更新日: 2018年08月21日
64560 view

実は使い方も違う!?【コンソメとブイヨンの違いとは】

洋風料理のレシピでよく見る「コンソメ」や「ブイヨン」。スーパーなどでも固形や顆粒で販売されていますが、2つの違いってご存知ですか? 似ているようで実は違う「コンソメとブイヨンの違い」についてご紹介します。

言葉の意味でわかる! コンソメとブイヨンの違いとは?

Retina pixta 24737731 s
PIXTA
コンソメもブイヨンもフランス語。和訳を見ると、「コンソメ」とは「完成された」という意味。それに対し「ブイヨン」は「出汁」という意味です。

「コンソメ」「ブイヨン」は混同されがちですが、ブイヨンをベースに煮込んで味を整えて、完成されたスープにしたのが、コンソメなのだそう。さらに詳しくそれぞれの違いについてご紹介しましょう。

コンソメとブイヨンの違い

Retina pixta 2848634 s
PIXTA

コンソメとは

ブイヨンをベースに調味料を加えて煮込んだもの。フランスでは「完成された」という意味の通り、「透き通り、そのまま飲むことのできる美しいスープ」のことだそうです。

ブイヨンとは

Retina pixta 15001194 s
PIXTA
肉、魚、野菜と香味野菜を長時間煮込んだもので、その名の通り「出汁」。本来は調味料を加える前の状態を指します。様々なスープの基本となるもので、英語圏では「スープストック」とも呼ばれるそう。

コンソメとブイヨンの違いとは

【コンソメは完成されたスープ】、【ブイヨンは出汁】。コンソメはブイヨンをベースに調味料などを加え、手間ひまかけて作られた澄んだスープということになんですね。

コンソメ、ブイヨン、それぞれの使い分けは?

Retina pixta 16592245 s
PIXTA

コンソメ

味として完成されているので、水に溶かし具材と煮込むだけで、美味しいスープになります。現在はコンソメスープの素として、固形や顆粒タイプのものも多く出回っていますね。

その他にも
・炒め物に顆粒のコンソメを
・お肉料理の下味に
という活用方法もあるそうです。

ブイヨン

Retina pixta 22765573 s
PIXTA
ブイヨンは出汁なので、水に溶かして具材を煮込んだ後に調味料で味付けをする必要があります。その他、ブイヨンは出汁なので、隠し味に使うのがコツ。いつもの洋食もぐっと美味しくなるかもしれませんね。

ただし、現在販売されているブイヨンには、塩分が加えられているものも多く、その場合はコンソメと同じ用途になるようです。ブイヨンも固形、顆粒など、様々なタイプのものが出ています。

ブイヨンの使い道としては以下があります。
・カレーの材料を下茹する際に加えコクを出す
・ポトフの味付けに
・ビーフシチューの隠し味に

おわりに

コンソメは「完成されたスープ」ブイヨンは「様々に変化していく出汁」という違いがわかりました。
2つを上手に使い分けてぜひ美味しい洋食に仕上げたいですね。

ブイヨンを使ったレシピ

ボリュームばっちりスープでごはん!「野菜ごろごろスープ&こんがりライスプレート」

Retina foodpic7272306

野菜のうまみと甘みをギュッと凝縮! まろやかな風味の「トマトスープ」

Retina foodpic7272301

【ダッチオーブンレシピ】放っておくだけで煮崩れなし!「根菜たっぷりポトフ」

Retina retina %e3%83%9d%e3%83%88%e3%83%95

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

お風呂の「エプロン」ってなに? 意外と簡単なお風呂のエプロンのはずし方と掃除方法

23341view
2

【常温でOK?】にんにくはどう保存する? 賢く使い切るにんにくの保存方法

123477view
3

楽しみながら「節約」できる! お風呂グッズ5選

4906view
4

中が見える!【ご飯の炊ける】ガラス蓋の土鍋発見!

2370view
5

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

18077view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード