など野菜やきのこ類にはタンパク質分解酵素が含まれています。これらの野菜やきのこを刻んだり、すりおろしてマリネ液に漬け込んでおくと肉を柔らかくしてくれます。焼くときに調味液として一緒に煮たり、ソースに活用すると無駄なく使えていいですね。

特に、ビーフステーキやビーフシチューの場合、香味野菜(玉ねぎ、にんじん、セロリなど)と好みのスパイスを加え、サラダ油、オリーブ油などをかけたオイル系マリネや、オイルの代わりに赤ワインをかけた「ワイン系マリネ」ものに漬け込んでおくと、やわらかく美味しくなるようです。

おわりに

PIXTA
お肉を柔らかくするためには様々な方法があるんですね。ぜひ身近にあるものでお試しください。

参考:岡山大学農学部:肉をマリネード処理すると軟らかくなる理由
参考:公益財団法人 日本食肉消費総合センター

2016年10月11日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

661312view
2

メロンの食べ頃はいつ? 正しい保存方法とは? 種類や栄養なども合わせて紹介!

81967view
3

食パンは冷凍保存がベスト! 正しい食パンの保存方法&美味しく焼くコツ

917388view
4

「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

963776view
5

【教育研究家に聞く】子どもが幼稚園・保育園を嫌がる・・・登園拒否への対応は?

198580view

おすすめ記事

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード