家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

73325 view

小学生にどこまでやらせる!? 片付けの範囲とポイントとは?

小学校に上がると、必要なモノって本当にたくさんありますね。ランドセル、上履き、体操着、絵の具箱に習字セット、給食セットにサブバッグ。えんぴつに消しゴム、はさみに筆箱、のりや色えんぴつ・・・。ノートやプリント類も日々どんどん増えていきます。どうやって子どもに片付けさせたらいいのでしょうか? 今回は、ママも子どもも無理しない、小学生の片付け方法についてご紹介します。

小学生の片付けのポイントとは?

PIXTA

小学校に上がるために必要なモノって、本当にいっぱいありますね。
大量のモノたちを、まだ小さな1年生の子どもが、自分で管理して処分して片付けられるか、つまりノートを使い終わったら、自分で新しいモノを出してきて用意するとか、先生から返ってきたプリントを、自分で分類してファイリングするとか、ということができるかというと・・・ちょっと無理です。

子どもが管理できるモノの量って、大人が思っているより、実はずっと少ないのです。

まずは、小学生でも無理なく片付けられる範囲に絞る

PIXTA

子どもは基本的に、自分が「今」使っているモノしか、把握できないし管理もできません。
予備の鉛筆やノートといった文房具類、学習が終わってもう使わないプリント類、ごくたまに必要になるリュックやレジャーシート、ぞうきんなど、「今」使わないモノたちは、子どものキャパシティーでは全部把握して管理する、ということはできないのです。

PIXTA

子どもに自分で自分のことをやってもらいたい! というのなら、子どもには今、使っているモノだけを管理してもらうようにして、予備のモノや過去のモノ、時々のモノはママが管理してあげましょう。

今使っているノートを使い終わったら、ママに新しいノートを出してもらって、それは自分で管理する。
勉強の終わったプリントは、ママに渡してファイリングしたり処分してもらう。
こんなふうに、子どもには「今」のモノの管理に集中してもらいましょう!

「今」のモノを管理できるようになったら、他のモノも少しずつやってもらえるようになればよいのです。あせらずゆっくり、少しずつ進んでいきましょう!

片付けの前に、知っておきたい小学生の気持ち

PIXTA

1年生になりたてのころは、子どもだって新しい環境に慣れるのに必死。子どもなりに緊張を強いられることもありそうです。

今までは慣れ親しんだ幼稚園や保育園に、ママと一緒に安心して通えたのに、4月からは新しい環境、通学もひとり、そのうえ自分の身のまわりのことも全部自分で、となると子どもによってはいっぱいいっぱいになってしまいます。

入学したばかりのころは、お片付けのほうは無理せず、朝の用意も学校の支度も、ママはしっかりと、でもさりげなくフォローしてあげたほうがよさそうです。

ママと一緒にしっかり準備して、学校に安心して慣れていくことがまずは大事。

学校に慣れてきたころから、お片付けや身の回りのことを一人でできるようにスタートしても、決して遅くはありません。

おわりに

PIXTA

幼稚園から小学校に上がると、なんだか急にわが子が成長して、大人びて見えることと思います。ランドセルをしょって歩く後ろ姿は、もうすっかり一人前! という様子ですよね。

すると大人はついつい、「小学生なんだから、もう自分でできるでしょ」といったセリフを、言ってしまいがちですが・・・。大きくなったように見えても、ちょっと前まで幼稚園や保育園に行っていたんです。子どもの中身はそんなに急に成長できません。片付けよりも、学校の準備よりも、まずは新しい環境に慣れることが大切ですよね。

いちどに全部、子どもが自分でできるようにとがんばりすぎないで、無理のないように、少しずつ環境を整えていきましょう。

ということで、入学してすぐのころは、無理してお片付けはがんばらない! ということで、気楽に構えていましょうね!

プロフィール紹介

森山尚美
・整理収納コンサルタント
・親・子の片づけマスターインストラクター

世田谷区在住の整理収納コンサルタント。大学卒業後、看護師として病院の手術室に勤務した後12年間の専業主婦生活を経て整理収納コンサルタントとして独立。12歳息子、7歳娘の二児の母。

ホームページ:http://moriyamanaomi.com/

あわせて読みたい

【整理収納コンサルタントが教える】子どもの荷物置き場はどうする? 学校コーナーの作り方

PIXTA

【整理収納コンサルタントが教える】子どもが自分で片付けたくなる! おもちゃ収納アイディア・2「収納方法」

2017年05月24日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

いつからなら大丈夫? 子どもに初めてお餅を食べさせる時期と注意点

154269view
2

冬、エアコンは〇〇と同時に使うべきだった!?「快眠のプロに聞く正しい使い方とは?

97474view
3

「効率よく部屋を暖めよう! 」暖房効率を上げる工夫7つ

153077view
4

「日本酒と生酒って何が違うの?」生酒の特徴と保存方法、旬の時期

119024view
5

常温保存はNG!?【麦茶】を作る時の注意点と「保存」について

203658view

おすすめ記事

常温? 冷蔵? 冷凍? 「バナナの保存」のコツとは?

特徴を知って楽しもう! いちごのオリジナル品種を解説

【データで検証! 】みんなどうしてる?「小1の壁」への対策【東京ガス都市生活研究所】

お洒落で簡単! とっておき「バレンタイン」レシピまとめ

冬、エアコンは〇〇と同時に使うべきだった!?「快眠のプロに聞く正しい使い方とは?

おすすめキーワード