更新日: 2018年08月01日
5226 view

【おせちレシピ】子供も大好き! 「かんたん! 焼栗きんとん」

子どもにも人気のおせち料理「栗きんとん」。両面焼きグリルでサツマイモを蒸し焼きにし、材料を混ぜ合わせるだけ。栗の甘露煮も一緒に焼くと香ばしさが加わり美味しさUP!管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

Retina mainimage de1001469

「かんたん! 焼栗きんとん」の材料(4人分)

サツマイモ…250g
焼きミョウバン…少々
栗の甘露煮…8コ
砂糖…40g
栗の甘露煮の汁…約大さじ4
アルミホイル…適量
キッチンペーパー…2枚

【作り方1】

サツマイモは1cm厚さの輪切りにして皮を厚めにむき、半分に切ります。

焼きミョウバンと水を合わせてしばらくつけて洗います。

【作り方2】

Retina 3510 3 1
グリルにアルミホイルを広げてキッチンペーパーを1枚置き、1が重ならないように並べます。

もう1枚のキッチンペーパーをかぶせて水1/2カップを注ぎ、アルミホイルで包んで焼きます。

両面焼きグリル 上・下強火 5分

【作り方3】

Retina 3510 3 2
栗の甘露煮は汁気をふいてアルミホイルにのせ、グリルに入れてさらに焼きます。

両面焼きグリル 上・下強火 約5分

【作り方4】

焼き上がったらサツマイモが熱いうちにボウルに入れ、砂糖を加えてつぶします。

甘露煮の汁を加えながらかたさを調節し、栗の甘露煮を合わせて器に盛りつけます。

「かんたん! 焼栗きんとん」のコツ・ポイント

・ピピッとコンロは両面焼き水なしグリルなので、出し入れする時に水がこぼれる心配がありません。両面焼きなので返す手間がなく、片面焼きの2/3の時間で調理できます。

・サツマイモは形成層(皮の内側の線のあるところ)までむくと、色がきれいに仕上がります。

・サツマイモ全体がキッチンペーパーとアルミホイルで覆われている状態にすることで、均一に加熱されて焦げを防ぎ色よく仕上がります。

・甘さやかたさは栗の甘露煮の汁で加減しましょう。

東京ガスのレシピTOP

おわりに

“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実はさまざまな調理に活用できることご存知でしたか?


短時間で庫内温度を超高温に上げることができるため、一気に表面を焼き、肉や野菜の旨みをギュッと閉じ込めることができます。

高温でおいしく焼けるピザやトーストにもおすすめです!揚げもののあたため直しもカリッとジューシーに。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。


設定した時間になると自動で消火してくれる「グリルタイマー」機能もついているので、焼き過ぎの心配もなく安心。

「両面焼き水なしグリル」は、面倒な水入れ不要で、ガスの直火で両面同時に焼き上げるから、裏返す手間もありません。


その他にも「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)には、自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊きあがる「自動炊飯」機能など、自動でおまかせの便利な機能がいっぱい!

「おいしい」がもっと簡単に!レパートリーもグンと増えますよ。

(※各機能は搭載されていない機種もあります。機種によって機能名は異なります。専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。専用容器は別売の場合もございます。/各画像はイメージです。)

東京ガスがおすすめするガスコンロ
意外なグリルの活用法
東京ガスのレシピTOP

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【常温でOK?】にんにくはどう保存する? 賢く使い切るにんにくの保存方法

123087view
2

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

17850view
3

楽しみながら「節約」できる! お風呂グッズ5選

4355view
4

【レシピ】ごま油と生姜で「たたき胡瓜のピリ辛漬け」

4279view
5

他人任せじゃダメ! 家庭での食育教育が必要なワケ

7672view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード