家のコトで役立つ 東京ガスくらし情報サイト

37340 view

暑い日の揚げ物が辛い・・・。自宅で短時間で揚げ物を仕上げるコツやお手軽「揚げ物風レシピ」をご紹介!

暑い日に揚げ物を作るのは大変ですよね。しかし、ちょっと工夫するだけで普通に作るよりもずっと簡単に自宅で揚げ物が楽しめますよ! 油で揚げる前にできる工夫は? 揚げ時間を短縮する方法とは? 揚げ物の時短調理のコツや簡単揚げ物風のレシピなど、ラクに楽しめる揚げ物についてご紹介します。

暑い日、ご自宅で揚げ物を食べたくなったら・・・

揚げ物をする女性
PIXTA
「夏の暑い日に揚げ物とビール」って美味しいですよね。でも、暑い日に長時間かけて揚げ物をするのは辛いもの。揚げたてを自宅で食べたいけど、夏は揚げ物をしないという方は少なくないのでは?

夏に揚げ物を楽しみたいけど、長時間調理したくない・・・。そんな時、どんな調理法があるのでしょうか。オススメの調理法をご紹介します。

【暑い日の揚げ物調理法 1】食材は小さめ・薄めに切る

ナスの輪切り
PIXTA
揚げる前にできる工夫の1つが、食材のサイズを小さくすることです。

厚みがあるものは、中まで火をしっかり通すのに時間がかかります。大きな唐揚げはひと口大に、野菜の天ぷらは薄めにカットする、など厚みに気をつけるだけで、火の通りを早め、揚げる時間を短縮できますよ。

例えば、ジャンボエビフライの代わりに以下のような利休揚げはいかがでしょう。身を開いて胡麻をまぶして揚げます。ふっくらして中がジューシーなエビフライも美味しいですが、利休揚げのカリッとした食感も楽しいですよ。
海老の利久揚げ

【暑い日の揚げ物調理法 2】揚げる温度に注意する

鶏の唐揚げ
PIXTA
揚げ物をする際の重要なポイントは“油の温度”です。

一度に食材を入れすぎると、ベタッとした仕上がりになるだけでなく、余計に調理に時間がかかることも。食材によって適した調理温度で揚げましょう。

色味を大切にしたい素材や、中まで火を通すのに時間がかかる食材は低温で、魚介や肉は長時間揚げると硬くなるので高温でサッと揚げるのがコツです。「温度調整」機能つきのガスコンロなら、温度を簡単に維持できますよ。

熱が全体に伝わりやすい、揚げ鍋や底が深めのフライパンを使うと温度変化しにくくなります。これも時短に繋がるポイントです。

参考:https://tg-uchi.jp/topics/3801

【暑い日の揚げ物調理法 3】冷凍食品を買って、自宅で揚げる

エビフライ
PIXTA
コロッケや天ぷらなど、揚げるまでに下準備に時間のかかる揚げ物もありますよね。冷凍食品を活用すれば、袋から取り出して揚げるだけ。準備までにかかる時間も、後片付けの時間も短縮できます。

例えば、冷凍のエビフライなら凍ったままのエビフライを油に入れてたった2~3分で完成。揚げ時間も、普通のエビフライとあまり変わりませんよ!

【暑い日の揚げ物調理法 4】お惣菜を買って、自宅で温め直す

グリルで天ぷらを温める
TOKYOGAS
調理時間を一番短縮できるのが、スーパーなどでお惣菜を購入する方法です。お惣菜をグリルで温めると揚げたてのようにカラッと仕上がりますよ。

電子レンジで温めるとどうしても衣がベチャッとしがちですが、グリルは直火で表面を焼きながら衣の余分な水分を蒸発させ飛ばし、放射熱で包み込むように加熱するので、表面はパリッと中はジューシーに。揚げたてのサクサク感がよみがえります。

【暑い日の揚げ物調理法 5】揚げ焼きする

お肉を焼く
薄く火が通りやすい揚げ物なら、揚げ焼きもオススメ。フライパンは熱伝導率が良いのでサッと揚げられる調理時間の短さも魅力的です。また、油が少なく調理後の油の処理が簡単ですよ。

【レシピ例】揚げないで焼く!「クリーミーサンドカツ」

クリーミーサンドカツ

【暑い日の揚げ物調理法 6】グリルで揚げ物風レシピ

春巻き
グリルを活用すると揚げなくても揚げ物風のメニューが楽しめますよ!通常の揚げ物よりもヘルシーに揚げ物を味わえるのもメリットです。

また、グリルは、タイマーで焼く時間を設定しておけば、油で揚げるより暑さを感じずに調理できますよ!

参考:https://tg-uchi.jp/topics/4704

その他、オーブンやグリルを活用した揚げ物風レシピはこちらでご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。
から揚げ

おわりに

2020年01月28日

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

アクセスランキング

1

【お風呂のはなし8話】毎日できるお風呂のカビ予防のコツ

212564view
2

豚肉の部位を使い分けよう! 知っておきたい豚肉の「部位の特徴」と「料理での使い分け」

506932view
3

「あ、その鍋に重曹はNG!」重曹で掃除できる物・苦手な物とは? ナチュラルクリーニングは使い分けがポイント

42521view
4

油性ペン・マーカー汚れの落とし方【肌・服・ガラス・金属・プラスチックなど】

874685view
5

【お風呂のはなし2話】就寝前にぴったり! リラックス入浴法とは?

173462view

おすすめ記事

【コンロのプロ直伝】意外と簡単! お鍋を使った「ご飯の炊き方と美味しい理由」

リビング? お風呂場? 「室内干し(部屋干し)」のコツとおすすめの干す場所

賢い主婦は知っている! めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

意外と知らない人が多い!? お風呂のガンコなカビをしっかり落とすコツとは

【どんなことに気をつけたらいいの?】今さら聞けない「電力自由化」とは

おすすめキーワード