家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

75446 view

思わぬ危険が!? エアコンを梅雨入り前に掃除しておくべき5つの理由とは?

梅雨の時期が近づいてきました。この時期に大活躍するのが、除湿・冷房機能のあるエアコンですよね。とても便利なエアコンですが、実は思わぬ危険も潜んでいるんです。梅雨前にエアコンを掃除して、清潔な環境を保つようにしましょう。

梅雨入り前の掃除は必須! エアコンを掃除しないデメリットは?

エアコン修理
PIXTA
室内の空気を吸い込むエアコンには、フィルタは勿論、エアコン内部にもホコリが溜まりやすくなっています。特に梅雨時期は湿度が高く、溜まったホコリなどにカビが繁殖しやすいので注意が必要です。

では実際に、エアコンを掃除しないと生じるデメリットを見てみましょう。

エアコンを掃除しないデメリット5つ


1. カビの発生
2. 異臭の発生
3. 病気になる可能性
4. 電気代がよりかかる
5. 冷暖房機能が低下

5つの中でも本当に恐いのは、3番(病気になる)かもしれません。

【梅雨前のエアコン掃除】アスペルギルスというカビを防ぐ

エアコンフィルターの汚れ
PIXTA
アスペルギルスは、エアコンに潜みやすいカビで、エアコンの内部や吹き出し口から検出されることが多いそう。

長い期間、アスペルギルスを吸い込み続けると、アレルギー性の肺炎を引き起こしたり、免疫が低下している人や、肺に疾患がある人の場合だと、呼吸器不全を引き起こす可能性もあるそうです。

【梅雨前のエアコン掃除】ハウスダストというホコリを防ぐ

エアコンのフィルター掃除
PIXTA
みなさんは「ハウスダスト」という、部屋の中でたまるホコリについてご存知でしょうか。

ハウスダストは、ダニやその死骸、チリ、髪の毛など生活する上で発生するものに加えて、花粉や排気ガスの微粒子などで形成されています。

ハウスダストは掃除しないと積もり続けてしまいます。これらが、エアコンによって部屋の隅々まで送られるのは避けたいですよね。

梅雨前にはやっておきたい! エアコンの掃除方法とは?

エアコン全面パネルの掃除
PIXTA
湿度が高くなる梅雨時期は、溜まったホコリのカビの繁殖に絶好の環境です。梅雨前にカビの原因であるホコリや汚れをしっかり取り除いておきましょう。

エアコンの掃除方法は、以下のステップで行いましょう。

1. エアコンの下に新聞紙や古布を敷く
2. フィルターを掃除する
3. 前面パネルや吹き出し口を掃除する

【梅雨前に行うエアコン掃除1】エアコンの下に新聞紙や古布を敷く

新聞紙
PIXTA
まずは、汚水やホコリが落ちてきても大丈夫なように、新聞紙や古布をエアコンの下に敷きましょう。
そして、電源はOFFにしてコンセントも抜いておきます。

【梅雨前に行うエアコン掃除2】フィルターを掃除する

フィルターをシャワーで洗い流す
PIXTA
エアコンカバーを開けてフィルターを取り外し、外側から掃除機をかけましょう。この時、内側からかけると目詰まりの原因となるので注意してください。

掃除機をかけたら、水で薄めた中性洗剤と歯ブラシやスポンジなどを使い汚れを落とし、シャワーなどで洗い流しましょう。フィルターに湿気が残っていると、カビの繁殖や故障の原因となるので、十分陰干ししてください。

【梅雨前に行うエアコン掃除3】前面パネルや吹き出し口を掃除する

エアコン吹き出し口の掃除
PIXTA
前面パネルが取り外せる場合は、水洗いをします。取り外しが面倒な場合は、水で薄めた中性洗剤を含ませた古布などで拭いた後に乾拭きしましょう。

エアコンの吹き出し口は、プラスチックを壊さないように優しく布で拭きます。細かい部分は割り箸に布を巻きつけて拭き取るのもオススメです。

掃除が完了したら乾いたフィルターを戻し、電源を入れて送風運転しながら乾燥させましょう。

フィルター掃除だけで大丈夫?

エアコンフィルター
PIXTA
定期的にエアコンのフィルターの掃除をしているから大丈夫。というご家庭も多いかもしれません。

しかし、悪臭やアレルギーの原因となるカビ汚れは、手が届くフィルター部分よりもっと奥の熱交換器という部分に発生しやすいんです!

この熱交換器は、フィルターをすり抜けてきたホコリが蓄積しやすく、冷房による結露などでカビが繁殖しやすい環境になっています。
また、カビ以外にも油汚れや花粉もたくさん蓄積しやくなっています。

エアコン内部の掃除は、プロによる【エアコンクリーニング】がオススメ

東京ガスハウスクリーニング
※画像はイメージです。

エアコンから嫌なニオイがしたり、効きが悪いと感じるのは、カビやホコリなどの内部汚れが原因かもしれません。

内部の汚れまで除去したい場合は、プロの専門業者へ依頼するのがオススメです。
ハウスクリーニングには、キッチン・浴室のクリーニングなどいろいろありますが、エアコンクリーニングも人気が高いそう。

東京ガスハウスクリーニング
※画像はイメージです。

悪臭やアレルギーの原因となるカビ汚れは、手が届くフィルター部分よりもっと奥の熱交換器という部分に発生しやすいんです。

プロのエアコンクリーニングでは、専門のトレーニングを受けたスタッフが、フィルタやカバーはもちろんフィルタの奥にある熱交換器やファンについたカビ等の汚れも、専用の洗剤と高圧洗浄機を使って徹底的に洗浄してくれます。

東京ガスハウスクリーニング
※画像はイメージです。

定期的にエアコンクリーニングを行うと、カビや汚れが落ちるだけではなく、消費電力を削減できて電気代が安くなったり、冷房の効きがよくなるという嬉しいメリットも。

東京ガスハウスクリーニング

東京ガスグループからのお申し込みで、イオングループ「カジタク」のプロのエアコンクリーニングをおトクに利用できることご存知ですか?

【防カビ・抗菌コート】を無料実施のうえ、仕上がりに満足いただけなかった場合には、 もう一度やり直す「仕上がり満足保証」付きのプロのエアコンクリーニングです。

ご自宅向けにはもちろん、奥様やご両親へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。

Webで簡単にお申し込みもできます。ぜひ<おトク>にお試しください!

※東京ガスグループとは、東京ガス/東京ガスライフバル/エネスタのことを指します。
ご利用条件ほか詳細はこちらをご確認ください

おわりに

生活に欠かせないエアコンですが、掃除をしないと生活に支障が出てくるかもしれません。これから毎日のように使うエアコン、梅雨に入る前に一度掃除をしてみてはいかがでしょうか。

参考:一般社団法人 日本呼吸器学会「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」
参考:日本防菌防黴学会誌Vol.44「今日のエアコンにおける好温性カビの汚染状況」
参考:東京ガスmyTOKYOGAS「お掃除・収納アドバイス」

記事監修

監修:家事の宅配 カジタク(イオングループ)

ハウスクリーニング、宅配クリーニング、家事代行、整理収納、片付けなど家事の宅配サービスを全国に展開。詳しくはこちら
東京ガスハウスクリーニング

2016年06月02日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【賞味期限が切れた卵を捨てないで! 】その卵は安全に食べられる!

1119664view
2

【七夕の由来】「たなばた」と呼ぶ理由は? なぜ短冊や笹で願いごとをする?

119170view
3

【快眠のプロ直伝】エアコンは夜間付けっぱなしが正解!? 夏の正しい使い方

465594view
4

ちゃんと知りたい【ステンレス製の水筒の洗い方】意外とやってるNG行動とは?

566958view
5

「エアコンの臭いが気になる! 」フィルター掃除で十分!? 効果的なお手入れとは?

73349view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード