家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

495619 view

実は使い方も違う!?【コンソメとブイヨンの違いとは】

洋風料理のレシピでよく見る「コンソメ」や「ブイヨン」。スーパーなどでも固形や顆粒で販売されていますが、2つの違いってご存知ですか? 似ているようで実は違う「コンソメとブイヨンの違い」についてご紹介します。

言葉の意味でわかる! コンソメとブイヨンの違いとは?

エッフェル塔
PIXTA
コンソメもブイヨンもフランス語。和訳を見ると、「コンソメ」とは「完成された」という意味。それに対し「ブイヨン」は「出汁」という意味です。

「コンソメ」「ブイヨン」は混同されがちですが、ブイヨンをベースに煮込んで味を整えて、完成されたスープにしたのが、コンソメなのだそう。さらに詳しくそれぞれの違いについてご紹介しましょう。

コンソメとブイヨンの違い

コンソメスープ
PIXTA

コンソメとは

ブイヨンをベースに野菜、肉、卵白などを加えて煮込んだもの。フランスでは「完成された」という意味の通り、「透き通り、そのまま飲むことのできる美しいスープ」のことだそうです。

ブイヨンに野菜や肉などの食材を混ぜ合わせて、どろどろの状態になるまで煮込み続けます。その間、かき混ぜたりアクをとったりと目が離せません。そうして長時間じっくり煮込んだものを布でこし、味付けをしたらコンソメの完成です。

本格的なコンソメは、火や材料の状態、調理のタイミング、気温など様々な要素が合致しなければ、透き通ったおいしいコンソメにならないそうですよ。

ブイヨンとは

ブイヨン
PIXTA
肉と野菜を水で長時間煮込んだもので、その名の通り「出汁」。本来は調味料を加える前の状態を指します。様々なスープの基本となるもので、英語圏では「スープストック」とも呼ばれるそう。

コンソメとブイヨンの違いとは

【コンソメは完成されたスープ】、【ブイヨンは出汁】。コンソメはブイヨンをベースに野菜、肉、卵白などを加え、手間ひまかけて作られた澄んだスープなんですね。

コンソメ、ブイヨン、それぞれの使い分けは?

コンソメキューブ
PIXTA

コンソメ

味として完成されているので、水に溶かし具材と煮込むだけで、美味しいスープになります。現在はコンソメスープの素として、固形や顆粒タイプのものも多く出回っていますね。

その他にも

・炒め物に顆粒のコンソメを
・カレーの隠し味に
・コンソメだけでポトフの味付けが決まる
・お肉料理の下味に
という活用方法もあるそうです。

ブイヨン

カレーの盛りつけ
PIXTA
ブイヨンは出汁なので、水に溶かして具材を煮込んだ後に調味料で味付けをする必要があります。またブイヨンは隠し味に使ってもオススメ。いつもの洋食がぐっと美味しくなるかもしれませんね。

おわりに

コンソメは「完成されたスープ」ブイヨンは「様々に変化していく出汁」という違いがわかりました。

2つを上手に使い分けて、ぜひ美味しい洋食に仕上げたいですね。

取材協力:味の素株式会社

ブイヨンを使ったレシピ

ボリュームばっちりスープでごはん!「野菜ごろごろスープ&こんがりライスプレート」

野菜ゴロゴロスープ
TOKYOGAS

野菜のうまみと甘みをギュッと凝縮! まろやかな風味の「トマトスープ」

トマトスープ
TOKYOGAS

【ダッチオーブンレシピ】放っておくだけで煮崩れなし!「根菜たっぷりポトフ」

根菜たっぷりポトフ
TOKYOGAS

2017年02月21日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

排気口カバー洗ってる? ガスコンロの洗い方を徹底解説! 自分でできるプロの技を公開

184963view
2

キッチン下に置くのはNG!? 賞味期限は? 季節で変わる【お米の保存期間】と【保存方法】

123827view
3

【メーカーに聞く】パン粉は常温保存でいいの? 生パン粉・乾燥パン粉の違いとは?

198545view
4

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

195256view
5

散らかった玄関をすっきりキレイに! 収納王子に学ぶ玄関収納のコツ

12828view

おすすめ記事

子どものスマホ利用のトラブル、どう防ぐ? プロに聞く制限方法と対策とは?

品種ごとの特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう

リフォーム検討中の方必見! 我が家にピッタリの床暖房を見つけよう

冷蔵庫保存はNG! 美味しい『さつまいも』の見分け方と正しい保存方法

テレワークの運動不足解消に! 自宅でできるリフレッシュ方法

おすすめキーワード