家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

66728 view

カビ防止が節約に? 自分でできるエアコンのカビ対策とは?

エアコンをつけたら、カビ臭いニオイがしてきた・・・という経験はありませんか? エアコンの内部はカビの繁殖に適した環境で、適切な掃除やお手入れをしないと、カビの巣窟になってしまうことも。一旦カビが発生してしまうと、エアコンを稼働する度に室内にカビの胞子を撒き散らしてしまいます。ここではエアコンのカビを除去する方法やカビの防止に役立つノウハウをご紹介します。

どうしてエアコンはカビが繁殖しやすいの?

エアコンの中の様子
PIXTA
夏と冬に大活躍のエアコン。久々に付けたらカビっぽいニオイが気になったという経験はありませんか。
エアコン内部で発生したカビが送風口から吹き出されると、カビ特有の不快なニオイが放出されます。カビの胞子が部屋中に飛び散ると、吸い込んだ人の健康に悪影響を及ぼすリスクもあります。

なぜエアコンの内部にはカビが発生しやすいのでしょうか。

カビの繁殖条件「湿気、温度、養分」とは?

エアコンに繁殖したカビ
PIXTA
カビが繁殖するには「湿度」「温度」「養分」の3つが必要です。夏にエアコンを稼働すると、この3つが揃いやすく、絶好の繁殖環境に。以下にその理由を詳しくご紹介します。

カビの繁殖条件1「湿度」

エアコンのカバーを外したところ
PIXTA
カビは湿度60%以上で発生し、80%を超えると急激に繁殖し始めます。エアコンの内部がカビやすいのは、エアコンが部屋を冷やす過程で湿度が上がりやすいため。

エアコンの内部には、空気の温度を調節する熱交換器があります。エアコンの冷房や除湿運転は、室内の高温で湿った空気を吸い込み、エアコン内部の熱交換器で熱を奪い、冷えた空気を室内に送り出す仕組みです。

温かい空気を熱交換器で急激に冷やす際、その温度差で「結露」が生じます。この結露がエアコン内部の湿度を上げてしまう原因です。

エアコン内部は密閉空間で結露が蒸発できません。結果として高い湿度が保たれてしまうのです。

カビの繁殖条件2「温度」

エアコンの温度を設定するところ
PIXTA
カビが最も繁殖しやすい温度は約25~28℃です。これは、人間が快適だと感じる温度とほぼ同じ。そのため、夏でも冬でもエアコンの設定温度はカビにとっても繁殖しやすい温度環境になってしまうんです。

カビの繁殖条件3「養分」

エアコン内の風の流れを示したイメージ
TOKYOGAS
3つ目のカビの繁殖にとって必要な条件は養分です。エアコンに溜まったホコリや汚れはカビにとっての養分になります。

エアコンは上のイラストのように、室内の空気を取り込み、エアコン内の熱交換器で温めたり冷やしたりして温度調節し、適切な温度になった空気をファンが風で室内に送り出す仕組みです。
エアコンのフィルターを外すところ
PIXTA
エアコン内部にはホコリを取り除くフィルターがありますが、細かいホコリやチリはフィルターの網目を通過して、内部に入り込みます。エアコンの構造は複雑で、フィンやファン、ルーバーなどは素人にはお手入れがしにくいもの。

どうしてもエアコンの内部にはホコリや汚れが溜まってしまい、カビにとっては繁殖しやすい環境になってしまうんです。

エアコンのカビの悪影響とは・・・?

鼻をかむところ
PIXTA
エアコン内部で発生したカビが風に乗って部屋の隅々に運ばれると、以下の問題が生じる可能性があります。

・カビの胞子が運ばれることで、様々な場所でカビが発生しやすくなる
・カビ特有の不快なニオイがする
・カビが体内に入ることで健康被害を引き起こすリスクがある

カビはアレルギー症状を引き起こす原因になるとも言われています。健康被害を起こさないよう、エアコンは定期的にお手入れしたいですね。
エアコンのカビの掃除方法(イラスト)
TOKYOGAS
カビによる悪影響を減らしたいのであれば、もともとの原因であるエアコン内部のカビを取り除くのが一番です! ここからは、自分でできるエアコンのカビ防止のための掃除方法をご紹介します。

【エアコンのカビ防止 その1】掃除前の前準備

エアコンとエアコンのコンセント
PIXTA
まずは、掃除中にエアコンが稼働してしまうと、感電や怪我をするリスクがあるので電源をオフにしてコンセントを抜きます。
エアコンを掃除する様子
PIXTA
また、ホコリが落ちやすくなるので、エアコンの下にビニールシートを敷くなどして部屋が汚れないようにしましょう。マスクや花粉症メガネの着用でホコリを防ぐこともお忘れなく。

【エアコンのカビ防止 その2】 フィルターを洗う

エアコンのフィルター
PIXTA
エアコンに設置されているフィルターは、内部にホコリが入るのを防止する役割があります。つまり、フィルターは1番ホコリが溜まりやすい場所なのです。2週間に1回を目安に掃除しましょう。
エアコンのフィルター汚れを掃除機で吸うところ
PIXTA
パネルを開けてフィルターをはずします。この時、エアコンから取り外す前に掃除機でホコリを吸い取ってしまうと、ホコリが飛び散らなくなるので作業が楽です。

「ハンディタイプの掃除機」や、コンセントへの接続が不要な「コードレス掃除機」があると便利です。ホコリを吸い取ったらフィルターを取り外します。
エアコンのフィルターを掃除するところ
PIXTA
次に、水洗いをしましょう。シャワーの水圧を使うと汚れが落としやすくなります。掃除機でホコリを吸い取るのとは逆に、裏側からシャワーをかけてください。※水洗いできないフィルターもあります。取扱説明書にてご確認ください。

水だけで汚れが落ちないときは、中性洗剤を薄めたぬるま湯にフィルターをつけて、古い歯ブラシを使って優しく洗います。フィルターの細かい目には意外とホコリが詰まっているので、きちんと洗いましょう。洗ったあとは、乾いたタオル2枚でフィルターをはさむように拭いて水気を取り、その後はしっかり陰干しをして乾かします。

この時、半乾きのままエアコンに設置してしまうと、カビの原因になるので、しっかりと乾かしてからエアコンに取り付けてください。

【エアコンのカビ防止 その3】 フィンの汚れを落とす

エアコンのフィン
PIXTA
次にフィルターを外すと見える、薄い金属の板が並んでいる部分「フィン」の汚れを落とします。ここは、空気の温度を変える役割があり、結露によってカビが発生しやすい部品です。

まずは、掃除機でフィンのホコリを取り除き、細かい汚れは歯ブラシや綿棒を使って落としましょう。その後、水で薄めた中性洗剤にひたしてから固く絞った雑巾で念入りに汚れを落とします。頑固な油汚れなどは、強いアルカリ性を持つセスキ炭酸ソーダ水を活用しましょうす。割りばしに薄い雑巾を巻き付けて拭くと、奥の汚れまで拭き取れますよ。
エアコンのフィンを掃除するところ
PIXTA
エアコン用の洗浄スプレーを利用するのも良いでしょう。スプレーをした後にしばらく放置しておくと、カビや汚れがスルスルと落ちます。汚れが残っている部分は、軽くこするだけでお手入れ完了です。

ある程度カビが落ちたら、最後に水拭きをして洗剤を拭き取ります。

【エアコンのカビ防止 その4】 ファンの汚れを落とす

エアコンのファンを掃除するところ
PIXTA
エアコンのファンは室内の空気を吸い込んだ後に温度調節した空気を部屋に送り出すといった、空気を循環させる役割を持った部品です。ここもホコリやカビが溜まりやすいので、掃除が必要です。

エアコンのファンは、自分で掃除することもできます。ただし何かの拍子に触ってはいけない部分を触ったり、濡らしたりしてしまうと故障に繋がります。難しいと感じたら、無理せずプロの業者に頼むのが良いでしょう。

まず目視できるホコリは、掃除機などで取り除きます。コードレスでハンディタイプの掃除機が便利ですが、無ければハンディモップや、割りばしの先端にティッシュを巻きつけてモップ代わりに活用するのも一つの方法です。

ホコリを取り除いたら、風の向きを調節する役割のルーバーを取り外します。そうしたらファンが現れるので、ファン専用の掃除スプレーを吹きかけましょう。この時、スプレーが電子部品にかからないように最新の注意を払います。予めビニールシートなどで養生しておくと安心ですよ。
エアコンのファンを掃除するところ
PIXTA
ファン全体にスプレーがかかるように、手動でファンを回転させながらスプレーを吹きかけてください。全体にスプレーがかかったら20分ほど放置して、その後、古い歯ブラシなどを使って浮いた汚れを優しくこすり落とします。

最後に市販の洗剤を流す専用のリンスか、それがない場合は霧吹きスプレーで水を吹きかけます。洗剤が落ちたらタオルで軽く水気を拭き取り、1時間ほど送風モードで運転して完全に乾燥させましょう。

エアコンの掃除には、専用クリーナーがオススメ?

エアコンとエアコン専用クリーナー
PIXTA
エアコン掃除を自分で行うときに便利なのが、各部品専用のクリーナーです。スーパーやドラッグストアなどで購入できるので、ぜひチェックしてみてください。専用クリーナーには、以下の種類があります。

フィルタークリーナー

空気中のホコリやゴミが溜まりやすいフィルター専用のクリーナーは、フィルターにこびりついたカビやゴミを浮かせて落とすタイプが多いです。フィルターはエアコンの効きやニオイを左右する部品なので、しっかりとお手入れしましょう。

フィンクリーナー

フィルターを通り越した細かい汚れや結露が生じやすいフィン用のクリーナーは、泡の力で汚れを洗浄し、除菌することでカビを防止する効果が期待できます。

ファンクリーナー

温度調整された空気を送り出すファン専用のクリーナーは、商品ラインナップは少ないですが、ホームセンターやドラックストアなどで購入することができます。奥まで洗浄液が届くよう、ノズル付きタイプが便利です。

エアコンを自分で掃除する時の注意点

吹き出し口からもエアコンのカビが見えている時は、その奥に多くのカビが広がっている可能性が高いです。しっかり掃除したいところですが、エアコンは構造が複雑な電化製品なので、掃除する時は以下の2点に気をつけましょう。

電子部品に水や洗剤をかけない

作業をするときは、電子部品に水や洗剤がかからないようにしましょう。奥まで掃除しようとして誤って電子部品に水がかかってしまうと、故障の原因になってしまうことも。ポリ袋や養生テープなどで機械部分は覆っておきます。清掃用のスプレーを使うときも同様です。

ドレンホースを事前にチェックする

エアコンの室外機
PIXTA
エアコン内で発生した水を排出する管をドレンホースといいます。掃除中に出た水も、ドレンホースを通って外に排出されます。ドレンホースが詰まっていると、汚れた水がエアコンの中に溜まり、水漏れに繋がる可能性もあります。

掃除をする前にはドレンホースを確認し、ゴミや葉っぱが詰まっていないかチェックしましょう。また、ドレンホース専用のクリーナーも市販されているので、活用するのも良いでしょう。

エアコンのカビ予防のためにできる習慣とは?

リモコンでエアコンの温度を調節するところ
PIXTA
エアコンは使った後のひと手間で、カビの繁殖を予防することができます。

冷房もしくは除湿モードで運転した後は、30分以上「送風運転」モードで稼働させましょう。この方法でエアコン内の湿度を下げることができます。湿度が下がるとカビが繁殖しにくい環境にすることができます。
エアコンのリモコン
PIXTA
内部クリーン機能があるエアコンなら、設定しておけば、冷房や除湿使用後に自動的にエアコン内の湿度を下げておいてくれますよ。

また、エアコンは室内の空気を吸い込み、温度調節して室内に戻す仕組みのため、部屋の換気を定期的に行い、空気中のカビを減らすことも有効です。空気の入れ替えは気分のリフレッシュにも繋がりますね。

カビ防止が節約にも効果あり!?

電卓で電気料金を計算するところ
PIXTA
エアコンのフィルターのホコリやごみを掃除すると、カビを防止するだけでなく、省エネにも効果的です。ホコリやごみがフィルターにつまっていると、うまく空気を部屋に送ることができず、冷暖房の効果が減る分さらに稼働しようとするため、エネルギーをどんどん無駄遣いしてしまいます。電気代節約のためにも掃除したいですね。

エアコンのカビ対策は、専門業者にお任せした方が安心!?

エアコンクリーニング
※画像はイメージです。

カビの繁殖や汚れの蓄積を防ぐには、定期的に専門業者にクリーニングをお願いするのがオススメです。

東京ガスのハウスクリーニングは、自社研修を受けたプロが、フィルターやカバーはもちろんフィルターの奥にあるアルミフィンやファンについたカビ等の汚れも、専用の洗剤と高圧洗浄機を使って徹底的に洗浄してくれますよ!

東京ガスのハウスクリーニング

ご自宅向けにはもちろん、ご両親へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。
Webで簡単にお申し込みできます。ぜひお試しください!

おわりに

エアコンのお手入れは、健康だけではなく電気代節約にも効果的です。ぜひ、日頃からお手入れを心がけて、快適にエアコンを使用できると良いですね。

エアコンの使用などで電気代が気になる!電気の見直しを検討してみては?

パッチョポイント
TOKYO GAS
毎月のガスや電気料金のお支払いに応じてたまる「パッチョポイント」や「充実のサービス」もついてきます。適用条件や詳細はこちら

東京ガスの「電気」を選んだ場合には電気料金がどれだけ安くなるのか、まずは「電気料金シミュレーション」でチェックしてみてください。

お申し込みも簡単♪Webで24時間受け付けています。

東京ガスの料金シミュレーション

2021年03月01日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【教育研究家に聞く】「赤ちゃん返り」は大切!? 上手に対応する9つの方法

660043view
2

メロンの食べ頃はいつ? 正しい保存方法とは? 種類や栄養なども合わせて紹介!

80991view
3

食パンは冷凍保存がベスト! 正しい食パンの保存方法&美味しく焼くコツ

916409view
4

「天ぷら」をサクサクに揚げる温度・作り方&温め直しのコツ&レシピ

962934view
5

【教育研究家に聞く】子どもが幼稚園・保育園を嫌がる・・・登園拒否への対応は?

197948view

おすすめ記事

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

おすすめキーワード