家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

14091 view

【起源は実は同じ?!】チャーハンとピラフの違いとは?

チャーハンとピラフの違いをご存知ですか? 何が違うのか明確にはわからないという方も多いのでは? この2つ、実は起源は同じなんですが、全くの別物。今回はチャーハンとピラフの違いや起源についてご紹介します。

チャーハンとピラフの違い

チャーハン
チャーハンとピラフの違いは、「調理方法」にあります。

チャーハンは「炊いたご飯を具材と『炒めて』作る“中華料理”」
ピラフは「生米と具材を炒めてからスープで『炊く』“中東料理”」

炊いたご飯を炒めるか、炒めてからスープで炊くかに大きな違いがありますね。

チャーハンとピラフの起源

ピラフ
チャーハンとピラフの起源は、インドの「プラーカ」という料理と言われています。「プラーカ」は、鶏肉や豚肉を煮込んだ煮汁で米を炊き、炊きあがった米と肉を炒めた料理と言われています。

「プラーカ」が西に伝わり、中東のトルコで「pilav(プラウ)」に。そこからさらに西に伝わり、フランスで「pilaf(ピラフ)」と呼ばれるようになったそう。

一方、東に伝わった「プラーカ」は中華料理の「炒飯(チャーハン)」になり、それが日本伝わり「焼き飯」になったと言われています。

世界のチャーハンとピラフ

こうしてインドを起源に変化した「プラーカ」は、この他にも世界中で様々な料理に変化しています。
パエリヤ
フランスへ渡った「ピラフ」は、南ヨーロッパへ南下し、スペインで「パエリャ」、イタリアで「リゾット」が生まれました。「パエリャ」は海を渡り、アメリカで「ジャンバラヤ」に変化したと言われています。
ナシゴレン
東南アジアのインドネシアやマレーシアで食されている「ナシゴレン」も、「プラーカ」からの変化形と言われているそうです。

おわりに

今回は、「チャーハンとピラフの違いと起源」についてご紹介しました。起源は同じ料理ですが、伝わった地域によって別の料理に変わるなんて、おもしろいですね。

チャーハンのレシピもご紹介しますので、作ってみてくださいね。

記事監修

監修:三浦康子/和文化研究家。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)ほか多数

簡単で美味しい! チャーハンレシピ

たまごちゃんチャーハン
具だくさんの栄養満点チャーハン!お子様も大好きなカレー風味に仕上げます。
ホタテ入りあんかけチャーハン
色とりどりの野菜とうま味がきいたあんを、パラッと炒めたチャーハンにかければなんともいえないおいしさです!

2017年03月13日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

759589view
2

魚焼きだけじゃもったいない! 魚焼きグリル活用術9選

430589view
3

【色が違うだけなの? 】ピーマンとパプリカの違いについて

389684view
4

【教育研究家に聞く】子どもを早く寝かせたい! 早寝をさせる7つのコツ

190878view
5

つけ置きでピカピカに!「プロが教えるキッチンの簡単掃除テクニック」

47727view

おすすめ記事

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード