家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

42835 view

野菜室って何が違う? 使い分けと「野菜室NG」な野菜と果物

野菜の保存、どうしていますか? 野菜は全て野菜室に入れているという方も多いのでは? 実は野菜には、野菜室に入れてはいけないもの、入れる際は工夫が必要なものがあるんです。ここでは、【野菜室の適切な使い分けと】、【野菜室に入れるものと入れないもの】についてご紹介します。

野菜はすべて野菜室に入れるもの?

PIXTA
「野菜室」は、野菜を最適に保存できるように想定して作られている場所です。そのため、野菜室の温度や湿度は、冷蔵室に比べてやや「高め」の設定になっています。

野菜室の温度や湿度については、冷蔵庫メーカー各社によって異なりますが、およそ2℃~7℃の範囲内で設定されているようです。
PIXTA
多くの野菜は、鮮度を保つために日の当たらない低温での保存が適しています。

野菜は収穫後も呼吸しているため、日当たりのよい適温の場所では呼吸数が増えてしまうそう。呼吸数が増えると、野菜を老化させるホルモンである「エチレン」が増えて、鮮度が損なわれてしまいます。

多くの野菜は、野菜室に入れて保存することができますが、中には野菜室の保存が適さない野菜もあります。以下に具体的に見ていきましょう。

野菜室に入れてはいけない野菜【南国育ちの野菜や果物】

PIXTA
原産地が熱帯や亜熱帯地方など、南国生まれの野菜は低温の環境に弱く、低温の状態で長く保存すると「低温障害」を起こしてしまうそうです。低温障害を起こすと、見た目が劣化するだけでなく、栄養価も損なわれてしまいます。ですので保存する場合は、冷蔵庫・野菜室には入れないほうが長く保存できます。

野菜室での保存に適さない野菜の例

さつまいも、じゃがいも、なす、きゅうり、里芋、ピーマン、かぼちゃ
PIXTA
バナナ、マンゴー、レモン、みかんなどの柑橘系も野菜室には適しません。

この他にも、生姜、たまねぎ(新たまねぎ以外)なども、野菜室は適しておらず、風通しのいい場所で保存する方がよいです。
日頃これらを冷蔵庫で保存しているという方は、意識してみましょう。

野菜室へ入れる際に注意が必要な野菜や果物も

PIXTA
野菜室に果物を保存しているご家庭は多いかもしれませんが、「りんご」を野菜室に入れるのは以下の理由でNGだそうです。

これは、りんごそのものが野菜室に適していないという訳ではなく、りんごは「エチレンガス」を多く発生させるため、野菜室に入れると他の野菜の劣化が促進されてしまうから。

同様に、アボカド、桃、バナナなどもエチレンガスを多く発生させるそうです。

野菜室で保存する場合はりんごはビニール袋に入れて密封し、他の野菜へのエチレンガスの影響を避けるようにしましょう。

野菜室ではなく、冷蔵庫に入れるもの

PIXTA
1. カットした野菜
野菜をカットすると切り口から劣化が進むので、カットした部分にラップをかけて冷蔵庫に保存し、早めに使い切りましょう。

2. もやし
もやしは劣化が早く傷みやすいので、野菜室よりも低温の冷蔵庫での保存が適しているそうです。いったん湯通ししてから保存すると、より長持ちしやすいです。

おわりに

野菜の多くは野菜室での保存が適していますが、一部適さない野菜もありました。限られた野菜室のスペースを有効活用するためにも、保存の適材適所を知って、鮮度を保てると良いですね。

あわせて読みたい

「え? 野菜室はNG!?」もやしの正しい保存方法とは?

PIXTA

知らないと損! 冷凍できる野菜の【正しい冷凍保存】の方法とは?

PIXTA

2017年06月05日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

太陽光発電の売電価格が大きく下がる!? 売電をおトクに続けるには?

27525view
2

「何が違うの? 」雑炊とおじやの違いとは?

297120view
3

【レシピ】旨みたっぷり「さつま芋と塩昆布の土鍋ご飯」

29127view
4

【レシピ】フライパンで簡単!「蒸し焼き肉まん」

28301view
5

【ダッチオーブンレシピ】「中華蒸し焼きまんじゅう」

28150view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード