家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

89383 view

季節のお風呂:8月『薄荷湯(はっかゆ)』でさらさら爽快! 体感はひんやりするのに身体は温まる!

真夏のこの時期、入浴剤やシャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーなどのバスアメニティでメントール・薄荷(ハッカ)を使った商品を多くみかけますよね。季節のお風呂12ヶ月。8月は『薄荷湯』についてご紹介します。

薄荷(ハッカ)の葉
日本古来のハッカである和ハッカは、ペパーミントに香りが似ていますが、ペパーミントに比べてメントールの含有量が圧倒的に多いのが特徴です。

薄荷の清涼感の正体は、このメントールという成分によるもの。「目覚め草」という別名は、葉を眼の縁に貼って爽やかに刺激したことによるとされています。清涼感がある香りで肌に触れると気化熱を奪って蒸発するために冷たいイメージがありますが、体内に取り込まれると末梢血管を広げて温める働きがあるのが特徴です。

【薄荷湯の作り方】

近年の猛暑により、この時期は冷房なしで過ごせません。その影響により、足が冷える・体がだるいなどの「冷房病」の症状に悩む人が多くなっています。特に女性は冷房病にかかりやすいので、体を温めながらもサッパリとした湯上がりが爽快な薄荷湯の風呂で「冷えやすい夏」をのりきりましょう!
1. 夏から秋の開花期に地上部分をつみとります。
摘む手
2. そのまま用いるか(両手いっぱい程)、もしくは陰干して乾燥したものを2つかみ分(30g)を布袋やティーバッグに入れます。
熱湯をかける
3. 上から1升(約2リットル)の熱湯をかけて15~20分ほど蒸らします。
  その汁と袋を風呂に入れ、よくかき混ぜます。

薄荷油を使用する場合は、5-6滴を浴槽にいれるとよいでしょう。


※ 生の薄荷葉がない場合は、「薄荷茶」で代用可能。
 「薄荷茶」は自然食品店などで入手できます。
※ 薄荷葉を蒸留することにより得られる精油(薄荷油)は、ハーブ店や薬局で入手できます。

おわりに

その清涼感から、体温が下がると思われている薄荷湯ですが、実は体温を上げるので冷房で冷えきった身体にも効果的ですよ!

2017年08月03日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【体験レポ】使ってみると便利だった! 東京ガス「myTOKYOGAS」の使い方とは?

57609view
2

【裏ワザ】お風呂の厄介な汚れ「水垢」をしっかり落とす掃除方法

562158view
3

子どもが安心してお留守番できる!? コミュニケーションロボット“BOCCO”利用者の感想は?

47241view
4

「どっちが表? 裏?」アルミホイルの知らないと損する【役立つ&意外な活用術】10選

606968view
5

家飲みにぴったり!「居酒屋風おつまみ」レシピまとめ

31293view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード