家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

310270 view

意外と知らない「そうめん・ひやむぎ」の違い&歴史と「色付き麺」の由来

「そうめん」と「ひやむぎ」は、見た目も味も似ていることから、違いが分かりにくいですね。どんなところが違うのか気になるところです。ここでは、『そうめんとひやむぎの違いと歴史』についてご紹介します。

「そうめん」と「ひやむぎ」の違い

PIXTA
「素麺(そうめん)」と「冷麦(ひやむぎ)」の違いは、太さにあります。
JAS(日本農林規格)では、乾麺の分類分け(機械製麺)を次のようにしています。

● そうめん:直径1.3mm未満
● ひやむぎ:直径1.3mm以上、1.7mm未満

ただし、手延べの場合は、1.7mm未満であれば、「そうめん」「ひやむぎ」どちらでも名乗ってよいそうです。

ちなみに、直径1.7mm以上の麺は「うどん」。幅4.5mm以上(厚さ2mm未満)で「きしめん」となります。

そうめんの歴史

PIXTA
そうめんは、奈良時代に中国から伝わった「索餅(さくべい)」が元とされているそうです。索餅とは、小麦粉と米の粉を練り、それを縄のようにねじったものと考えられています。

その後鎌倉時代~室町時代頃に、中国から麺を手延べする方法が伝わり「索麺(そうめん)」が誕生し、その後「素麺(そうめん)」になったと言われているそうです。

ひやむぎの歴史

PIXTA
ひやむぎの起源は室町時代に登場した「切麦(きりむぎ)」。うどんを細く切って作られていたことから、「切麦」と呼ばれていたそうです。

その切麦を冷やして食べるのを「冷麦」、温めて食べるのを「熱麦」と呼び、今の「冷麦」につながっているとか。

そうめん・ひやむぎは製造方法の違いでこんなに変わる

PIXTA
歴史にも違いがあり、昔は違ったものと認識されていましたが、明治時代に入り製麺機ができると、製造方法の違いが曖昧になってきます。元々は原料(小麦・食塩・水)が同じで、両者は似通っていました。

そこで、機械製法においては、JAS規格で「太さ」の定義が定められたそうです。

なお、手延べ麺は、生地に食物油(またはでん粉)を塗付して手作業で引き延ばしていきます。そのため機械製法と違って太さの違いを出すのが難しいため、直径が1.7mm未満のものは、そうめん・冷麦のどちらで名付けてもいいそうです。機械製法のものとは、風味も違うようですよ。
PIXTA
麺の中に、ピンクや緑など色の付いた麺が入っているのを見かけませんか? これは、もともと、違いがわかりづらい「そうめんと冷麦」を区別するために、「冷麦」の方だけに色付き麺を入れたんだそうです。
PIXTA
見た目にも楽しんでもらいたいということで、メーカーによっては、今はそうめんに色付き麺をいれるところや、色付き麺自体を販売するところもあるようです。

おわりに

今回は、「そうめん」と「ひやむぎ」の違いと、歴史についてご紹介しました。そうめんとひやむぎは、太さで分けられていたんですね。
選ぶ際、食べる際に、違いについて意識して見るのもいいですね。


参考:一般社団法人乾麺・手延べ経営技術センター「ひやむぎとそうめんの違い」

そうめんのレシピ

食卓から涼しくするための、夏らしいそうめんアレンジレシピをご紹介します。

あわせて読みたい

【似ているようで全く違う! 】「きしめん」と「ほうとう」の違いとは?

PIXTA

2017年05月24日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

捨てられない&溜ってしまう!「紙袋」の活用術【整理整頓・インテリアなどに】

278066view
2

気になるトイレの嫌なにおい「原因は男性の○○かも・・・」 原因と対策を掃除のプロに聞いてみた

45393view
3

もし停電したら冷蔵庫の中身はどれくらいもつの? 冷蔵庫の停電対策を知ろう

256741view
4

定番からアレンジまで!「フレンチトースト」レシピまとめ

28318view
5

留守番中の子どもにメッセージが送れる! 家庭用ロボット【BOCCO】がいる生活は何が違う?

27899view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード