家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2018年07月04日
6763 view

「天日干し」では不十分!? どんどん増える【布団のダニ】に効果的な対策とは?

アレルゲンの原因にもなる「布団のダニ」。どうにかしたいけど、有効な対策が分からない・・・対策しているけど不安という方も多いのでは? ダニが集まる時期は? 天日干しや掃除機は効果的? 生きたダニや死骸はどう除去する?【布団のダニ対策】についてご紹介します。

夏はダニに要注意!? ダニが布団に集まる理由とは?

Retina dani
提供:カジタク
ダニが繁殖する条件は「高温多湿」であること。上のグラフのように梅雨から夏にかけて家の中でも急増します。繁殖時期は梅雨にピークを迎え、1対のダニから4ヶ月後には何と450万匹まで繁殖することもあるそう。

家の中でも布団は要注意です。人は寝ている間汗をかくため、布団は湿気を含みます。加えて人は長時間布団に触れているため、皮脂汚れやフケも多くダニにとって格好の餌がある場所になっています。


布団に集まるダニの種類は?

ハウスダストに生息するダニの多くは、「チリダニ」と呼ばれる種類。温度20〜30℃、湿度60〜80%の環境を好みます。

チリダニは人を刺すことはありませんが、生きたダニやフンや死骸、抜け殻がアレルギーを引き起こす原因となります。

また、チリダニが大繁殖してしまうと、チリダニを餌とする「ツメダニ」が発生することがあります。ツメダニは人体と接触すると刺すこともあるため要注意です。

「天日干し」は布団のダニ対策に有効?

Retina pixta 36293874 s
PIXTA
ダニ対策手段として浮かぶのが「天日干し」。しかし天日干しで、生きているダニを駆除することはできません。天日干しの際、ダニは日の当たっていない場所に移動してしまうのです。

生きているダニを死滅させるには、50℃以上の温度で20~30分の熱環境が必要と言われています。天日干しでは熱量が不十分なんです。

ただし、天日干しは布団の湿気を取るのには役立ちます。布団の湿気を取ることで、ダニが繁殖しにくくなります。

ダニが布団に繁殖してしまった! 駆除する方法とは?

Retina pixta 13612781 s
PIXTA
ダニが苦手とするのは、高温で湿度の低い環境。具体的な駆除&繁殖防止のポイントは、以下の2点です。

・温度が50℃以上の状態で、20〜30分以上維持する
・湿度が50%以下の状態に保つ

どのような方法で、これらの条件を満たすことができるのでしょうか。

「布団乾燥機」で布団の温度を50℃以上に!

41xavmjpp%2bl 出典:https://amazon.co.jp
「布団乾燥機」は、ダニ対策として高温で乾燥させる製品が多く販売されています。ただし布団の素材によっては、傷みの原因になることも。まずはタグなどの洗濯表示を見て、乾燥機が使えるか確認してください。

赤ちゃん用の布団だと、サイズが小さいため乾燥機のマットがはみ出て熱を逃してしまいます。大人用の敷布団と掛け布団でサンドイッチしましょう。小さな布団でも、効果的に温風を行き渡らせることができます。


「除湿機」で部屋の湿度を50%以下に!

部屋の湿気を取り除くことで、ダニが繁殖しづらくなります。除湿機を使うときは、湿気が外から入らないように窓などを閉めて運転させましょう。

除湿機を使わず湿度を下げたい場合は、部屋に湿気がこもらないように窓をこまめに開けて換気してくださいね。

アレルゲンを除去! ダニの死骸やフンを布団から取り除くには?

掃除機で丁寧に吸い取る

41gko6jjs9l 出典:https://amazon.co.jp
布団を高温にしてダニを死滅させたら、その死骸を残さないように掃除機を丁寧にかけましょう。

ポイントは、縦に往復したら今度は横にかけること。一方向でなく往復してかけることで、ダニの死骸を吸い取りやすくなるそう。時間の目安としては、1㎡あたり20秒程度でゆっくりとかけましょう。


布団を丸洗いする

Retina pixta 39936101 s
PIXTA
布団を丸洗いするのも有効です。中まで水洗いすると、布団の表面だけでなく内部に残った死骸やフンまで、洗い流すことができます。

一部のコインランドリーでは、布団の丸洗いができる機種もあります。ただ、布団の丸洗いができるコインランドリーまで持ち運びなどの手間がかかりますね。また、水洗いできない布団を誤って洗ってしまった・・・なんてことが起こる可能性も。

【除去率99%!?】ダニ対策にはプロによる「布団の丸洗い」!

布団はコインランドリーで洗濯するにも、持ち運びが大変だし、洗うのも乾かすのも時間がかかる・・・とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんね。

東京ガス宅配クリーニング

そんな時は「宅配の布団クリーニング」がおススメです。自宅まで引き取りにきてくれるので、クリーニング店やコインランドリーまで持っていく必要もありません。

東京ガス宅配クリーニング
※画像はイメージです。

掛け布団も敷布団も「まるごと水洗い」+業務用の大型乾燥機で「高温乾燥」で、ダニや汗、皮脂汚れやアレルゲン物質を除菌・消臭してくれます。

特に「カジタク」の「布団クリーニング」は、布団の種類や汚れにあわせて洗浄や乾燥方法を使い分けており、独自の工夫により【ダニ除去率99%、アレルゲン除去率98%】という圧倒的な数字を誇っています。

※公的衛生研究所の調査結果より

東京ガス宅配クリーニング
※画像はイメージです。

また「保管サービス」を利用すれば、クリーニング後、布団に最適な専用保管庫で預かってもらうことができます。

せっかくクリーニングした布団にカビやダニがつく心配もありませんね。自宅の押し入れや収納もスッキリして一石二鳥です。

「冬物の布団の収納場所に困っている!」「布団にカダニやカビが発生するのが心配!」とお悩みの方は「保管付の宅配布団クリーニング」を利用してみるのをおススメします。

東京ガス宅配クリーニング

東京ガスグループからのお申し込みで、イオングループ「カジタク」の「保管付・宅配クリーニング」を衣類から布団までおトクに利用できることご存知ですか?

希望日に集荷に伺いクリーニングをして、ご指定いただいた期間(最長9ヵ月)、温度・湿度管理された保管専用ルームで大切に保管し、ご自宅へお届けします。

Webで簡単にお申し込みもできます。ぜひ「おトク」にお試しください!

※東京ガスグループとは、東京ガス/東京ガスライフバル/エネスタのことを指します。
ご利用条件ほか詳細はこちらをご確認ください

おわりに

布団はいつでも清潔に使いたいもの。ダニを駆除してキレイな布団で良い睡眠を取ってくださいね。

参考:myTOKYOGAS「布団のダニ対策っていうけれど、どうすればいいの?」
参考:myTOKYOGAS「ダニ対策はどうすればいいの? 」
参考:愛知衛生研究所「居住環境のダニとダニアレルゲン」
参考:神奈川県衛生研究所「家の中にはこんなにたくさんのダニが!! アレルギーの原因物質もこんなに…!」
参考:カジタク「ダニ、アレルゲン、汚れ、全部おまかせ! 布団のクリーニングで安心の睡眠!」
東京ガス宅配クリーニング

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

プロは網戸を外さず掃除!? 網戸を10分でピカピカにする方法とは!?

310542view
2

【レシピ】意外と簡単「土鍋ご飯」の基本の炊き方

25913view
3

高齢者だけじゃない! ヒートショックの原因・症状と対策「ヒートショック予報」とは?

50280view
4

【カレンダー編】歴代の公式「パッチョグッズ」のご紹介&入手方法

4382view
5

【レシピ】ひよこ豆水煮缶で「ガルバンゾーのポタージュ」

240view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード