家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

更新日: 2018年08月01日
828 view

【レシピ】具だくさん「ランチョンミートのおにぎらず」

ごはんの間にタップリと具材をはさんで作るおにぎらず。崩れにくくボリュームも満点でお弁当にもピッタリです♪管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

Retina mainimage de1005307

「ランチョンミートのおにぎらず」の材料(2コ分)

米・・・1合
水・・・250ml
ランチョンミート・・・1cm厚さ2枚(170g)
卵・・・2コ
レタス・・・1枚
スライスチーズ・・・2枚
焼きのり・・・2枚
トマトケチャップ・・・適量

【作り方1】

米は洗ってザルに上げ、専用炊飯鍋に入れます。

分量の水を加えて30分以上浸け、自動炊飯機能で炊きます。

【作り方2】

Retina makeimage02 01 de1005307
フライパンにランチョンミートを入れて温度調節機能を160℃に設定します。

焼き色がついたら裏返し、卵を割り入れます。

ふたをしてコンロ調理タイマーを4分に設定して焼きます。

【作り方3】

Retina makeimage03 01 de1005307
Retina makeimage03 02 de1005307
Retina makeimage03 03 de1005307
ラップを広げて焼きのりをおき、中央に1/4量のご飯をのせて四角く広げ、トマトケチャップを塗ります。

2、ちぎったレタス、スライスチーズをのせて、さらに1/4量のご飯を四角く広げます。

同様にもう一つ作ります。

【作り方4】

Retina makeimage04 01 de1005307
Retina makeimage04 02 de1005307
Retina makeimage04 03 de1005307
のりで包み、さらにラップで全体を包んで形を整えます。

しばらくおいてなじませます。

【作り方5】

4を半分に切って盛りつけます。

「ランチョンミートのおにぎらず」のコツ・ポイント

・ラップごと半分に切ると形が崩れにくいです。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。


自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能。

お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がいっぱい!


また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器。

専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


「ガスコンロ&グリル」には自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!
「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
東京ガスのレシピTOP

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単!「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

256730view
2

「上新粉・白玉粉・もち粉の違いは何? 」それぞれの共通点・違いと米粉の古い歴史

207421view
3

みんなの洗濯頻度とは? 毎日派と2日に1回派のそれぞれのメリットは?

4445view
4

【焼き魚のコツ】を掴んであなたも今日から「焼き魚マスター」に!

79429view
5

【教育研究家に聞く】マタニティマークの配布はどこで? もらえる場所と種類

19107view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード